ピクシブ百科事典

七尾こずえ

ななおこずえ

七尾こずえとは、「めぞん一刻」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:冨永みーな

五代裕作のガールフレンドでショートカットが似合う小柄な女性である。
1歳年下で違う大学に通っている。近眼であり、登場前はメガネをかけていた。一軒家の自宅に両親と小学生の弟の4人家族で住んでおり、家族仲は大変良い。家族そろって独特の無邪気さや積極性があり、彼女自身も多少空気が読めない不思議ちゃん要素がある。

酒屋でのアルバイトを通じて五代と知り合った(アニメでは酒屋で一緒に働いてるシーンがある)。そのアルバイト代でコンタクトレンズを購入し着用していたため、五代は街で声をかけられてもすぐに彼女と気づかなかった。この再会をきっかけに、五代への積極的にアプローチを開始する。それなりに長い期間、五代のガールフレンドとして付き合い、彼女の自宅に招かれることが多かったが、五代にとっては響子が常に本命だったこともあり、キスも肉体関係もなかった(ただし、手を出しかけたことはあり、何とか手を出さないよう自制するシーンが何度もある)。
このことに関してはこずえも気にしており、頼れる大人の三鷹瞬に相談をもちかけたことがあり、「五代君とこの娘がつきあえばライバルがいなくなる」と考えた三鷹も喜んで相談に乗っている。
三鷹とこずえがつきあいはじめたことを知った五代は、明らかに嫉妬して不機嫌な様子になり、三鷹に直談判、こずえをもてあましていた三鷹に「男女は別れぎわが大事だよ」といわれ、その通りにふるまったことにより、ようやく誤解していたことに気づくというエピソードがある。

ほかにも一刻館に新しく入居した二階堂望をこずえが夕食に誘ったときには、こずえからの電話を取ったときにも「俺じゃなく二階堂か」と不機嫌な様子を見せるシーンがあるなど、響子ほどではないにしろ、五代もこずえのことを気にかけている。

大学を卒業後は、父親のコネで銀行に就職し、しばらくして同僚から求婚されることになる。紆余曲折あって、五代がついに「他に好きな人がいる」と別れ話を切り出したが、こずえも既に同僚からの求婚を受け入れたと告白した。結局、五代の好きな人は誰だったのか知らないまま別れて結婚、ラストでは名古屋で新生活を送っているシーンが描かれた。

関連イラスト

夏の日のこずえちゃん(めぞん一刻より)
八神いぶきvs七尾こずえ



関連タグ

めぞん一刻 ガールフレンド ショートカット 眼鏡

pixivに投稿された作品 pixivで「七尾こずえ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17775

コメント