2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

かつては検眼寮に所属しており、タドホミらとも親しかった。自身が黒奇居子にされたことを知り検眼寮と袂をわかつ。伊東という偽名を用いて主油養殖に身を隠している。

黒奇居子化すると背中から十数本の紐状の物体が飛び出るので、これで那由多との見分けがつく。
建物から落ちた大きさ数mの破片を拳の一撃で粉砕する、ビルが密集した建造物郡を一瞬で全壊させるなど、戦闘力は高いらしく白奇居子を度々圧倒するが、彼と互角の力を持った奇居子も現れる。

リべドア帝国軍大将・クドウデンジ

弐瓶勉による漫画『人形の国』の登場人物。本作では姓と名が分かれている人名は少なく、クドウデンジ以外は確認されていない。
単行本08巻収録の第45話にてその名が言及され、処刑隊所属の転生者バハサムの回想シーン(走馬灯)に登場。本人が直接登場するのは単行本09巻収録の第51話。

鎧化した姿は黒奇居子化した駆動電次と似通った要素が見られる。
帝国軍では多くの将兵からの尊敬と信頼を得ており、真地底教会の侵攻からリべドア帝国を守るべく艦隊を率いて出陣。

関連タグ

奇居子 白奇居子

登場作品
ABARA

SF サイバーパンク 改造人間 クリーチャー


デンジチェンソーマン)…キャラクター名や変身能力など多くの共通点がある。作者の藤本タツキ自身がチェンソーマンの作風を「ポップなアバラ」と表現しており、駆動電次へのオマージュと思われる。

関連記事

親記事

ABARA あばら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35090

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました