ピクシブ百科事典

黒奇居子

くろがうな

弐瓶勉のSF漫画「ABARA」に登場する生物兵器。
目次[非表示]

概要

その実態は第四紀連がかつて白奇居子をもとにして開発した生物兵器である。検眼寮の最終兵器。
「聖遺物」として封印されていたが、その詳細は内部にも知らされていなかった。

製造法

甲殻を持った虫のような生き物(これも黒奇居子と呼ばれる)を人間に移植することで生まれる。

能力

戦闘時には、移植者の背骨の両脇よりあたかも「アバラ」のような黒い胞(えな)を生じさせ、全身を包む。

人間には理解できないスピードで活動する。機関銃やレーザー、ミサイル等の兵器でも全く対処出来ない。踏み台にしただけのビルが真っ二つになる等、筋力も通常の生物に比べて並外れている。

手足程度なら切断されても瞬時に治る再生能力を持つ。浮遊・飛行する白奇居子とは異なり、重力を無視したような軌道を描く。
また、一部の黒奇居子(那由多)は手から伸ばした金属線のようなもので建築物や奇居子を寸断する。

関連タグ

白奇居子 奇居子
登場作品
ABARA
作者
弐瓶勉

SF サイバーパンク 改造人間 クリーチャー

pixivに投稿された作品 pixivで「黒奇居子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198918

コメント