ピクシブ百科事典

汚い忍者

きたないにんじゃ

汚い忍者とは、ブロントさんの書き込みから生まれたキャラクターである。
目次[非表示]

概要

通称「汚忍(おにん)」。「ブロントさん」の敵対者。
アンパンマンに対するばいきんまんキン肉マンに対するキン骨マンリョウ・サカザキに対する如月影二のような存在。
FF11のゲーム内にそういうキャラクターが存在するというわけではなく、後述の動画「ブロントファンタジー」で初めてこの装備が起用され、それが「汚い忍者」のイメージとして定着しただけである。FF11をプレイするプレイヤーをモデルとしたキャラクター程度の認識で良い。

命名の由来

「ネトゲ実況@2ch掲示板(通称ネ実)」で、その根源は、FF11におけるジョブ「忍者」への怨恨の声である。
当時から「ダメな忍者」に対する蔑称はすでに「忍邪」「葱」「糞忍」などが存在したが、「汚い忍者」という名前では定着していなかった。
相手にとっては「侮辱」とも取られ得る文句であるため使いどころを誤ると裏世界でひっそり幕を閉じることになる。

これが証拠ログ

52 名前:既にその名前は使われています 投稿日:2005/12/29(木) 12:18:59 77V/Lx2S
これ立てたの絶対忍者だろ・・汚いなさすが忍者きたない
俺はこれで忍者きらいになったなあもりにもひきょう過ぎるでしょう?
俺は中立の立場で見てきたけどやはりナイト中心で行った方が良い事が判明した
忍はウソついてまでPTの盾役を確保したいらしいがナイトに相手されてない事くらいいい加減気づけよ
ナイトは忍者よりも高みにいるからお前らのイタズラにも笑顔だったがいい加減にしろよ
(ネトゲ実況板「【ナイト】メリポで時給7000切った【樽前衛】」より抜粋)

空蝉の術

この様な書き込みがなされた背景には、当時のFF11において「空蝉の術」が防御用のスキルとしてチート並の性能であった事に起因する。

「空蝉の術」(以下、空蝉)とは、忍者専用のアビリティである「忍術」の一種。
「忍術」は魔法の一種であるが、MPの代わりに特定のアイテム「忍具」を消費するのが特徴である。
その中で「空蝉の術」は、詠唱で生み出した分身を消費することで一定回数、敵の攻撃を100%回避可能になる効果がある。
そして詠唱時間が長い「空蝉の術:壱」と瞬時に発動する「空蝉の術:弐」を交互に発動し続けることで常に空蝉状態を発生させることが可能で、慣れればほぼ敵からダメージを受けることがなくなる。

このことを利用し、アタッカーとして全力で攻撃をすることでヘイトを奪い、敵からの攻撃は空蝉で回避、結果的に味方を守る盾となる「回避盾」役を引き受ける戦術が生み出されると、前衛がこぞって「忍者」およびサポートジョブに忍者を選ぶ「サポ忍」が大流行した。
敵からのダメージを気にせずに攻撃ができるうえ、回復の手間も省けるとなれば必然的に仲間への負担が小さくなり、PTに入れることが効率的としてもてはやされた。

弱点は詠唱のたびに忍具を消費するため忍具の需要が大きく、ある程度の金策が必要になることだが、それはあくまでプレイヤー個人の事情である。
範囲攻撃や魔法攻撃は防げないが、忍者をアタッカーに選ぶ時点でそのような危険な敵と戦わないように考慮している。

空蝉の有用さは、かのブロントさんも「空蝉とナイトが互角の力を持っているのに何故忍者がついてるんだ?」と同格に認めるほどであったため、HNMなど一部の環境を除けば冗談抜きで蝉盾(空蝉を使って盾役をする前衛)以外のジョブは仲間に入れる必要性がほとんどないという状態であり、それ以外のジョブへの冷遇が後を絶たなかった。

当時の忍者の評判

「汚い忍者」の発祥となったスレッドは【ナイト】メリポで時給7000切った【樽前衛】というスレタイからも分かるように、ナイトを始めとした不遇ジョブを貶める内容であった。
このような煽り、罵倒、愚痴スレは当時のネトゲ実況板では日常茶飯事であり、忍者に限らず不遇ジョブだったり種族間の性能差だったり不人気コンテンツだったりで常に荒れていた。
実際これも数あるスレの一つに過ぎない。

忍者がFF11内で優遇されすぎていた事に関しては、無論プレイヤーに非は無く、開発側のバランス調整不足による不手際が原因なのだが、その結果どこもかしこも「空蝉」を使える「忍者」および「サポ忍」が跋扈。忍者を使って遊んでいるプレイヤーが文句の標的になった。

このような問題になった事は開発チーム側も想定外のことであったらしく、インタビューで直々に「空蝉の術:弐」について何度も言及されている。
後にバランス修正が加えられ、プレイヤー側の回復性能や防御性能が格段に上がり多少のダメージをもろともしなくなったことや、敵側に空蝉を無効化する手段や空蝉で防ぎきれない凶悪な特殊技が多く実装され、蝉盾一強の時代も過去の話となっている。

まとめると

「前衛」としてデザインされたはずの忍者が、ある時期から「盾役」として大人気になった。
それまで「盾役」としてデザインされていたナイトはその地位を追われ、あろうことか「パーティに入れると効率が悪い」と不要論まで囁かれるようになった。

そんな不遇真っただ中にあったナイトであるブロントさんが、盾役を奪った忍者の存在を恨み、忍者(を使用しているプレイヤー)が不遇ジョブを貶めるスレッドを立てたと根拠もなく決めつけ、ナイトの評判を下げて盾役を奪おうとしていると被害妄想に陥り、そのためのデマを撒き散らしているとして、その行為を「汚い」と称しているレスが「汚い忍者」の発祥である。

二次創作において

以下は二次創作キャラクターとしての「汚い忍者」について説明する。
主にMUGEN東方有頂天シリーズで活躍しており、固定ファンも多い。
「汚い忍者」そのものがキャラクターの名前であるが、上述したような理由から関係ない場所では「忍者」そのものへの蔑称と取られないよう注意して使うべき。

だいたいの設定

文字通りの意味で汚くヒキョウな手を使う忍者。ブロントさんからメイン盾の座を奪い取る事を目的としている悪役。負けた時の台詞は決まって、ブロントさんの言語録でも有名な「勝ったと思うなよ・・」である。
ブロントさんの発言に則って、素の実力と盾能力ではブロントさんに及ばないことが多い。中には、彼もまた一流の実力者であり、ブロントさんがナイトにこだわる様に彼もまた忍者にこだわりを持つキャラである――ように描かれる事もある。(「空蝉」がもてはやされた半面、それ目当てのサポートジョブとしての忍者の方が広まってしまった事を嘆いている、等)

また、上記とは反対に「汚い」を「道義・倫理的にダーティな手段でも平気で使う」という意味にとって、「FFは遊びじゃない」理念から来る効率・機能性第一の気性、使う道具の整理整頓や段取りの組み上げ方、実行のしかたについてはむしろ非常にシステマチックで猥雑さを嫌い、汚い忍者と名乗っていても身なりや動作まで汚ならしい訳ではない。……というダークヒーロー的な解釈をする者もそれなりに存在する。

目線

テレビなどで容疑者の顔を映すときなどに使用される目隠しのようなもの。
後述の「ブロントファンタジー」において、彼の顔に目線が入れられていたことに由来する。
これで正体がバレないとでも考えていたのだろうか。

大抵の作品で基本装備として定着しており、「汚い忍者」として活動する時に面が割れないよう使用していたりするらしい。
サングラスのようにで着脱可能だったり、呪いの一種だったりと設定は様々。(存在が「忍者」への蔑称とならない為の配慮である、という意見も稀によくある。)

装備

鬼哭

汚い忍者のメイン武器とみなされることの多い武器。初出はMUGENのモデルだと思われる。
ブロントさんのメイン武器「グラットンソード」に対抗して持たされたようだが、その入手難度は天と地ほども違う。「レリック装備」の項目をみるとわかりやすい。
仮に「グラットンソード」と同じ「片手剣」というジャンルであれば「エクスカリバー」に相当するのだから、そのレベルが計り知れようというもの。
だからといってネタにマジレスするのは無粋。

また「レリック装備」の特徴として、武器自体が意志を持っている…という設定があるため、意志の疎通、更には普通に会話ができる、とする作品があったり稀によく擬人化されたりする。

ちなみに忍者は二刀流が可能なため、もう1本武器が装備できるが、そちらについてはまちまちである。
参考までに、MUGENの汚い忍者は秋水を装備している。

乱波装束

忍者のアーティファクト。ブロントさんの「ガラントアーマー」と同じぐらいの価値。

汚いは、誉め言葉だ…!

【差分】汚い忍者リベンジ


汚い忍者の代表的な決めセリフ。

BASTARD!!闇の反逆軍団68話にて、人質を取ったアビゲイルが「畜生!汚ねぇぞ!」というセリフに対し、「ありがとう!!最高の褒め言葉だ!」と返したシーンが元ネタだと思われる。
その後に登場した、往年の格闘ゲーム「サムライスピリッツ」の第一作において、プレイヤーキャラのひとり不知火幻庵もまた同様のセリフを残している。
「ひょきょう者? ありがたい褒め言葉だケ!」
また、HELLSINGのアンデルセン神父の言葉を借りるのであれば、戦では騙撃、裏切りはあたりまえ。それどころか賞賛されてしかるべきである。

FFは遊びじゃないのである……が、それは敵に対しての話。
「絆」をテーマに掲げるFF11の場合、盾役を気取っておきながら「味方に対して」「LSにおいて」汚い事ばっか行って信用を失い、そのうえで言っているのだから誉め言葉もへったくれもあったものではない。

ブロントファンタジー

初出は2ちゃん全板人気トーナメント決勝の際に作成された支援動画「ブロントファンタジー」から。
「アワレにも盾の役目を果たせず死んでいた」忍者が見事PTの危機を救って見せたブロントさんへの逆恨みから裏テルを送ったり、挙句の果てに闇王やカムラナートら悪役の側に回るという展開であった。レイズを唱えてもらったのにお恩を仇で返すとか汚いなさすが忍者きたない。
元動画

ニコニコ動画における汚い忍者の外見設定(ヒュームF4茶髪)はこの作品に準拠しており、後述する「目線」もこの頃から装備されている。
ちなみにブロントファンタジー以前にネ実で広まっていた「汚い忍者」は、ヒュームF1金髪であった。

MUGEN

「ブロントファンタジー」を元にマンドラフ氏がキャラを作成。
氏による様々な技や、自らアフレコした絶妙な小物臭漂うボイス(褒め言葉)によって現在の汚忍イメージが確立されるに至った。

東方有頂天

東方陰陽鉄

オリジナルで「笠松ノブオ」という本名を設定している。
あくまでキャラ弄りの一種で公式でも何でもないので、「東方陰陽鉄」ベースの派生作品以外で無闇にノブオなどと呼ぶのは控えるべき(しきたり)。

テーマ曲

島谷ひとみの「深紅」がブロントさんのテーマ曲のように扱われることが多いのと同じように、往年のロボットアニメ「忍者戦士飛影」のオープニング「LOVEサバイバー」が、汚い忍者のテーマ曲のように扱われることがある。前述のマンドラフ氏製作のMUGENにおいて、一撃必殺技「汚いガマガエル」使用時のBGMが初出。

チョイスの理由としては作品が「忍者つながり」である他、歌詞に「オマエを護る盾になる」といったニュアンスが含まれることから、汚い忍者のキャラクター性と合致しているためではないかと思われる。
また、当の飛影自体もスーパーロボット大戦シリーズに登場したことで「経験値泥棒」「フラグクラッシャー」とプレイヤーの怨嗟を買う存在となり、ブロント語が広まった際にその暴れっぷりから「汚いなさすが忍者きたない」と逆輸入されたりしている。

関連イラスト

【今更】ブロントアンソロ裏表紙【遅い】
【謙虚東方チョコ】3



関連動画

Kitanai Ninja No.1
巡音ルカのオリジナル曲「Japanese Ninja No.1」の替え歌。
マンドラフ氏が改変して、自ら歌ったバージョンもある。汚いなさすが忍者きたない

関連タグ

ファイナルファンタジー11 MUGEN 東方有頂天
ブロントさん キングベヒんもス 鬼哭
汚いなさすが忍者きたない
ちくわ

関連記事

親記事

ブロントさん ぶろんとさん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「汚い忍者」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「汚い忍者」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4498923

コメント