ピクシブ百科事典

目次[非表示]
尖った部分が多い


FF11に登場する武器。分類は片手

設定

「大喰らいの剣」という名の禍禍しい長剣。エルディーム古墳に納められた罪代のひとつ。その血食への渇望は凄まじい力をもたらすが、剣を振るうたび所有者を蝕んでいく、という。
(ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~より引用)

性能

Rare
D44 隔295 STR-1 DEX-1 VIT+7 AGI-1
INT-1 MND-1 CHR-1
Lv57~ 戦ナ暗

俗に言う「七罪武器」。
レベル65でカンストだった時代、ナイトが装備出来る片手剣の中でも
かなり高水準のD値と耐久力に直結するVIT+7という高補正を有していた事からナイト垂涎の一振りであった
戦士暗黒騎士も装備可能だが、VIT補正が活きるのはやはりナイトである)。

それ故に本武器の取得を目指したメインナイトのプレイヤー達は多かったが、
この武器をドロップするSkull of Gluttonyを出現させるのにひと手間必要な事から
実際にドロップ・流通する本数は非常に少なく、取引される値段は高騰していた。
FF11のロット(アイテム入手)システム上、事前に誰が何を取るかを決めた上で
出発し、いざドロップしたら当人だけがロットインする事で確実にそのアイテムが
欲しい人に渡るようにするという手段がプレイヤーの間で広く用いられていたが、
希少な装備がドロップした場合はその約束を反故にしてロットイン(複数人がロットインすると抽選入手となる)、
アイテム取り逃げ及び未遂が非常に多かったために
本武器を巡っては盗った・盗られたという醜聞が数多く聞かれる事となり、
他のパーティーが出現させたSkull of Gluttonyを出現地点で待ち伏せして横取りするという
行為まで行われるなど、七つの大罪をモデルにした武器が人に過ちを犯させるという光景が繰り広げられた。

後述するブロント語関連のネタで本武器が大きく取り上げられているが、
初期の関連する書き込みで断片的な情報から不自然にサーバーと個人名を名指ししている物があり、
「グラットンソードを異常に褒めそやす人物=Bront」という認識自体が
上述のようなグラットンソード絡みの私怨・嫌がらせのために
クソスレを立てて相手を別IDで名指しするという自演行為によってスタートしたものではないか、
という考察もネ実民の間では存在している
(もちろん、本当にグラットンソードを取って有頂天になった者が書き込んでおり、
 それを名無しの名探偵が言い当てたという可能性もなきにしもあらずではあるが)。

なお、Lv65キャップ時代には非常に強力な武器であったが、
順次キャップが開放されるにしたがってより強力な武器が登場したことや、
流通量が多く追加効果でD値が更に上がる「カンパニーソード」などの武器が
同レベル帯に登場したことなどから、グラットンソードはコレクターズアイテムのような
位置づけになっており、実戦的な価値は下がる事となった。
しかし、前述の通り落とすモンスターを沸かすのが面倒な為に流通量は低く、
ブロント語ブームと共に価格が高騰するという一面も見られた。

七罪武器には強大な力の代償として持ち主の精神を蝕むという設定があるが、
上記の各能力デメリット以外のものはなく、もちろん装備したプレイヤーが
「頭がおかしくなって死ぬ」という事はない。

また、黒く禍々しいグラフィックは別に固有グラフィックでもなんでもなく、
「ブラッドソード」と共用されていた他、後に開発が新グラットンと呼んでいた「デバウラー」、
マグマが迸っているようなテクスチャに変更された「カマトラタシア」等が追加されている。

ブロントさん

ネ実やFF11関連の掲示板等で独特の文体で書き込まれた投稿から、
ブロントさんの愛剣=グラットンソードであるという認識は非常に有名。
むしろRPGの、しかも人を選ぶMMOの一装備がここまで認知されていることが異常であり、その原因の全てが彼にあるといっても過言ではない。

以下証拠ログ

・グラットン持ってない奴は内藤

・グラットン有り:Pスキル高い・性格良し・会話も楽しい
 グラットン無し:Pスキル低い・厨房率高い・面白味の無い奴

・言っておくけど俺は既にグラットン持ってる
 これ手に入れてからはうらやましがられて尊敬されてる
 LSでも発言権強くなり、俺にまともに口答えできる奴いなくなった

・グラットンを持てるほどの実力=一流の廃人
 廃人=上手いという公式が成立

・これまででも十分にグラットンの勝ちは圧勝に決まったのだが
 さらに攻撃は続く
 次は見た目に注目するのだが
 グラットンは尖った部分が多くあの部分でさらに敵に致命的な致命傷を与えられる
 色も黒っぽいのでダークパワーが宿ってそうで強い
 ちなみにダークパワーっぽいのはナイトが持つと
 光と闇が両方そなわり最強に見える
 暗黒が持つと逆に頭がおかしくなって死ぬ

・他多数の言及があるが省略


以上のように、グラットンソードは一流の廃人プレイヤーの証であり、
持っているとゲーム内での発言力やカリスマ性などまで高まると主張されている。
また、「隔が長いから遠くの敵にも届く(実際には隔は攻撃間隔の事であり、射程の事ではない)」、
「グラットンでスウィフトを出すとバラバラに引き裂く事ができる(もちろんそんな追加効果はない)」など、
ゲームの仕様面に関しても絶妙なツッコミどころを盛り込みながら書き込まれている。
オンラインゲームでは廃人や装備が強いプレイヤーは一目置かれるという面は確かにあるが、
それと人物的な評価や発言力が完全にイコールであるとは言い難いことなど、
FF11やオンラインゲームに慣れている人からするとツッコミ所が多数あるのも書き込みの特徴である。

しかし一方で、ブロント語ブームが起こりFF11プレイヤー以外にもこうした言行録が
知れ渡る事となると、断片的な情報や二次創作・三次創作作品などからの情報で
本当に「グラットンソードがナイトの装備出来る武器の中でも最強」、
「グラットンソードを持っているナイトは本当に最強レベルの廃人」という
誤解をする人も増え、その頃のFF11におけるグラットンソードの立場と
こうしたイメージの間には大きな齟齬が生まれていた
(前述のように、ブーム時でも既にグラットンソードより強力な片手剣はあった)。

現在のFF11ではLv.99までキャップが引き上げ+それ以上の成長要素として「ジョブポイント」という
システムが導入されており、装備も大量に追加されている。
最高水準にあたるIL119の武器ではD値はグラットンソードの3倍4倍、
さらに追加効果やはちゃめちゃなステ補正持ちというものも少なくない。
グラットンソードや関連するエピソードはもはや過去の遺物、FF11の歴史の1ページという
位置づけになっているが、現在でもネット上では引き合いにだされている場面が散見される。

FF14にはFF11時代にグラットンソードとグラフィックが同じだった武器「ブラッドソード」が
既に登場しているが、見るからに禍々しいオーラを漂わせていたりギザギザはしているものの、
グラットンソードとはデザインが異なっている事を残念がったり(?)
グラットンソードの登場を待ち望む声があったりなかったりもする。

ルカントさん

Luka+Buront=Lukant


当時のボーカロイド界隈で恒例のネタとなっていた、各ボカロキャラクターに
何を持たせるかという論争において、巡音ルカ中の人が当時
FF11にめちゃくちゃハマっていた事からネ実を中心にグラットンソードを推す声が多く聞かれた。

ヤングジャンプで連載されていた「週刊はじめての初音ミク」筆頭に
このネタを引用していたメディアも少なからずあるが、巡音ルカの場合は
たこルカというクリーチャー化路線という突然変異を遂げた為に
この持ち物論争は特にこれといった結論が出ずに10年以上が経過している。
そのため、グラットンソードを持っている場合はルカ+ブロント=ルカントさんという名称で
呼ばれたりタグ付けされる事が多い。

関連タグ

ファイナルファンタジー11 ナイト
ブロントさん ブロント ブロン子

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー11 ふぁいなるふぁんたじーいれぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グラットンソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666052

コメント