ピクシブ百科事典

汚忍蝉

おにんせび

汚忍蝉(東方汚忍蝉)とは、『ブロントさん』と『東方Project』をミックスした作品群「東方有頂天」の関連用語である。
目次[非表示]
  1. 代表的な東方有頂天作品のひとつ「東方陰陽鉄」の関連タグ。
  2. 東方陰陽鉄」の設定を元に作成された三次創作支援動画。


タグとしての汚忍蝉

元は東方陰陽鉄に関連する支援イラストの中で、汚い忍者を題材に取り扱ったものに対し付与したもの。
ブロントさんと同様に汚い忍者も既にpixivでは多数のイラストが存在したため、
この中から『東方陰陽鉄に出てくる汚い忍者』を検索しやすいようにと考案した。
「陰陽鉄」の名前と対になるようなものにしようと、汚い忍者の名前から「汚忍」の二文字を、
陰陽鉄の「鉄(黄金の鉄の塊)」のように、汚い忍者を一文字で象徴する漢字として『空蝉』から「蝉」の一字を拝借した。

その後、本編内において汚い忍者にも焦点が当たるようになり、支援イラストの増加に伴って
イラストの題名やロゴなどでも取り上げられるようになり、ついに東方陰陽鉄の支援動画の一つに名前を採用された。
現在は、主にこの動画に対する支援イラストにタグが付与されている。

度々、このタグの読み方について疑問が上がるが、pixivタグとしての読み方であるならば、
「空蝉(うつせみ)」から一字取った経緯を考慮して「おにんせみ」が自然な読みと思われる。
しかし、特に決まっていないため「おにんぜみ」でも「おにんせび」でも間違いではない。

動画としての汚忍蝉

東方有頂天」作品のひとつである「東方陰陽鉄」の二次創作「東方汚忍蝉」を指す。
東方陰陽鉄の支援動画であるが、あくまでも平行世界的位置づけであるため本編と直接の繋がりはない。
ブロントさん』のライバル的登場人物『汚い忍者』が主役であり、陰陽鉄と同じくツクールゲープレイ動画形式。

ニコニコ動画にて視聴可能で現在進行中。

カップリング要素が強めであり、回を追うごとに戦闘システムに調整が加えられている。
(作者が忍ブロ派であることは冒頭の初っ端で明かされるが、
 その後も要所要所で露骨に忍ブロをアッピルしてくる。…いやらしい。)

東方陰陽鉄同様小ネタが豊富であり、wikiのネタが混ざっていることも。
(特に「仮面ライダー龍騎」のネタが多く、正ストーリーのボスキャラとして「王蛇」が登場するほど。)
特に番外編は自由奔放かつ無秩序となっている。

パルスィのエピソードに関連して、地霊殿メンバーとの絡みが多い。

なお、こちらの読み方は「とうほうおにんせび」が正しい。

第1章

~忍者に汚さと嫉妬の力が備わると最強に見える~ (しかしナイトが相手だと汚くなって負ける)

 汚い忍者パルスィの出会いから、正式に仲間になるまでのエピソード。(ボスキャラはヤマメキスメ。)
 動画の1~4にあたる。

第2章

~お前らにゴ○ブリの悲しみの何がわかるってんだよ~

 鬼哭の力が弱まっていることに気づいた汚い忍者は、特殊な道具に詳しい森近霖之助を訪ねることに…。
 リグルとのエピソードがメイン。(ボス戦は風見幽香との一騎打ち。)
 動画の5~8にあたる。

第3章

~本当にきたないやつは汚さを口で説明したりはしないからな口で説明するくらいならおれは鬼に手裏剣を投げるだろうな俺手裏剣100個とか普通に投げるし~

 旧都に帰ってしまったパルスィを連れ戻すため、汚い忍者不破と2人で勇儀に戦いを挑む。
 動画の9~13にあたる。

第四章

~やはり美乳よりやはり豊乳だな・・ 今回のでそれが良くわかったよ>>厄神感謝~

 汚い忍者鍵山雛が、幻想郷でもヴァナディールでもない不思議な世界に迷い込んでしまう。
 森近霖之助下級妖怪の助けを借りて脱出を目指す。
 鍵山雛が正式に仲間になるまでのストーリー。(回想形式で出会いのエピソードも語られる。)
 動画の14~18にあたる。

第五章

~拙者がどうやってロリコンだって証拠だよ 言っとくけど拙者はロリコンじゃないから~

 メディスンと出会った汚い忍者は、再び不思議な世界に飲み込まれ…。
 動画の19以降のエピソード。(現在、25まで公開されており継続中。)

関連イラスト

東方汚忍蝉タイトルロゴ(仮)
「汚いは…褒め言葉だ」
のりこめー^^



関連動画



関連タグ

汚い忍者 汚忍特戦隊 東方陰陽鉄 東方地霊鉄 東方女忍蝉
パル忍は俺の汚い嫉妬 雛忍は俺の厄い呪縛 メメノブが俺の本名晒し
忍ブロは俺のプレジデント 勇不破はすごい漢と女だ
下級妖怪我々の下級妖怪) リブリ子
ちくわ 地霊殿 仮面ライダー龍騎 仮面ライダー剣

pixivに投稿された作品 pixivで「汚忍蝉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2920460

コメント