ピクシブ百科事典

クガ・ヒロト

くがひろと

クガ・ヒロトとは『 ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE 』の主人公である。
目次[非表示]

CV:小林千晃

人物

17歳の高校生ダイバー。脚本家の父・オサムと、翻訳家の母・ユリコの三人家族。幼馴染みのヒナタとは家族ぐるみの付き合いがある。
GBN歴は長く、ビルダーとしてもファイターとしても優秀。オリジナル機体コアガンダムおよびその換装機で多様な戦局に対応する実力者。GBNの仕様にも造詣が深く、一時期は熱心に打ち込んでいたことが伺えるが、ディメンション内で誰かを失った経験があるらしく、それが理由でGBNをプレイする回数が少なくなっていた模様。
本編開始時点ではソロで傭兵プレイを続けており、ミッションにふらりと参加してはクリア条件を達成し、報酬そっちのけで何かを探すようにミッション用のディメンションを探索するという行動を続けている。

リアルに近い姿のアバターを素直に使っており、ポンチョを纏った姿は根無し草のよう。
敵の分析、地形を活かしたトラップの設置、クリエイトミッションを応用したシミュレーションの作成など、作戦立案にも長けている。
生き残りのダイバーを囮に敵をトラップへ誘い込む、味方の援護よりも敵戦力の分析を優先する――といった冷めた戦い方が目に付き、結果的に彼に助けられたアレックス乗りのダイバーからは「力量は確かだがチーム戦に向いていない」と評される淡泊なダイバー。
一方でヒナタからは、自分自身を後回しにして他者のために動けるヒーローのような存在であり、その本質は今でも変わっていないとの認識を伝えられている。
不甲斐なさに思い悩むパルヴィーズに寄り添ったりと、ぶっきらぼうながらも仲間を気遣う面も覗かせており、少々不器用な優しさを滲ませる場面も増えている。

コアガンダムを組み上げたばかりの頃にディメンション内で出会った少女・イヴと過ごした時間を経て、GBNをゲームシステムとして割り切ることに抵抗を覚えている。
「作った誰かの想いが込められた作り物」「人と人をつなぐための世界」であるところのGBNを好きだと語ったイヴの言葉が強く焼きついているらしく、詳細不明のストーリーミッションにおいてもクリア条件に対して必要以上に手を尽くし、ステージクリアを最優先にするカザミと衝突することも。
ガンプラにも感情のようなものが宿ると信じており、ふとした折に愛機に話しかける癖がある。

劇中での活躍

ある日、カザミに強引に連れられたことを切っ掛けに、その場に居合わせたメイパルヴィーズも含めた四人で「隠しミッション」に参加することとなる。
アースリィガンダムの力でフレディを救助するミッションを達成したヒロトだったが、後日このミッションがビルドダイバーズ(BUILD DiVERS)として登録されたヒロトたち四人で挑む長期のストーリーミッションである可能性が高いことが判明する。

自分自身の探し物のため、未知のエリアであるフレディ達の世界を探索したいと考えたヒロトはストーリーミッションの継続を決め、彼ら山の民の集落を防衛するミッションに備える。
しかしチームワークどころか実力もバラバラな四人によるシミュレーションは困難を極める。
それでも紙一重でシミュレーションを突破した結果をもって妥協しようとしたその時、ヒロトの脳裏にある過去がよぎる。
かつて、辛うじて戦いに勝利したもののイヴの花が潰れてしまった時のことを…
本当にこれでいいのか…悩むヒロトだったがヒナタに励まされたことで決意を固める。

翌日、ヒロトは新たな作戦をメンバーに、また保険としてマーズアーマーをも配備して防衛ミッションに挑む。
準備途中で抗議してきたジリクの畑の芽も意識しながら全力を尽くすヒロトだったが、
不測の事態が重なり村に損害を出してしまう。
だが、人々を守った感謝の言葉を言いに来た子供たちの顔にイヴのかつての笑顔が重なる。
そして、破壊されたかに思われたジリクの畑も芽は守られていたのだった。

果たして、この「ストーリーミッション」はヒロトの心境にどのような変化をもたらすのか。
そして、その先にヒロトの探し求めるものはあるのだろうか…?


余談

ガンプラを題材にしたアニメの主役はこれまでは中学生だったがヒロトは初の高校生の主役になる。

関連記事

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 主人公
カザミ(GBD) メイ パルヴィーズ
ムカイ・ヒナタ コアガンダム

関連記事

親記事

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE がんだむびるどだいばーずりらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クガ・ヒロト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8703

コメント