ピクシブ百科事典

ネプテイトガンダム

ねぷていとがんだむ

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラで主役機のバリエーション機の一つ。
目次[非表示]

機体設定

機体名ネプテイトガンダム
型式番号PFF-X7Ⅱ/N8
高さ19.1m
重量42.3t
武装バルカン、ビームサーベル、ヴォワチュールリュミエール、ビームガン


概要

ヒロトのビルドしたネプチューンアーマーとコアガンダムⅡがドッキングした、青緑色系のボディーカラーが特徴的な特殊巡航仕様の機体。

腕部と背面を展開することで、スターゲイザーの惑星間航行システム,
ヴォワチュールリュミエールを稼働することが可能。
本機が生み出す光輪は、あらゆる世界で永遠の軌跡を残していく。
OPではシルエットのみが飛来する。

長距離移動用であり戦闘を目的とした機体ではない

活躍

  • ep23『選択のとき』

長らく未完成のまま放置されていたが、衛星砲台への長距離移動用のアーマーとして他のメンバーの協力の元、製作が再開された。

余談

機体名は海王星を意味する『neptune』と8の英語『eight』を合わせた造語と思われる。

武装であるネプチューンアーマーに攻撃能力は無い(元ネタのスターゲイザーはヴォワチュールリュミエールを攻撃にも応用していたが)。
ビームガンも自衛用であり、ヴォワチュールリュミエール展開時はほぼ使用不可能になる為、それと固定の頭部バルカンを除けば非武装のガンダムということになる、スターゲイザー以来のガンダムである。(リミテッドチェンジを行えばなんとでもなるが)
バックパックのないアーマーの次はバックパックしかない(武装がない上に腕につけるパーツも展開時は背中につく)アーマーである。

下記の関連タグにもある通り、バックパックユニットのネプテイトウェポンズを展開させた時の丸い輪っかの様なデザインや、アーマー各部に見える金色のライン部分がスターゲイザーガンダムの装備「ヴォワチュールリュミエール」を連想する事から、この「ネプテイトガンダム」という正式名称が判明するまではネット掲示板やファンの間では「スタゲアーマー」等といった仮称で呼ばれていた。
尚、説明書の機体解説にて、この機能がそのままヴォアチュールリュミエールである事が判明した。

本機にはヴォワチュールリュミエールが搭載されているが、ミカミ・リクガンダムダブルオースカイにもデスティニーガンダム由来のヴォワチュールリュミエールに基づくシステムが搭載されているため、その点でも二人は対応することになる。

ガンプラ

2020年7月発売予定の「ネプテイトユニット」(税込990円)、7月発売予定の「ネプテイトウェポンズ」(税込770円)をユーラヴェンガンダム付属のコアガンダムⅡに装着させて再現可能。

関連タグ

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンプラ
コアガンダム 海王星 
スターゲイザーガンダム…本機の元になったヴォワチュールリュミエールが搭載されている。
ルナゲイザーガンダム…ヴォアチュールリュミエールを別の機体に搭載した機体繫がり。この機体の場合は、機能を百式に移植している。

関連記事

親記事

コアガンダムⅡ あらたなるこあがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネプテイトガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15529

コメント