ピクシブ百科事典

コアガンダムⅡ

こあがんだむつー

コアガンダムⅡとは、Webアニメ『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラで、本作の後半主役機である。
目次[非表示]

コアチェンジ!コアフライヤー!

機体設定

機体名コアガンダムⅡ
型式番号PFF-X7Ⅱ
高さ14.3m
重量29.2t
武装コアスプレーガン、コアサーベル、バルカン、コアディフェンサー(ビームバルカン)

概要

ヒロトエルドラでの戦闘経験を元にカスタムビルドを行った、コアガンダムの総合性能向上仕様。
出力と構造が強化され、ビームバルカンを内蔵する大型シールド『コアディフェンサー』を新たに装備、非使用時はリアスカートとなっている。
さらに飛行形態である「コアフライヤー」への変形機構を備えたことで、アーマーをSFSとせずとも高速飛行が可能となった。

もちろん既存のプラネッツシステムにも対応しており、第18話ではウラヌスアーマーからアースアーマーへの換装を披露。
コアガンダムの出力向上に伴い、各種武装の性能も強化されている模様。
また、改修前のコアガンダムに搭載されているかは不明ではあるが、全身に装着されたアーマーを分離し、ピット等を操作することも可能。

頭身バランスはコアガンダムから若干腿が伸びている程度だがメインカラーがグレーからホワイトに変わっており、コアサーベルの向きが素の状態でもガンダム同様上向きがデフォルトとされ、肩の上を通して引き抜く方式に変更されている。

Core Gundam II


また顔面のデザインもスタンダードなガンダム顔から、ファーストガンダムのスポンサー、クローバーが販売していた超合金ガンダムに似た変化球かつ攻撃的なものとなっている。

第24話の「ロータス・チャレンジVer.エルドラ」にてBUILD_DiVERSの仲間との協力必殺技を獲得した(後述を参照)。

短編Webアニメ『ガンダムビルドダイバーズ バトローグ』ではヒロトが増産したのか、ガンプラバトル1DAYバトルロイヤルを遺跡で観戦している山の民達の背景にティターンズカラーとG-3カラーの2機が駐機状態で登場している。G-3カラー機のみBUILD DiVERSのエンブレムが貼られている。

詳細は不明だがGBNからエルドラに顕現する際用いられるエルドリウム鏡砂の消費を抑えるために常駐させているものと思われる(2nd Season序盤ではこの砂の不足により各自の機体が不十分な形で顕現した)。
なお、ただの色違いではなく、G-3カラーは宇宙、ティターンズカラーは重力下での使用に特化したチューンがされているとのこと。

形態(※は本編未登場)

アースアーマーと合体したベーシックな仕様。

マーズアーマーと合体した近接格闘戦仕様。

ヴィーナスアーマーと合体した重火器仕様。

マーキュリーアーマーと合体した水中戦仕様。

ジュピターアーマーと合体した宇宙戦仕様。

ウラヌスアーマーと合体した長距離狙撃仕様。

サターンアーマーと合体した重装格闘戦仕様。

ネプチューンアーマーと合体した特殊巡航仕様。

アーマーではなくガンダムイージスナイトウォドムポッド+エクスヴァルキランダーと合体した決戦仕様。
必殺技「グランドクロスキャノン」が発動可能となる。

エクストラリミテッドチェンジ
プラネッツシステムに、限界はない!


最終回にてアルスコアガンダムにアースアーマーを奪われたコアガンダムが他のアーマーとドッキングした間に合わせの姿。要はF90から伝統の混成装備




立体物

1/144シリーズにユーラヴェンガンダムとしてウラヌスアーマーとセットでラインナップ。
劇中同様のギミックが組み込まれており、他のアーマーとのコアチェンジが可能。
現状本キットと成型色が金色に変更されたユーラヴェンガンダムのパーツが丸ごと入ったリライジングガンダムでしかコアガンダムⅡが手に入らないため、供給不足により品薄状態が続いている。

そして、この度12月で単体販売が決定。ティターンズカラーとG-3カラーの二種類がラインナップされる。

関連タグ

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンプラ

RX-78 Gアーマー…コンセプト元

関連記事

親記事

コアガンダム こあがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コアガンダムⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112980

コメント