ピクシブ百科事典

シドー・マサキ

しどーまさき

WEBアニメ『 ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE 』の登場人物。

CV:斉藤壮馬

概要

BUILD DiVERSが挑む「ストーリーミッション」に現れた凶悪なヒトツメ・ガンダムゼルトザームを操る謎のダイバーの正体と目される人物。五つ目のデザインされた禍々しい仮面で素顔を覆い隠す物々しい装いをしており、その戦いぶりはひどく機械的。
ヒトツメに反抗するレジスタンスとは因縁が深く、かつてはかれらと共にヒトツメと戦う側だったことが語られており、ストーリーミッションに挑戦者以外のフォースやダイバーが割り込むことも考えられず、当初は遭遇イベントの類ではないかと推測されていた。
二度目の遭遇で肉薄したメイにシドー・マサキ本人であるかを尋ねられ、何も答えることなくBUILD DiVERSの前から姿を消す。
その後、静止衛星攻略戦において三度現れ、圧倒的な力でチームのエースであるヒロトをも追い詰めた。



本来の姿は「シド」という名前で活動していた、ビルダーとしても一級品のSランクダイバー。Mk-Ⅲをベースにしたガンダムテルティウムを駆り、1000機のデスアーミーを討伐する乱戦ミッション、500機のリーオーNPDを相手にする武器制限マッチなどの過酷なミッションをクリアしている最上位ランカーとして知られ、特定のフォースには所属せずにソロプレイで活躍していた。
半年前のある日を境にログアウトの記録もないままGBNから姿を消し、リアルでは原因不明の昏睡状態が続いている。彼のダイバーの捜索を依頼されたのがメイであり、数ヶ月に及ぶ調査の末に発見されたゼルトザームは、どうやってかテルティウムとしての面影も霞むほどの改造を施されている。
姉のミズキが語るところでは、感情表現が苦手ながらも困っている人を放っておけない性格で、「GBNで凄いことをやる」「誰かを本当に守ることができる」と話していたらしい。
経緯は不明ながらもエルドラのレジスタンスと出会い、かれらの助けとなるべく現地へ赴いていたことは明白で、テルティウムの足元でムランや彼の仲間たちと並んで撮影した写真も残っていることから、相当の信頼関係を築いていたものと思われる。
バイクいじりの趣味もあり、愛車はSUZUKIのSV650X。

関連タグ

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
バルムンク… 元ネタと思われる人物。

関連記事

親記事

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE がんだむびるどだいばーずりらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シドー・マサキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267

コメント