ピクシブ百科事典

シドー・マサキ

しどーまさき

WEBアニメ『 ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE 』の登場人物。
目次[非表示]

CV:斉藤壮馬

概要

BUILD_DiVERSが挑む「ストーリーミッション」に現れた凶悪なヒトツメガンダムゼルトザームを操る謎のダイバーの正体と目される人物。五つ目のデザインされた禍々しい仮面で素顔を覆い隠す物々しい装いをしており、その戦いぶりはひどく機械的。
ヒトツメに反抗するレジスタンスとは因縁が深く、かつてはかれらと共にヒトツメと戦う側だったことが語られており、ストーリーミッションに挑戦者以外のフォースやダイバーが割り込むことも考えられず、当初は遭遇イベントの類ではないかと推測されていた。
二度目の遭遇で肉薄したメイにシドー・マサキ本人であるかを尋ねられ、何も答えることなくBUILD_DiVERSの前から姿を消す。
その後、静止衛星攻略戦において三度現れ、圧倒的な力でチームのエースであるヒロトをも追い詰めた。

本来は「シド」というダイバー名で活動していた、ビルダーとしても一級品のSランクダイバー。ガンダムMk-Ⅲをベースにしたガンダムテルティウムを駆り、1000機のデスアーミーを討伐する乱戦ミッション、500機のリーオーNPDを相手にする武器制限マッチなどの過酷なミッションをクリアしている最上位ランカーとして知られ、特定のフォースには所属せずにソロプレイで活躍していた。
半年前のある日を境にログアウトの記録もないままGBNから姿を消し、リアルでは原因不明の昏睡状態が続いている。彼のダイバーの捜索を依頼されたのがメイであり、数ヶ月に及ぶ調査の末に発見されたゼルトザームは、どうやってかテルティウムとしての面影も霞むほどの改造を施されている。
マサキ本人のアバターも大剣を背負った白を基調とした騎士風だったのが、黒い鎧と前述の仮面と正反対の姿になっている。

姉のシドー・ミズキが語るところでは、感情表現が苦手ながらも困っている人を放っておけない性格で、「GBNで凄いことをやる」「誰かを本当に守ることができる」と話していたらしい。

実は暴走するアルスを止める手段を探していた末にGBNにたどり着いた聖獣クアドルンと偶然にも出会い、エルドラで山の民を守るためにクアドルンやレジスタンスと共に戦っていた。テルティウムの足元でムランや彼の仲間たちと並んで撮影した写真も残っていることから、相当の信頼関係を築いていた。
ムランやクアドルンは彼の事を「マサキ」と呼んでおり、エルドラでは本名を名乗っていた(ヒロト達も本名で読んでいるため、シリーズ通しても珍しいダイバー名で呼ばれない人物でもある)。
しかし、アルスに捕まった上で洗脳され、敵となっていた。これにより精神がエルドラに囚われたままになってしまったためリアルで昏睡状態になってしまっていた。

バイクいじりの趣味もあり、愛車はSUZUKIのSV650X。

なお、姉のミズキはムカイ・ヒナタの弓道部の先輩にあたる。

第1期終盤でゼルトザームの頭部をヒロトとの戦いで損傷して以降、仲間であるはずのヒトツメに攻撃を加えたりと洗脳が不安定になっているが、それがリアルのマサキの肉体に負担をかけており、第20話ラストからバイタルサインが危険域になったりと生命の危機に陥るようになる。

第22話ではBUILD_DiVERSと彼を取り戻そうとするヒトツメとの三つ巴となる。朧気ながら意識が戻っているが、自分が多くの山の民を傷つけてしまったことは覚えており、殺してくれと懇願しながらゼルトザームごと暴走。しかし、諦めないBUILD_DiVERSとの激闘の末、サタニクスガンダムにゼルトザームの洗脳装置を破壊され遂に解放される。
本人は、心拍が停止し死亡したと思われたが、精神が戻ったことでバイタルサインが回復・息を吹き返した。

第23話で見舞いに行こうとしたヒロト達の前に、病み上がりにもかかわらず無理をしてバイクに乗ってまで自分から礼を言いに会いに行く。その時、何故か冬眠中のの話をしたりと、素の性格は真面目で義理堅いがどこかズレている天然キャラなのが判明した。

本人は自責の念に駆られそしてヒロト達が最後までそれを貫こうとしてるのを見て、自分も最後までできなかった事を貫く為にもう一度エルドラで戦うことを願っているが、エルドラのことを知ったミズキがこれ以上危険なことをしてほしくないと制止される。
そのため入院生活を続けながら、同じく入院している子供たちにガンプラ作りを教えていたが、彼やヒロト達の想いを理解したミズキが病院を説得して一時外出の許可をもらい、復帰できることになった。

第25話では改修したガンダムアドバンスドテルティウムで戦線に復帰。クアドルンと共にヒトツメの大群をなぎ倒し、BUILD_DiVERSを援護した。
同話ラストでクアドルンと共に衛星砲を破壊されたアルスを説得するが「ガンプラの民が何度でもお前を止める」と言う彼の言葉に敗北を認めないアルスが反応、GBNに侵攻してしまう。
しかし、これはアルスをGBNに誘い出す誘導であり、第26話ではアルスが出ていった衛星砲のメインフレームをクアドルンと共に破壊し、アルスをGBNに封じ込めた。

戦いの後は正式に退院し、ガンプラ作りを教えた子供たちに見送られた。

余談

上記の「熊」発言が元で、ファンからは「悪魔じゃなくて『あっ熊』じゃないか」などと言われたり、ネットでのあだ名が「熊」になったりと「マサキ=熊」というイメージを持たれるようになった。
挙げ句の果てには「特定のフォースに所属せずにずっとソロだったのって、もしかしてその独特の天然キャラが災いして彼を誘おうにもみんな声を掛け辛かったのでは・・・?」と言う考察すら挙がる程に……。

第25話でクアドルンと共に大暴れする様子はカザミの生配信にバッチリ映っており、見ていた視聴者からは「シドさん復帰してたのか 良かった!」「僕はこの人のすごさを前から知っていましたよ」などと彼の復帰を喜ぶコメントが寄せられていた。
ただし、その一方でクアドルンの背に乗って戦う姿坊や良い子だねんねしななんてツッコミを入れたくなるコメントもあったが……。

関連タグ

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
バルムンク… 元ネタと思われる人物。

クアドルン

シドー・ミズキ
天然 

関連記事

親記事

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE がんだむびるどだいばーずりらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シドー・マサキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10711

コメント