ピクシブ百科事典

マーズフォーガンダム

まーずふぉーがんだむ

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラで主役機のバリエーション機の一つ。
目次[非表示]

機体設定

機体名マーズフォーガンダム
型式番号PFF-X7/M4、PFF-X7Ⅱ/M4(コアガンダムⅡ装備時)
高さ19.1m
重量48.9t
武装スラッシュブレイド、ヒートレヴソード、ヒートレヴアックス、シールドユニット、ビームサーベル、バルカン


概要

ヒロトのビルドしたマーズアーマーとコアガンダムがドッキングした、赤色系のボディーカラーと背中の大剣が特徴的な近接格闘戦仕様の機体。

主武装は柄からビームを発生できる2本の剣『スラッシュブレイド』と、刀身に赤熱化の機能を有した『ヒートレヴソード』『ヒートレヴアックス』。
上記の武器は、組み合わせる事でより高い攻撃力を持つ『オーバースラッシュブレード』『ハードヒートレヴソード』となる。
両腕にはクロー内蔵の小型シールドも装備されている。

アーマー各所に内蔵された加速デバイスにより、高い瞬発力とパワーを誇る。

活躍

  • ep02『知られざるミッション』

ヒロトの部屋の棚に、マーズアーマーの状態でタッパーに仕舞われていたが、集落の防衛戦にてビーム兵器による被害を想定し、近接戦闘による対処が求められていると判断された結果、封印を解除した。

  • ep03『守るべき場所』
集落の防衛戦で使用。
道を塞ぐ瓦礫の中に埋もれた筈のエルドラアーミーの一機が瓦礫を突破し集落へ侵攻したため、爆発による被害を防ぐするために換装される。

シールドユニットのクローを引っ掛けたエルドラアーミーを村から離れた防壁まで一気に叩きつけ、ヒートレヴソードで頭部から叩き割り爆発させずに機能を停止させた。

  • ep09『隔絶の淵から』
エルドラシーブルートを流氷の上に引き上げた後にメルクワンガンダムから換装。
ウォドムポッドが押さえつけたシーブルートの尾を根元から切断し、ガンダムジャスティスナイトヴァルキランダーがふたつのヒレを切り落としたところで止めを刺し、チーム初の連携プレーを締めくくった。

しかし撃破した束の間、圧倒的な戦闘力を持つガンダムゼルトザームが乱入。
ヒートレヴソードを投げつけた隙にオーバースラッシュブレードで切り付けるも、ゼルトザームアルムで握り潰されてしまい、さらに吹き飛ばされた衝撃で左足を破損。

  • ep10『そこにある息吹』
マーズフォーを庇ったウォドムポッドの中から登場したモビルドールメイがヒートレヴソードから分離したヒートレヴアックスをゼルトザームに投擲して隙を作り、撤退させた。

  • ep18『完璧な狙撃者』
アルスがヒロトたちに提示した過去のデータに写っていた。

  • ep19『君がいなければ』
コアガンダム(G3カラー)の可能性を広げるべく作成されたことが判明。
コロッセオ風のスタジアムで剣舞を披露していた。

  • ep26『Re:RISE』
GBNにおける最終決戦にて、マツムラ店長のガンペリーに運ばれてマーズアーマーが到着。
両脚がエクストラリミテッドチェンジに組み込まれ、アースアーマーを強奪したアルスコアガンダムと対峙した。

余談

機体名は火星の英語『Mars』と4の英語『Four』を合わせた造語。
本編開始時には既に完成済みであり、集落の防衛において重火器の使用が躊躇われる状況を危惧し、使用されることとなった。

ガンプラ

2019年11月16日に1540円(税込)でHGBD:Rブランドで1/144スケールで発売。コアガンダムは新規の成型色で、リアルタイプカラー。

関連タグ

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンプラ
コアガンダム 火星 格闘

鉄血のオルフェンズ・・・主人公達の出身地や舞台の1つが火星であり、劇中に登場するモビルスーツの主な武装が実体剣やハンマーなどの物理系装備である事から、ひょっとしたら少しは意識しているのかも知れない。

関連記事

親記事

コアガンダム こあがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マーズフォーガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22185

コメント