ピクシブ百科事典

シバ・ツカサ

しばつかさ

シバ・ツカサとは『ガンダムビルドダイバーズ』の登場人物の一人にして、本作の中ボスである。
目次[非表示]

「壊れればいい。こんな世界など・・・」
CV:八代拓

概要

赤黒いローブをまとった謎の男。素顔は赤髪で疲れ切ったような顔をした男性。初心者でありながら、チャンピオン・クジョウ・キョウヤタイガー・ウルフに認められているミカミ・リクに目をつけており、配下の少女アヤメに彼らの監視を命じている。
ブレイクデカールを自身の目をつけたダイバー達に配っており、問題視されている「マスダイバーの増加」の原因となっている。その目的はGBNの破壊のようだが、後述の通り真っ当なダイバーにとっては非常に迷惑なものである。

シバさんが言いたい事って…


尚、リクを監視しているが、あくまでも最優先事項は「デカールの拡散」であり、アヤメがそんな自分の意に反した行動をとった際には、「アフターケア」を彼女に押し付けるという悪質なパワハラを働いている。そもそもアヤメは人質を使って無理矢理悪事に手を染めさせている(詳細はアヤメの過去参照)。
この様な態度からも分かるが、彼女やマスダイバーたちのことは完全に道具扱いしており、ep09ではドージの意思を無視して彼の駆る煌・ギラーガを暴走させるそれを止めようとしたアヤメに上下関係を利用して圧力をかけるなど傍若無人に振る舞った(この所業に対してマギーからは「喜びをやっかんでいるようね」と言われている)。
ep10では対マスダイバーのために組まれた有志連合を相手に再生機能を付けたブレイクデカールの実験を行う。
再生機能によって危機に陥る有志連合の姿を見て彼らを嘲笑していたが、リクがサラの助言でまっすぐ自分のいる方向に向かっていることに気が付き、リクと同行していたアヤメに指示を出し、リクと戦わせたが、リクに心を打たれて離反したことで、リクとサラに本拠地に辿り着かれることとなる。そこ今までの所業(ブレイクデカールの蔓延やアヤメへの仕打ち)に対するリクの怒りの叫びに対して、「俺だって許さねぇさ。この欺瞞と嘘に満ちた世界をぶっ壊す!」とGBNに対する怒りを露わにして真っ向から対立した。

過去

実は彼はナナセ・ナナミの兄ナナセ・コウイチと組んでいたチームメイトの一人であったが、四年前の出来事を境に袂を別っていた。その後はGBNの崩壊のために傭兵として様々なフォースに参加しながらフォースを内部から崩壊させたりするなど、悪行を重ねていた。
「ガンプラの痛みや、リアルな戦いの緊張があるからこそ」いう理由でGPデュエルを愛していたのだが、時代がガンプラへの安全が確保されたGBNへと移っていったことについていけず、いつしかGPデュエルへの愛着とGBNへの嫌悪が暴走してしまっていたのだった。
尚後述する行動理念を叫んだ際、サラに「泣いている」と指摘されている。

有志連合との決戦では

ツカサはリクと真逆の考えをGBNに持っており、「ぬるい」「ままごと」「本気の戦いを知らない」「わかったようなことを」とリクを罵倒したところで、マスダイバーを退けてたどり着いたキョウヤ達に「わからないから教えてもらいたいな」と言われ、タイガーウルフに捕獲される。
だが、その姿は仮の肉体に過ぎず、仮登録アバターであるHARO(本来のアカウントではなくゲストアカウント)でGBN内を行動していた。ビグ・ザム(GBNのメインプログラムに侵入して消去するレベルのバグを発生させるブレイクデカールを搭載している)を動かしデカール込のマスダイバーガンプラを遠隔操作して「裁きの時は訪れた。さようなら、ウソッパチの世界、偽りのエデン」とのセリフを吐きながらGBN世界の崩壊を加速させたが、ダブルオーダイバーが放ったトランザムによる粒子の翼によって無効化された上にキョウヤらの総攻撃を受け大破。事件も終息に向かう筈であったが……。

その後

ep13にてメッセンジャーを通してリクと接触。「絆の証」であるSDガンダムを人質に彼を町はずれのとある廃工場に呼び出した。
其処でリクに「ガンプラを返してほしければGPデュエルで戦え」と要求。勿論リクはこれに応じた為、彼のダブルオーダイバーエースに対し、愛機ガンダムアストレイノーネイムで対抗。500戦以上という並外れた経験の中で鍛え上げた腕前により、ダイバーエースを終始圧倒、凄まじいパワーでダブルオーダイバーエースを狂ったように破壊していく。
しかし、戦いの最中GBNやリク達ダイバーの熱意を侮辱する発言を連発した為に彼を奮起させてしまい、「ガンプラを好きだという気持ちで誰かを傷つけるのは、これで最後にしてください。俺も最後にしますから!」と言われ、結局はほとんど刺し違える形ながらも敗北。約束通りガンプラを返却し、雨が降りしきる中その場を後にしたのだが、そこでコウイチと再会。
自身の所業を責められるが、彼を押し倒して首に掴みかかり、「俺はお前と違ってだんまりを決め込むようなことはしない!」「戦うさ、戦うに決まっているだろ!」と反論したが、コウイチもサラ同様にツカサが泣いていることを看破する。
その後のGBNで取り戻したものについてのコウイチの呼びかけには一切答えずにその場を去ったが、その心はリクとの戦いを通じて少しづつだが確実に変わっていた。
これ以降GBNへの仕打ちは完全にやめている他、リクにもリアルで戦う事への強い拘りは理解されたようだったが、ツカサ自身はどうなったかは明かされていない。

機体

使用ガンプラはガンダムアストレイノーネイム。GPD時代で使ってた、ガンダムアストレイレッドフレームを改造したもの。

芝↑だと思ったらシヴァ↓だった



考察

制作したガンプラ同士を実際に戦わせるが故に、純粋な制作技術と操縦能力が反映される一方で大切な作品が無残に破壊されるリスクも負っていたGPデュエル。実際、手塩をかけて加工・造形・塗装した自作の愛機が破壊される覚悟を背負ってためらいなく「戦場」に出せるガンプラ愛好者は現実的には極少数だろう。そういった背景から見れば、ガンプラがデータ化されたGBNは、作品破損に伴う覚悟は求められない安全な世界である。これによりガンプラバトルの敷居が下がり競技人口も増加したであろう反面、ユーザーが「本気」で闘い、ビルダーとして、ファイターとして己を磨く姿勢は良くも悪くも過去のものとなった。
ただ、そもそもGPデュエルの敷居の高い過酷な環境を設定していたのは運営側で、運営側の課したルールの中で切磋琢磨し観る者を魅了する真剣勝負を演じガンプラバトルの人気を作り上げてきたのはあくまでユーザー側の努力によるものである。GBNの環境はツカサのようなGPデュエルユーザー達から見れば自身がリスクを背負って築いてきた人気を運営側が都合よく利用しただけでなく、今まで自分達が負っていたリスクが無意味だったと宣告されたようなものでもあったと思われる。
時代の変化に取り残されたツカサは、GBN側から見れば老害であろう。反面、かつてのガンプラバトルが備えていた、「己が誇りを賭けた神聖なる決闘」とでもいうべき「理想」の保持者であり、ガンプラバトルの「堕落」に反逆したとも見ることができる。意固地な性格と、戦闘狂的な資質からブレイクデカールによりGBN世界に大きな混乱をもたらした彼は、リクとは対極の意味で「純粋」な人物であったのかもしれない。

関連タグ

ガンダムビルドダイバーズ ブレイクデカール アヤメ(GBD)
全ての元凶 だいたいこいつのせい 外道 テロリスト
哀しき悪役:「ガンプラバトルへの執着故に狂ってしまった」のならば、ある意味ではこう言えなくも無い。
マシタ会長:同じくガンプラをテーマにした作品において明確な悪役とされている人物繋がり。主人公に執着している点も共通する。

pixivに投稿された作品 pixivで「シバ・ツカサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20449

コメント