ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

CV:竹本英史

本名「カツラギ」。GBN運営所属のゲームマスター(GM)。ガンダイバーをアバターとして使用。アバターの基本的なデザインはSDガンダムフォース版の一号機に準拠しており、右肩にはガンダムフォースのエンブレムの代わりにGBNのマークが描かれている。


クジョウ・キョウヤとはサービス開始以前から付き合いがあるらしく、GBNのクローズドβテストに彼を招いていた事が明かされている。GBNの運営に真剣に取り組んでいる生真面目で責任感が強い人物だが、思考の柔軟性に乏しい上に他者の感情の機微に疎く強権的な行為や視野狭窄に陥りやすい一面もある。


マスダイバーの横暴を放置している事をキョウヤに糾弾された際、運営側も看過できない事態であることは認めつつも、ブレイクデカールに関しては証拠がないことを理由に動けないと通達。

その後キョウヤが信頼できるプレイヤーを集め、対ブレイクデカール有志連合を結成した際には彼らに協力し、GM権限を用いてシバ・ツカサが潜伏するサーバーの特定、封鎖を行っている。


そしてep17以降ブレイクデカールが引き起こしたものとは別種のバグが確認される様になり、ep20にてその根源であるサラを発見すると、速やかに指名手配に行った。


なお、ブレイクデカール事件のときの対応等から無能運営と言われることもあるが、これはブレイクデカールがGBN内のログだけでなく現実世界のガンプラにも痕跡が残らないなどの異常すぎる事例だっただけであり、上述のサラ関係のように基本的には真面目かつ真っ当に運営を行っている(現段階明かされている情報だけ見れば、「GBNをとってサラを消す」か「GBNとサラが共倒れする」しか手がない以上、運営側として前者を取るのは当然ではある。開発側がそれ以外の改善策を出せない以上は他に取る手はないと言える)ものの、カツラギ自身の他者の感情を考慮しない強引で強権的な手腕や生真面目さ故の視野狭窄、柔軟性に乏しい故の思考硬直への陥りやすさからサラと近しい人たちであるビルドダイバーズ周囲からあらぬ疑いをかけられ彼らの活動に支障をきたすような事態を招いた結果、ミカミ・リクオーガの襲撃を受けている。


サラを消去させるために部下に大至急で修正パッチを作成させるものの、サラとの触れ合いで彼女の人となりを知っているキョウヤやロンメルの遠回しの抵抗を受けたり、ついには彼らによってビルドダイバーズと有志連合の変則フラッグ戦に持ち込まれてしまう等、予想外の事態に陥る。この事態に不満を持ったカツラギは変則フラッグ戦開始後にガンプラバトルを侮辱するような言動と共に有志連合への裏切り行為ともいえる己の手によるサラの消去を試みたが、キョウヤによって阻止されている。

その後もサラ相手にリク達ビルドダイバーズの苦戦している状況を見せながら高圧的な態度で接していたものの(ただし、「希望にすがりたい気持ちはわかる」と語りかけており、サラの存在はともかく、彼女の心までは否定していない)、途中オーガ達百鬼の参戦があったとはいえ最終的にビルドダイバーズが勝利条件のサラの救出を果たした時には潔く彼らの勝利を認めた。

直後にレイドボスがバグの影響で狂暴化した際、世界中のダイバーが立ち上がったのを知ると、さすがに気持ちが滾ったのか拳を握りしめている。そして、GBN開発者のミス・トーリに依頼して開発したワクチン入りミサイルを自ら及びGBN-ガードフレームGBN-ベースガンダムに装備してリク達を支援し、本来の職務を全うした。


上記の通り、視聴者からは無能扱いされたり、サラへの対応から悪役ポジション、嫌われ者ポジション(作劇で言うヘイトタンクポジション)と化していたが、GBNを守ろうとする気持ちは本物であり、レイドボス戦後はミス・トーリと共にGBNでのバグ再発の防止策に取り組んでいる模様。


続編ガンダムビルドダイバーズRe:RISEにおいても引き続きGMをしており、第25話のラストシーンで再登場。

しかしこちらでは


  • GBNをプレイしていたダイバーが遠い惑星エルドラに召喚される。
  • 召喚先の影響でシドー・マサキがGBNにログインしたまま意識不明になり生死を彷徨う。
  • エルドラで放たれた衛星砲の影響で大規模通信障害が発生しGBNのサーバーがダウンする。
  • エルドラで敗れたアルスがGBNに乗り込んでくる。
  • 挙句の果てにアルスがサーバーに直接攻撃を行い、GBNが崩壊寸前となる。

等、一介のGMのキャパシティを遥かに越える未曾有のトラブルが多発しており、これまでのGBNでのトラブルも含め流石に


「GBNより先にカツラギさんの胃が崩壊する!?」

もうやめて!とっくにカツラギさんのライフはゼロよ!


等と視聴者から同情の声が上がり、苦労人という認識も生まれつつある。

(皮肉なことに、これにより前作でのマイナスイメージが薄まったとも言える)


第26話ではトーリと共にガンパンツァーに搭乗し自ら最前線に赴き、アルスに破壊されかけたGBNを修復している(この件から、アルスのGBNへの誘導に関してはあらかじめ認知していた様子)。

また、同話ラストではキョウヤとトーリと共にリアルで今回の一件について語り合っているが、このシーンでようやくリアルでの姿をトーリと共に初披露する(カツラギは厳格そうな男性、トーリは妙齢の美女)し、トーリの「GBN開発時にデータ化したエルドラの古き民の痕跡が紛れ込みELダイバーの元になった(要約)」という仮説を聞いていた。


演じる竹本氏は、過去に機動戦士ガンダムAGEにてセリック・アビスを演じていた。


SDガンダムに関して、過去にはガンダムビルドファイターズガンダムビルドファイターズトライ騎士ガンダム武者號斗丸など多くのキャラクターがガンプラとして客演しているが、SDガンダムフォースのガンプラが登場するのは今回が初となる。


関連項目

ガンダムビルドダイバーズ クジョウ・キョウヤ ロンメル 運営

SDガンダムフォース ガンダイバー

GBN-ガードフレーム GBN-ベースガンダム

風評被害…劇中ではカツラギの行動によってビルドダイバーズが被害を被り、リアルではカツラギの行いのせいでアバターとされたガンダイバーが一部視聴者から風評被害を受けている。

アルス…Re:RISEで発生した一部トラブルの元凶。ただし彼の根本にあるエルドラを守る事への強い使命感その使命感故の敵対という事についてはカツラギとの共通点とも言える。

関連記事

親記事

ガンダムビルドダイバーズ がんだむびるどだいばーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25516

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました