ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

le_chat_noir

るしゃのわーる

ガンダムビルドダイバーズに登場するフォース(チーム)である。本項では後継フォースである「シャノワール・ネオ」についても言及する。
目次 [非表示]

概要

かつてアヤメが所属していたフォース。「黒猫団」とも。

所属者全員がSDガンダムを使用しているのが最大の特徴。ログハウスのようなフォースネストを持っていた。


アヤメの加入と最初期のチームメイト全員から提供されたパーツから作った「絆ガンダム」の完成が重複した時期には、快進撃を重ね、メンバーも増えていき、一度は上位フォースの証であるランキング30位代にまで上り詰めたが、SDガンダムの特性を知り尽くした上位フォースとの戦いの中で連敗を重ねていき、それに伴い、チームメイト同士の関係も悪化し、離脱者が続出。


さらには、リーダーであるコージーがチームの根幹である【SD好き】というものを捨てて起死回生を狙った結果、当時傭兵として雇っていたシバ・ツカサに絆ガンダムを代価にHGUCのV2アサルトバスターを戦力にしても、それでなお元の地位に返り咲くことが出来なかったことが止めとなり、最終的にはアヤメ一人を残して全員が離脱し、事実上壊滅してしまった。(というのも『(やっぱSD系だけじゃ限界だから)ウチのチームにも、リアル系いれましょうよ!』というチームメイトの強い意見に押し切られてしまったのも理由であるが、チームの根幹を捨て去るのは大問題である。)


しかし、ミカミ・リクが絆ガンダムを取り返したため、フォースは再開され、元メンバーであるヒロが中心となった「シャノワール・ネオ」として新生した。


ビルドダイバーズとは新たなフォースネストを巡るバトルを経てアライアンス(GBNにおけるフォース間の同盟)を結んだ。


変則フラッグ戦ではアライアンスに基づき、ビルドダイバーズ側に就く。実戦では、搭載機体数の制限やシャトルの操縦の都合上、敵を撹乱させる為の囮役やガンダムダブルオースカイの残骸役や囮役を買って出た。


メンバー

初代フォースリーダーで、新フォースの新人隊員。金髪で眼鏡を掛けた聖職者のような格好の男性ダイバー。

使用機体は法術士ニュー、絆ガンダム。


  • スー

新フォースの新人隊員。女剣士のような格好の女性ダイバー。

使用機体は嵐の騎士トールギス


  • テラ

アラビアンな格好をした褐色肌の女性ダイバー。

使用機体は賈詡アシュタロン


  • ホーク

ガンマンのような格好をした男性ダイバー。

使用機体はヘビメタガンダム(仮面を付けたペナルティキックオールディーズ仕様のもの)。


尚、テラとホークも新フォースに属しているが、現実世界(リアル)が忙しく、あまり顔を出せていないらしい。


シャノワール・ネオのリーダー。詳しくは個別項目参照。


シャノワール・ネオからの参加者

  • リップ

の毛皮(狩ったものではなく買ったもの)を被っている少女。フォースのサブリーダー的存在であり、やんちゃなシュウとロンを叱ったり、恥ずかしがり屋なミウを後押しするなど、しっかり者で礼儀正しい。

使用機体はSGサザビー


  • シュウ

剣闘士のような格好をした双子の兄弟の兄。自称「兄弟のカッコイイほう」。いたずら好きなやんちゃ坊主。

使用機体はSGガンダム


  • ロン

剣闘士のような格好をした双子の兄弟の弟。自称「兄弟のイケメンのほう」。兄と同じくいたずら好きだが、相手の機体特性から、トラップを仕掛けるなど、ダイバーとしての力量は侮れない。

使用機体はSGνガンダム


  • ミユ

先住民族の仮面のようなものを被った少女。恥ずかしがり屋。実はビルドダイバーズの熱烈なファンなのだが、本人たちを前にした緊張と恥ずかしさから厳つい仮面を使って威嚇まがいのことをしてしまう。

使用機体はSGシャアザク



関連タグ

ガンダムビルドダイバーズ


月夜の黒猫団…ビルドダイバーズとは何かと関連性がある作品に登場するチーム。lechatnoir と同じく黒猫の名を持つ。ただ、彼らを待っていたのはlechatnoirがかわいく感じるほどの悲惨な末路だった…

関連記事

親記事

ガンダムビルドダイバーズ がんだむびるどだいばーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5117

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました