ピクシブ百科事典

ジハンキジゲン

じはんきじげん

ジハンキジゲンとは、『鳥人戦隊ジェットマン』に登場する次元獣の一体。

CV:梅津秀行

概要

グレイが制作した自動販売機次元獣
普段は通常の自動販売機として飲み物を販売しているが、ここで売られている飲み物は飲んだ人間の性格を反対にしてしまう力があり、訓練中のジェットマンたちが休憩のために飲んだことで

  • 生真面目なリーダータイプの天堂竜は怠け者
  • おしとやかなお嬢様の鹿鳴館香は金持ち特有の僻みっぽさ 
  • 温和な性格の大石雷太は凱のようなツッパリの一匹狼
  • がめつい早坂アコは涙もろい乙女チック
  • 一匹狼な結城凱は寂しがりやのいい子
と本人が見たら卒倒しそうな性格にしてしまった。

これでジェットマンたちを滅茶苦茶にし、女性をナンパしていた雷太の前に出現。雷太の連絡を真面目に取り合ったのが凱だけだった上、何とか駆けつけても全員がバラバラなため真面目に戦わない始末だった。

再び出現した際にヘリの中でだらけて居眠りをした挙句、凱を小馬鹿にしていた竜に激怒した小田桐長官が竜をヘリから突き落とし、大慌てで変身したレッドホークのブリンガーソードが頭に命中したことで飲み物の効果が切れ、全員が元の性格に戻った。
イエローオウルの怒りの必殺突っ張りで大ダメージを受け、バードボンバーで撃退された。

その直後に次元虫によって巨大化。
空き缶型爆弾をジェットイカロスに発射したがイカロスマグナムで撃ち返され、バードニックセイバーを受け爆散した。

関連タグ

次元獣(ジェットマン)

コメント