ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「蕎麦と私の刑期はのびたら不味いんだよ!」
演/CV:ドン貫太郎

概要

Case File 16「そばにある夢」に登場。

30世紀における食い逃げの常習犯だった為、圧縮冷凍120年の刑を受けていたロンダー囚人。白い服に身を包んだメタボ体形をしており、緑色の目がまるでハゼの様に頭頂部から突き出てその横に触覚が生えた頭部を持つ。美食家と言う設定を反映してか、口も大きい。

逮捕される以前は中年男性の姿で飲食店を訪れては料理にケチを付け、口からの火炎放射で放火するという手口で繰り返し食い逃げを働いていた。
幾ら犯罪とは言え、たかだか軽犯罪でしかない食い逃げで重犯罪者に執行される圧縮冷凍の刑が適用されると言うのは本来なら有り得ない話であり、実際にリラもその小規模な罪状に驚きを隠し切れなかった。
だが、彼の罪の重さは其処では無く、寧ろその手段が放火である点であり、劇中で彼の放火に遭った店はどれも悉く全焼してしまっている。
単なる食い逃げの常習犯でしか無かったのなら未だ軽微な罪状で済んだかも知れないが、こんな悪質極まりないやり方を繰り返していては180年も圧縮冷凍されるのも無理は無かろう。

因みに戦闘では巨大なフォークを武器に戦う。

活躍

解凍されると、現代でも同様の手口で食い逃げを繰り返し、駆け付けたイエロー以外のタイムレンジャーゼニットと共に迎え撃つ。

4人を火炎放射で攻撃し、フォークで止めを刺そうと構えるが、そこへドモンが屋台を引いて駆け付ける。
そして「ドモンが作る蕎麦を美味いと感じたら圧縮冷凍される」と言う条件で勝負を挑み、タックが南半球で取り揃えた材料による究極の蕎麦に感服し降参。大人しく圧縮冷凍……されるかと思いきや、「やっぱり嫌だ!」と反故にする。

そして上記の台詞と共に巨大化抑制シールを剥がして巨大化し、最後の抵抗を試みる。
巨大戦ではビルを盾にする事でタイムロボβ相手に善戦するも、ターゲットシュートを背中に叩き込まれ、そのままタイムロボαのプレスブリザードを浴びて圧縮冷凍された。

余談

  • モチーフは外見からは信じ難いがである。
  • 演者のドン貫太郎はその後、脳出血・脳腫瘍で体に障害が残ったが、平成20年に「河東甫」の名で舞台に復帰。しかし2015年には亡くなっている。(詳細はこちら。


関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人

ハイネスデューク_ラセツ次回作に登場する、食に対する拘りの強い幹部怪人。
ガラット・ナーゴ18年後に登場する放火魔繋がりの戦隊怪人。但し、こちらの罪状は食い逃げではなく宝石強盗。
メルグ・アリータ:同じく18年後に登場する美食繋がりの後輩。

関連記事

親記事

ロンダー囚人 ろんだーしゅうじん

兄弟記事

コメント