ピクシブ百科事典

ロンダー囚人

ろんだーしゅうじん

ロンダー囚人とは、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場する敵怪人の総称である。
目次[非表示]

ギエン「フフッ、折角いる囚人を利用しない手はあるまい?『圧縮冷凍』の逆。『解凍』だ……」

概要

所謂未来戦隊タイムレンジャーと言う作品における「今週の怪人枠」で、30世紀の未来社会で犯罪を犯した末に逮捕、そのままロンダー刑務所に収監された宇宙人や生体ロボット達の総称。
囚人達は圧縮冷凍の刑を受け、服役中は常に圧縮冷凍カプセルの中で過ごさなければならない。

基本的に圧縮冷凍は重犯罪者に対する刑罰であり、ドルネロも千年の刑を受ける予定だった。 だがドルネロは腹心であるギエン、リラと共に共に20世紀末の地球へとタイムスリップして逃亡。収監されていた囚人達を次々と解凍し、悪事を働く。

組織のトップであるドルネロの意向から主な活動目的が「金集め」と言う、戦隊でも類を見ない活動方針が最大の特徴。
囚人達はドルネロやリラ、ギエンの計画した金策や目的に応じて圧縮冷凍から解凍され、人間社会に溶け込んであの手この手で金銭や高価な金目の物を掻き集めてドルネロに献上している。
実は本編で再逮捕されたのはタイムレンジャーに捕捉された者のみ。
タイムレンジャーにバレる事無く金儲けに成功していた者も相当数いるようだ(コンピューターエンジニア・ゲートなど)。

トップであるドルネロとの上下関係はもともと無関係である者がほとんどのためか薄い方で、解凍された犯罪者たちは平然とタメ口で接する(かつてドルネロと面識があることが明言、示唆されたのはマッドブラストとアーノルドKくらいである)。

一度圧縮冷凍を受けた者はその後で解凍されても解凍直後に細胞や物質が異常膨張を起こして数十倍の巨体へと変貌する“リバウンド現象”が発生するリスクが残っている。そのため囚人達はそれを防ぐための「抑制シール」が体のどこかに貼られているのだが、タイムレンジャーに追い詰められた囚人達は最後の悪あがきとして自らそのシールを剥がして(あるいは何らかの拍子で剥がれて)あえてリバウンド現象を起こさせることで巨大化する。

因みにタイムレンジャーには裁判権も刑執行権も無いため、あくまで圧縮冷凍し直されるだけであり、4年後の作品と違ってどんな大罪を犯しても死刑にはならない。『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した妖怪軍団同様、怪人達が全員生存という運の良い連中ばかりである。

とは言え、妖怪軍団が最終回における封印の扉の中で元気にダンスをしていたのに対し、ロンダー囚人達はカプセルの中で身動き一つ出来ず、常に意識がハッキリしている中で長い刑期を過ごさなければならず、中には下記のヘルズゲート囚の様に実質終身刑を受けた者もいる為、その苦痛は計り知れない。

タイムレンジャーに再冷凍圧縮を受けた囚人はカプセルに収められて彼らの拠点であるTR社事務所のロッカー(ドクロマークのステッカーが貼られている)に保管されることになる。

この為、『vsゴーゴーファイブ』ではゴーゴーファイブがカラミティブレイカーを使った対象がゼニットだったという訳である。この他に(近年の戦隊怪人ではない為、再登場の可能性は低いが)迂闊に再生怪人として出せないというデメリットがある。再び解凍されたという設定で再登場したとしても爆死などは絶対にさせられない設定である為、わざわざ圧縮冷凍のシーンを描かなくてはならないという都合があったりする。

また、死亡した囚人は幹部格であるギエンとドルネロのみである。

殆どが人型であるが、データベースによると三葉虫型などもはや人の形をしていない囚人もいるようでタイムレンジャー全編で全員が解放されたわけでは無いようだ。

解凍された囚人達

囚人の横にある[●●]は作中における囚人番号。

爆弾魔ジェッカー
声:宗矢樹頼
第2話に登場。空中都市を爆破した罪で圧縮冷凍120年の刑を受けていた。
浅見グループ本社に爆弾をセットし、大金を要求した。

現金強奪犯キース [32]
声:松本大
第3話に登場。300億円もの大金を強奪した罪で圧縮冷凍50年の刑を受けていた。
融合した物体を自在に操り、警備会社のコンピューターを乗っ取りハッキングしたり、自動車と融合して移動ができる。
モチーフはミジンコ。

連続誘拐犯ナバル [22]
演/声:森厚太/飛鳥井豊
第4話に登場。子供をターゲットにした誘拐殺人事件により圧縮冷凍200年の刑を受けていた。
20世紀でも子供を誘拐し、身代金を得ようとする。卑怯者故に戦闘力が低いと思われがちだが、スピード勝負が得意。しかし、かつて格闘技のプロファイターであったタイムイエローの敵ではなかった。
デザイナー曰くモチーフはヤモリと言う事になっているが、どう見てもイモリである。

殺し屋マッドブラスト [30170]
声:田中一成
第5話に登場。喧嘩による傷害罪で圧縮冷凍されていたが、実際は巧妙に隠していただけで相手を殺害している。
殺人を趣味としており、殺した相手の装飾品をコレクションにしている。
ユウリの家族を殺した張本人。

宝石窃盗犯ルージェ [02475]
声:橘ひかり
第6話に登場。宝石窃盗の常習犯で、圧縮冷凍15年の刑を受けていた。
女性に化け、ムーンクリスタルを狙う。やむを得ず巨大化してしまった事を嘆き、タイムレンジャーに説得される形で圧縮冷凍された。悪人である事に変わりはないのだが、極悪人という訳でもない模様。
ボウケンジャー劇場版にも一瞬だけ登場。

悪徳殺人医ドク [41]
声:新井一典
第7話に登場。入院患者にただ切り刻むだけという無茶苦茶な手術を施して殺害した罪で圧縮冷凍500年の刑を受けていた。
病院の人間を洗脳し、杜撰な診察や治療を行い法外な治療費を要求した。種族は生体ロボット。


ハイジャック犯ナボコフ [53]
声:稲田徹
第8話に登場。
大陸間エアシップのハイジャック犯として恐れられている囚人。
リラにホの字らしく、有名な画家を連れ去り肖像画を描かせようとした。
モチーフは戦闘機。

悪徳警察官アーノルドK
声:青山穣
第9話に登場。
ドルネロの友人で、彼に警察の情報を横流ししていた。20世紀でもいちゃもんレベルの難癖をつけ法外な罰金を取り立てドルネロに貢いでいる。
ギエン達に先輩風を吹かせ、ファミリーの空気を悪くした。
設定的に本来ならロンダーズファミリーの幹部クラスと言えるはずだが言及はなかった。

傭兵オーグ
声:谷昌樹
第10話に登場。
ドルネロに雇われた傭兵。一人につき500万円の賞金を受けたタイムレンジャーの抹殺を依頼された。
モチーフは恐竜

愉快犯ゴウガン [8]
声:清川元夢
第11話に登場。
西暦2975年に起こった連続殺人事件の犯人であり、自作の装置から出す催眠音波である都市の住民を操って殺し合わせ、住民の80%を殺害した。
モチーフは特定の宗教を思わせるものはなしと言う条件で漠然とした神のイメージ。

恐喝犯ゲーマルク
声:塩屋浩三
第12、45話に登場。
現代に暮らすアルクトゥース星人アルゴを脅し、彼の転移能力で窃盗を肩代わりさせていた。
45話ではTR社の事務所立ち退きを巡ってのドサクサの影で圧縮状態のまま復活していた。
デザイナーによるとスーツを着た水棲宇宙人。

賭博師ベリト [64]
声:水鳥鉄夫
第13話に登場。
違法カジノを経営していた罪で圧縮冷凍20年の刑を受けていた。
格闘家を戦わせて客に金を賭けさせ、イカサマで掛け金を総取りした。本体は非常に小さく、ボディースーツを着用している。
本体はタコ、スーツはカニがモチーフ。

マッドレーサー・バロン
演/声:小沢碧生/花輪英司
第14話に登場。
アヤセの友人であるカナル星人のレーサーだったが、スピード違反で事故を起こし、相手の父親が有力者だったために裁判で嵌められ、圧縮冷凍されていた。
現代にてアヤセと決着を付けようとレース対決を挑む。
リラから贈られたネックレスとブレスの電磁波により、戦闘体にされてしまう。
デザインイメージは仮面ライダー

スナイパー・レイホウ [206]
声:宇和川恵美
第15話に登場。
殺し屋として名前を売り、圧縮冷凍120年の刑を受けていた。
ドルネロのタイムレンジャー抹殺計画を一人に付き700万円を報酬に受ける。
右腕のレーザーガンでの狙撃が得意で、ホナミを人質にタイムレンジャーをおびき寄せる。
モチーフは植物

美食放火魔ビンセント
演/声:ドン貫太郎
第16話に登場。
舌が異常に肥えており、自分が不味いと判断した料理を出した店を放火で潰し、美味しいと思っても難癖をつけて放火し食い逃げしていた罪で圧縮冷凍180年の刑を受けていた。
モチーフは

恐喝番長フラン
演/声:叶野善和子/石川英郎
第17話に登場。
恐喝罪で圧縮冷凍180年の刑を受けていた。
人間に成りすまし、ギャングを結成して配下の不良達に2億円もの金を荒稼ぎさせていた。
女性教師に化けていたが、性別は(おそらく)男。
モチーフはそのまま不良。

テロリスト・サンドーラ
声:石丸純
第18話に登場。
連続テロ実行犯として圧縮冷凍刑を受けていた。
ギエンに解凍され、浅見グループを乗っ取り破壊兵器ノヴァのエネルギー源を作らせた。
モチーフはテロリスト。

用心棒ハイドリッド [8215]
声:佐藤正治
第21話に登場。
あらゆるマフィアで用心棒を務めていた居合斬りの達人で、用心棒による殺人罪で圧縮冷凍105年の刑を受けていた。
現代では違法アルコール製造工場を管理している。
モチーフは侍。

結婚詐欺師バーベラ
演/声:東風平千香
第22話に登場。
結婚詐欺の常習犯として圧縮冷凍の刑を受けていた。
広末恭子に化け、数多くの男達から金や宝石を貢がせた。
モチーフはメドゥーサ

エネルギー窃盗犯ウーゴ [2707]
声:長嶝高士
第23話に登場。
あちらこちらで電気エネルギーを喰い尽くしていた罪で圧縮冷凍3年の刑を受けていたマーシャル星人。語尾に「ビリ」と付ける。
衝撃を受けると体内の電気エネルギーが暴走して体外に放出される、特有の体質を持っている。
モチーフは毛虫

傷害犯ボーグ
声:鳥海浩輔
第24話に登場。
あちこちで意味もなく暴れ回り多くの人を傷つけていたチンピラで、圧縮冷凍10年の刑を受けていた。
彼が暴れた地域の価値の下がった土地をドルネロが買占め、その土地を欲しがった業者に高値で売りさばいていた。
モチーフは元々は森林保全ロボと言う連想から斧。

狂気の科学者ゲンブ [1524]
声:園部啓一
第25、26話に登場。
自分の国を作るという妄想に憑りつかれ、「ゲンブ空間」という異空間を作成し、その実験で多くの人を殺害した罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。残虐な経歴を持つ一方で、子ガメを飼うと言う一面も。
ゲンブ空間にタイムレンジャーを閉じ込め、コピー装置でコピータイムレンジャーとコピータイムロボを作成した。
モチーフはカメ。名前の由来は玄武と中国の通貨「元」。

エステティシャン・ドミーロ [1357]
声:御崎朱美
第27話に登場。
保護動物の内臓や人間の血をエステに使った罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
リラの美容パック作成のためにブラッディ・レイダーという海藻で海洋汚染を起こした。
名前の由来は『エステdeミロード』。ウルトラシリーズにはよく似た造形の宇宙人が登場しており、ドミーロのデザイナーもその宇宙人を手掛けた成田亨に影響を受けているとの事。

武器密売人ハマー
声:吉水孝宏
第29話に登場。
武器の密売を行った罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
現代にやってきたブイレックスを打ち取るために解凍され、ブイレックス捜索に乗り出す。

密猟者マスターハンター
声:稲田徹
第30話に登場。
密猟の罪で圧縮冷凍の刑を受けていた自称「宇宙一の猛獣使い」。
槍から出す生物やロボットに当たると意のままに操れるチップにする光線を武器に、ブイレックスを奪おうとする。

カウンセラー・ゼクター [0621]
演/声:大森博史/田中亮一
第31話に登場。
中途半端な治療を何度も施して患者を繰り返し通院させて金を巻き上げ、払えなくなると治療放棄して精神を破壊し殺してしまう悪徳精神科医。
潜入捜査でやってきたドモンを治療する。
モチーフはタツノオトシゴ

爆弾製造犯D.D.ラデス
声:川津泰彦
第1、32話に登場。
爆弾製造の罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
根は善良な性格で、騙されて爆弾を作っていたことを後悔し、刑期を終えることを望んでいたがドルネロに解凍され、要請を拒んだとしてピアス型コントローラーを取り付けられてしまう。
さらに逃げようとしても皆からは怪物として恐れられ、さらにはシティーコマンダーの追跡を受けてしまう。
モチーフはクリオネなどの海洋生物。

悪徳金融業者ドゴール
演/声:堀田眞三/戸谷公次
第33話に登場。
悪質な取り立てを行った罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
「にこにこ鬼金ローン」の社長・鬼金に変身し、悪質な取り立てを行った上に債務者を杖で叩いたり、債務者の家族を人質に取って犯罪を強要し、無理やり返済を迫る手口で金を稼ごうとした。
ちなみにモチーフになったのはあの怪獣

ストーカー刑事アベル [0139]
声:緑川光
第34話に登場。
刑事でありながら暗殺組織の元締めとして殺人を繰り返していた罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
ユウリを愛するあまりストーカー行為を繰り返したため刑事をクビになり、ユウリに自分を追いかけさせようと暗殺組織に入るも、彼女とは別の捜査官に逮捕された。
特殊なガスでユウリを悪の道に引きずり込もうとする。

ハッカー・ユーゲント
演/声:三川雄三/幸野善之
第35話に登場。
ハッキングの罪で圧縮冷凍90年の刑を受けていた。
都内の病院のコンピューターを停止させ、患者を人質に身代金を要求した。
モチーフはキーボード

武器商人バンジャン
声:根本央紀
第36話に登場。
違法な武器の取引を行った罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
30世紀の武器を20世紀で高く売ろうとする。
モチーフは中国の商人。

破壊工作員メイデン
演/声:大久保運/河合義雄
第37話に登場。
破壊工作罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
タイムファイヤーを暗殺するために直人の声をコピーしブイレックスを乗っ取る。

魂の活動屋グロカン
声:不破万作
第38話に登場。
映画撮影と称してタイムレンジャー抹殺を図るが、実はシオンの夢の中だけの存在。
モチーフは映画監督で、名前も黒澤明から取られている。

連続窃盗犯ドーバ
声:岸尾だいすけ
第40話に登場。
窃盗罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
エンボスがばらまいたウイルスのワクチンを奪い取り、高値で売りつける。
モチーフはカメレオン

予言者ストラウス [4288]
演/声:野口雅弘
第41話に登場。
嘘の予言をしていた罪で圧縮冷凍の刑を受けていた。
念道力で2001年で世界は滅ぶと世間の人々に信じ込ませて信者にし、金を貢がせた。
名前の由来はソロモン72柱のストラス

コンピューターエンジニア・ゲート

コンピューターエンジニア ゲート /未来戦隊タイムレンジャー


声:置鮎龍太郎
第46話に登場。
罪状は不明。宇宙調査研究所を襲撃して人工衛星の自爆システムを乗っ取り、大金を要求した。
モチーフは爬虫類

殺人ボクサー・ボリバル
声:矢尾一樹
「タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ」に登場。
500人の人間を殴り殺した罪で圧縮冷凍500年の刑を受けていた。
呪士ピエールと合体し、合成災魔獣ボリピエールに変身する。

ヘルズゲートのマーク


ロンダー囚人の中でも人格に難があったり、質の悪い犯罪を大挙犯した者は、ロンダー刑務所の奥にあるヘルズゲートという牢獄に収監される。詳しくは当該記事を参照

  • 囚人親族
「タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ」に登場する逮捕された囚人の親族達。
呪士ピエールによって強化され、肉親を逮捕されたことを逆恨みし二大戦隊に挑む。

悪徳金融業者ドゴールの双子の弟のレアル
声:服巻浩司
名前の由来はブラジルの通貨レアル

スナイパー・レイホウの双子の姉のルピア
声:小松由佳
名前の由来はインドネシアの通貨ルピア

傭兵オーグの叔父のバーツ
声:前原実
名前の由来はタイの通貨バーツ

恐喝犯ゲーマルクの又従兄弟のディナール
声:塩野勝美
イラク、ヨルダン、チュニジアの紙幣ディナールが名前の元ネタ。

ブラスター・マドウの隣の家に住んでいるシリング
声:田中大文
もう親戚じゃない。同種族との見方もできるが(有力な説としては犯罪者時代のマドウの相方で逮捕を免れたという物がある)。
名前の由来はウガンダの通貨シリング
マドウとは異なり、ヘルズゲート囚ではないご様子。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー

アリエナイザーギャングラー怪人:同じく犯罪に手を染める怪人達。

サイマ獣→ロンダー囚人→オルグ魔人

関連記事

親記事

ロンダーズファミリー ろんだーずふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロンダー囚人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1952

コメント