ピクシブ百科事典

エネルギー窃盗犯ウーゴ

えねるぎーせっとうはんうーご

エネルギー窃盗犯ウーゴとは、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場するロンダー囚人の1体である。
目次[非表示]

「美味いビリ~。やっぱり電気は生に限るビリ~!」 
CV:長嶝高士

概要

第23話に登場したロンダー囚人

あちらこちらで電気エネルギーを喰い尽くしていた罪により、圧縮冷凍3年の刑を受けていたマーシャル星人で、囚人番号は[2707]。
全身が黄色と茶色のストライプの毛虫と言う外見をしており、頭部だけでなく両腕も周辺を牙で覆われた口となっている。また、頭部には触覚、そして首と両脚の側面には棘がそれぞれ並んで生えている他、毛虫らしく背中にも無数の毛が針の様に伸びているのも特徴。語尾に「~ビリ」と付けて喋る。

マーシャル星人は強い衝撃を受けると体内に溜め込んだエネルギーが暴走し、そのまま体外に排出されて閃光放射現象を起こすと言う特有体質を持つ宇宙人であり、1度暴走したが最後、エネルギーを食べ続けないといられなくなってしまう。だが食べれば食べる程に閃光放射は酷くなる悪循環に陥った末、最終的には大爆発を起こす事となる。

劇中でウーゴを解凍したのはギエンであり、その目的は街に大規模停電を齎してその混乱に乗じてゼニットに金品を奪わせる火事場泥棒が狙いだった模様。
だが、破壊と殺戮に愉悦を見出す彼の性格を踏まえると、1番の狙いが電気エネルギーの暴走による大爆発で周囲を焦土に変える事だったのは想像に難くない。

活躍

ギエンの手で解凍されると、金を集める計画の一環で手当たり次第に電気を食いまくる事で停電を誘発。ギエンはその隙にゼニットに金品を強奪させていた。
やがて発電所の電気を狙って動き出すと、駆け付けたタイムレンジャーとの戦闘に突入。
自在に放出する電気でレッドグリーン以外の3人を苦戦させるが、駆け付けたレッドの捨て身の策により発電所から遠ざけられ、更にシオンが開発した新装備「アサルトベクター」のベクターバーニングによって活力エネルギーを消散してしまう。

直後にギエンに巨大化抑制シールを剥がされて巨大化
巨大戦ではタイムロボβタイムシャドウと交戦するも、電線を使ったアースにより上手く放電出来ぬまま、シャドウベータのプレッシャーカノンを喰らって圧縮冷凍された。

余談

モチーフは毛虫

声を演じた長嶝氏は昨年の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』にて忍耐力サイマ獣ガルバリアの声を担当していた。次のスーパー戦隊シリーズへの出演は2年後の『忍風戦隊ハリケンジャー』における風船忍者ゴムビ・ローン役である。

刑期が発覚している囚人の中では最も刑期の短い囚人である。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人
毛虫 雷属性

ドレッドレッダー:『星獣戦隊ギンガマン』に登場した、同じく電気を吸収する能力を持つ昆虫モチーフの戦隊怪人繋がり。

関連記事

親記事

ロンダー囚人 ろんだーしゅうじん

兄弟記事

コメント