ピクシブ百科事典

悪徳殺人医ドク

あくとくさつじんいどく

悪徳殺人医ドクとは、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場するロンダー囚人の1体である。
目次[非表示]

「副作用が怖くて、医者が出来るか!」
CV:新井一典

概要

Case File 7「ドモン入院中」に登場。

30世紀において切り刻むだけの手術で数十人の命を奪った連続殺人の主犯として恐れられ、圧縮冷凍500年の刑を受けていたロンダー囚人。囚人番号は[41]。
カメラの様な形をした機械を被った頭は胸部の窪みに埋まっており、目元にはゴーグルが付いている他、全身も白く機械的な姿をしている。その外見からして種族は生体ロボットの様だ。

劇中では病院の人間を特殊なガスで洗脳し、杜撰な診察や手術を行って法外な治療費を要求すると言う、30世紀と変わらぬ悪徳医師ぶりを発揮。手術の際にも何とチェーンソーで患者を切り刻もうとするしている所から、まさしくその肩書きに違わぬ正真正銘の猟奇殺人犯である。
ただ、一応彼の名誉の為に言っておくと、ドク自身も本当に30世紀における医師免許を持って医療行為を行っていたらしく、流石に患者全員を殺害していた訳ではない事だけは留意されたし。

とは言え、戦闘では医者らしく、「ゆっくり死ねる」毒薬を注射しようとしたり、頭部のカメラから光線を発射する事も出来る為、医療に従事するだけのロボットとは言い難い危険性がある上、罪状や種族と言った諸々の点を踏まえても、やはり圧縮冷凍による禁錮500年が妥当な年数なのは間違い無い。


活躍

30世紀にいた頃と変わらぬリラの余りの浪費癖により、今まで集めた金銭が減って行く様子に頭を抱えたドン・ドルネロの様子を受け、見かねたギエンによって解凍されて行動を開始。

病院の人間を特殊なガスで洗脳して操ると、杜撰な手術を強行して高額な治療費を吹っ掛ける金儲けを目論む。
折しも2000年の記憶をインプットした事による記憶の混乱でデータ酔いを起こし、入院していたドモンの手術を強行しようとした際、看護婦が用意したメスをあしらって「手術にはこれだ!」と、わざわざチェーンソーを用意する狂人ぶりを見せ付けた。

そしてドモンをチェーンソーで切り刻もうとするが、駆け付けた他の4人に阻止された為にその場は逃走する。
その後、レッドイエロー以外のタイムレンジャーを苦戦させ、ブルー「ゆっくり死ねる薬」と称して毒薬を注射しようとするも、残る2人の参戦によって形勢は逆転。レッドとイエローの連携に翻弄された末にイエローのベクターディバイディングで大ダメージを負い、ボルテックバズーカのプレスリフレイザーを浴びせられる。

圧縮冷凍される直前、上記の台詞と共に巨大化抑制シールを剥がして巨大化すると、巨大戦ではタイムジェットγを頭部からの光線で迎え撃つ。だが、ガンマトルネードとガンマレイザーを撃ち込まれ、怯んだ所へタイムロボαのプレスブリザードを受けて今度こそ圧縮冷凍された。

余談

『百化繚乱[下之巻]』にてデザインを担当した原田吉朗氏は、「当初は宇宙開発型のロボットとしてデザインした」とコメントしている。

声を演じた新井氏は昨年の『電磁戦隊メガレンジャー』にてシロアリネジレ(♂)の声を担当していた。

関連タグ 

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人

ゴーシュ・ル・メドゥ:『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に登場する邪悪な医者繋がり。

チョコラータ:『ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風』に登場する医者繋がり

関連記事

親記事

ロンダー囚人 ろんだーしゅうじん

兄弟記事

コメント