ピクシブ百科事典

爆弾製造犯D.D.ラデス

ばくだんせいぞうはんでぃーでぃーらです

『未来戦隊タイムレンジャー』に登場する敵怪人。
目次[非表示]

「できねえ、俺は多くの人を傷つけちまった……もうこれ以上人を傷つけたくねえんだ!」
CV:川津泰彦

概要

Case File.32「犯罪者を救え」に登場したロンダー囚人の一人。

西暦30世紀において爆弾を製造した罪で圧縮冷凍20年の刑を受けており、Case File.1「時の逃亡者」でも圧縮冷凍されている姿が確認されている。
だが彼自身は騙されて爆弾を作らされていただけで、根は善人である。だが彼が収監されたのがよりによってドン・ドルネロ達が脱獄する直前であり、少し遅ければ何事もなく刑期を終えて出署できたはずだった……

活躍

新しくドン・ドルネロによって解凍され自由の身になったが、自分の作った爆弾で大勢の人を傷つけてしまった事を悔やみ自分の罪を償うために刑期を全うしようとしており、ドルネロの誘いを断る。
怒ったドルネロに粛清されそうになったが、それを止めたギエンによって上手くいけばヘルズゲート囚さえもコントロールができるピアス型コントロール装置「ヒュプノピアス」を付けさせられる。
だがヒュプノピアスは未完成で、コントロールからくる激痛に耐え兼ねてロンダー刑務所から脱獄した。

しかし脱獄したとしてもクラゲの怪人のような彼の姿は善人とはいえ事情を知らない市井の人々からすれば立派な「化け物」であり、人々から恐れられ、シティガーディアンズからも命を狙われてしまった。
やがてギエンに見つかりピンチに陥るも、偶然通りがかったシオンに助けられる。
シオンに自分を再逮捕してほしいと申し出て、同じ宇宙人同士彼の苦しみを理解したシオンは「悪い人には見えない」と竜也たちに連絡する事になった。
その時、タイムファイヤーが登場。駆けつけた竜也たちと対峙。「お前たちだって今まで散々倒してきたじゃないか。ロンダースの化け物どもを」と言うタイムファイヤーに「逮捕しているだけだ」と反論する竜也たちだったが、タイムファイヤーは聞く耳を持たずシオンとラデスを追撃する。

「化け物に生きる権利はない!」
「化け物ですって?そんなの変です!見かけが地球人と違うからって撃つんですか?生きる権利を奪うって言うんですか?彼らから見れば銃を構えて立つあなたの方がよっぽど怪物です!」

シオンはラデスに戦いましょうと鉄パイプを渡すも、ラデスは受け取らなかった。その直後タイムファイヤーが発砲したが、弾は外れた。調整不足と帰っていくタイムファイヤー。
これですべてが終わったかと思われたが、追いついてきたギエンがヒュプノピアスの出力を最大限にまで上げ、ラデスは苦しみのあまり抑制シールをはがしてリバウンドしてしまった。
タイムロボが駆け付けたが、ヒュプノピアスを無理やりとればラデスは死亡。圧縮冷凍してもヒュプノピアスの効果で死ぬという絶体絶命の状態に。
だが駆けつけたブイレックスに静止させられた状態で、アサルトベクターでヒュプノピアスは破壊。鎮静化した所にブリザードスラッシュを受け圧縮冷凍された。

関連タグ

ロンダーズファミリー

コメント