ピクシブ百科事典

シティガーディアンズ

してぃがーでぃあんず

シティガーディアンズとは、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場する企業。

概要

Case File27より登場した民間の警備会社。浅見竜也の父にして浅見グループ社長の渡が日本政府や内務省治安維持局と共同で組織した。構想自体は以前から有ったと思われるが、ロンダーズファミリーなる異形の怪人達が起こす犯罪行為の数々を受けて本格的に設立された模様。

その理念は契約者の命や財産をロンダーズファミリーの犯罪行為から守る事を第一しているが、逆に言えばそれは契約者以外の人命や財産は保護の対象外となっている事を指しており、言ってみれば仕事以外で人命は守らないと言う、凡そ正義のヒーロー像とはかけ離れたビジネスライク且つドライな集団である事が分かる。

実働隊員はコバルトブルーのユニフォームとキャップに身を包み、隊長はベレー帽を被っている。
そしての携帯も認められており、グレネードランチャーアサルトライフル等の重火器や特殊車両を使用している等、超法規的な強権も或る程度認められている模様。
渡はシティガーディアンズの事を、いずれ警察機構にとって代わる物と考えており、その為に隊員達も各方面から優秀な人材が集められている。

彼のこの考えは的中し、30世紀においてユウリやその父のコウセイが捜査官として所属するインターシティ警察の基礎となった。

竜也のライバルの滝沢直人は此処の所属である。

また、浅見グループの第三研究所が作り上げたライメイという巨大ドリル戦車を所持しており、「λ2000」を搭載していた当時としては最高峰の兵器だったが、未来の技術で作られたノヴァには敵わず、破壊された。
戦闘シーンはデザインやBGMも合間ってさながらこの会社のようである。
のちに海賊戦隊ゴーカイジャー豪獣ドリルの原型になった。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー

浅見グループ:親会社。

関連記事

親記事

浅見グループ あさみぐるーぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シティガーディアンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237

コメント