ピクシブ百科事典

殺人犯ハーバル

さつじんはんはーばる

殺人犯ハーバルは『未来戦隊タイムレンジャー』の敵怪人の1人で、劇中最後のヘルズゲート囚人である。
目次[非表示]

「せっかくノッて来たんだ!ここで終われるかよ!!」

CV:乃村健次

概要

セイウチに似た風貌をしたヘルズゲート囚人。罪状はジャグル同様明らかになっていない。

右手のバズーカ砲を武器としており、ブラスター・マドウと同様、殺人をする事しか興味がない犯罪者である。
とは言え、人格こそヘルズゲート送りになるだけあって残虐ではあるものの、本人の戦闘力自体はそれ程大した事はない。

ギエンによって解凍された4番目にして本編最後のヘルズゲート囚人である。

活躍

秘密裏に開発していたメカ・クライシス起動の為に必要なλ2000の入手を目論むギエンの手によって解凍されると、浅見グループの第三総合研究所を陽動で襲撃。警備員や所員を殺害、偶然訪れていた会長にして竜也の父である浅見渡にも瀕死の重傷を負わせるものの、タイムファイヤーを苦戦させる事も無くDVディフェンダーの射撃に怯み、そのまま「DVリフレイザー」を撃ち込まれて敗北。

圧縮冷凍の直前に上記の台詞を吐き、そのまま巨大化抑制シールを剥がして巨大化する。
その後はブイレックスロボと交戦し、ブイレックスロボのリボルバーミサイルに怯むも負けじとバズーカ砲で砲撃するが、飛び蹴りとレックスパンチに再度怯み、そのまま「マックスブリザード」を受けて圧縮冷凍された。

だが、ハーバルが暴れている隙にギエンはまんまと大量のλ2000を手に入れる事に成功。
動力に使用したギエンの搭乗兵器メカ・クライシス(後にネオ・クライシスに改造)が、前回ジャグルを解凍した際に現れたブイレックスと共に「21世紀の大消滅」という大惨事を引き起こす事になる。

余談

彼もまた、ジャグル同様にギエンの大いなる破壊活動の為の捨て石に使われたヘルズゲート囚人であった。ジャグルがλ2000を搭載して動くブイレックスを引き寄せる為の布石なら、ハーバルはギエンがクライシスを完成させる為の布石であり、この両者が揃う事によってとうとう物語の終盤に起こる「21世紀の大消滅」は秒読み段階となる。

声を演じた乃村氏は、前作『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でも獣男爵コボルダ役でレギュラー出演していた。

セイウチをモチーフとした怪人は珍しく、スーパー戦隊シリーズにおいては他に『大戦隊ゴーグルファイブ』のセイウチモズー/セイウチコングしかいない。東映作品に縛られないのであれば他には円谷作品のセイウチ怪獣デッパラス位である。


関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー
ロンダー囚人 ヘルズゲート囚人 セイウチ

関連記事

親記事

ヘルズゲート囚人 へるずげーとしゅうじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「殺人犯ハーバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221

コメント