ピクシブ百科事典

λ2000

らむだにせん

λ2000とは、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場するエネルギー物質。物語の核心に関わる重要なキーアイテムである。
目次[非表示]

概要

未来戦隊タイムレンジャー』に登場する特殊なエネルギー物質。
浅見グループ傘下の第3総合研究所で開発され、「公害を起こさないクリーンなエネルギー、人類の新エネルギー」として期待され、研究が進められていた高純度エネルギーの結晶体で、金平糖に似たオレンジ色の結晶体の形状をしており、後の30世紀において主要エネルギーとして使われる「ζ3(ゼータスリー)」の原形である。

後の30世紀で使用されるζ3はこのλ2000を高熱処理する事によって変換(タック曰く「この処理技術は20世紀にはまだ存在しない」との事で、ギエンは30世紀から持ち込んでいたであろう機械で処理していた)する事で生成されたものであるという。

ギエンは超高密度のλ2000を燃料としているが、本編で彼が開発した破壊兵器ノヴァメカ・クライシス及びネオ・クライシスは何れもλ2000をζ3に再生成した物をエネルギー源としてで稼働している。

劇中ではギエンが破壊兵器ノヴァのエネルギー源とする(当初のタックの見立てでは「20世紀では資金源にならないため、恐らくドルネロ達が自家用で使うのだろう」)為、テロリスト・サンドーラに命じて第3総合研究所から盗むように命じた。

当初は単なる高純度エネルギーとしての存在に過ぎなかったが、物語が終盤に近付くにつれて重要な意味を持つ様になる…

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー 浅見グループ キーアイテム

エネトロン:『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場するエネルギー。















































終盤で明かされた真実

注:ここには作品の終盤の展開が記されています。

だが、このエネルギーには1つだけ致命的な欠点があった。
それは僅かながら時空を蝕む性質が存在しているという点であり、後の2001年2月4日大消滅と言う歴史的な大災害を引き起こす原因になってしまう。

先程「ギエンが超高密度のλ2000を使用している」と説明したが、実はブイレックスも同じエネルギー源で稼働しており、この2つがぶつかり合う事により、大消滅が発生したのであった。(タック曰く、Gゾードの数千倍との事)

ギエンとブイレックスがぶつかり合えば合うほど事態は悪化するため、シオンはDVディフェンダーを調整した上で、ブイレックス側のλ2000を加熱処理してζ3に変換することで大消滅を食い止める事になる…

関連記事

親記事

浅見グループ あさみぐるーぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「λ2000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました