ピクシブ百科事典

コンピューターエンジニア・ゲート

こんぴゅーたーえんじにあげーと

コンピューターエンジニア・ゲートとは『未来戦隊タイムレンジャー』に登場する敵怪人で、本編最後のロンダー囚人である。
目次[非表示]

「気安く人の名前呼ばないでよ」
CV:置鮎龍太郎

概要

トカゲと思しき青い外見をしているロンダー囚人。肩書きこそコンピューターエンジニアだが、詳しい罪状も圧縮冷凍による刑期も不明。

時系列的に解凍された時期すら不明だが既に行動を開始しており、登場したのがCase File46と物語の終盤であった所からタイムレンジャーにその存在を長期に渡って知られず活動していた囚人の1人である(※彼以外にも金儲けの為に解凍され、タイムレンジャーに最後まで気付かれぬまま暗躍していた者も少なからずいた模様)。
21世紀の大消滅に際してドルネロから身の安全の為に圧縮冷凍される様に進言されるもこれを断り、最後の一稼ぎの為に自ら立案した作戦を実行する。コンピューターエンジニアであるだけあってそのシステムのハッキングの腕は本物で、難解な人工衛星の自爆システムを容易く起動させる程。戦闘では銃を武器に戦う。

活躍

歴史の上では21世紀に起きたとされる大消滅が間近に迫っている事を受け、ドルネロ達はそれまで金儲けの為に解凍していた囚人達を再び圧縮冷凍。大消滅の被害に遭う前にタイムレンジャー達に引き渡そうとしていた。ところが最後の1人であるゲートだけがこれを断り、最後の一稼ぎに打って出る。

彼が企画していた最後の金儲け……それは宇宙調査研究所をゼニットと共に襲撃し、セキリュティシステムである人工衛星の自爆システム起動。1時間以内に10億円を要求すると言う物だった。
本人は脅しの心算で本当に爆発させる心算は無かったものの、机にもたれた瞬間に誤って起爆スイッチを押してしまい、悩んだ末にあっさりと作戦放棄したまま逃亡してしまう。

その時に口にした、金儲けの事ばかり考えて人命をまるで顧みない身勝手な独り言が駆け付けたタイムファイヤーの逆鱗に触れたために交戦。互いに銃を突き付けて撃ち合いの勝負をする様に指示するも、結局自身が敗北する事となり、起動させた爆弾もシオンタックの決死の解読によって解除された。

直後にシールを剥がして巨大化すると、今度はブイレックスと交戦。
銃撃で退けるもその場に駆け付けたタイムフライヤーの攻撃で銃を落としてしまい、最後はブイレックスロボのマックスブリザードで圧縮冷凍された。
囚人では唯一、タイムファイヤーによって圧縮冷凍カプセルに収容されている。

余談

モチーフはトカゲだが、両腕の棘を見る限りではその中でもヨロイトカゲと思われ、更に胸部にもその頭部と思しき意匠が見受けられる。

彼が登場したCase File46の特徴は何と言ってもタックの主役回であった事。それまで司令塔としてタイムレンジャー達をサポートして来たタックだが、彼自身もリュウヤ隊長にインプットされた通りに動くだけの人形から、タイムレンジャーと対等な立場の仲間として自立して行く姿が描かれているのが非常に印象的である。特にタックと最も絡む事の多かったシオンへ向けて「信用出来てこその仲間だ!僕のデータは信用出来ない!!」と言い放ったのに対し、シオンが「僕達に必要なのはデータじゃない……タックだから!!」と返す掛け合いは必見。こうした遣り取りの末、タックはもう1人のタイムレンジャーとして難解な自爆装置のセキュリティシステムを見事に解読し、爆発を止めると言う大役を担った。

声を演じた置鮎氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演。置鮎氏は4年後、『魔法戦隊マジレンジャー』において冥府神サイクロプスを演じる事になる。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人

関連記事

親記事

ロンダー囚人 ろんだーしゅうじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンピューターエンジニア・ゲート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント