ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「貴様ら、私の偉大さを思い知らせてやる!」
CV:園部啓一

概要

Case File 25「途切れた信頼」、Case File 26「信頼の秒読み(カウントダウン)」に登場。

30世紀において「自身の王国を作る」という妄想に取り憑かれた挙句、空間に別の空間を作り出す実験で多くの助手を犠牲にしたマッドサイエンティストであり、その罪によって圧縮冷凍の刑を受けていた。囚人番号は[1524]。
二足歩行の型ロボットと言うべき姿を持つ。

傭兵オーグスナイパー・レイホウに次ぐ3番目のタイムレンジャー抹殺の刺客であり、雇用主のドルネロからは5人の打倒に5000万円の賞金を賭けられて行動を開始。
劇中では自身の開発した甲羅型の装置によって発生する「ゲンブゾーン」なる異空間に5人を閉じ込めると、彼等のコピーをぶつけて始末しようとした。

上記の通り妄想に狂った狂人ではあるが、その一方でペットとして大量の小ガメを飼うと言う風変わりな嗜好の持ち主でもあり、然もその全てを等しく可愛がると言う意外な一面も持ち合わせている。

活躍

上記の通りタイムレンジャー抹殺の刺客として解凍され、5000万円の賞金を提示された上で行動を開始。ドルネロがタイムレンジャーを誘き寄せる作戦の一環としてゼニットにビルを襲撃させると、当然の如く5人は現場に駆け付ける。その瞬間を見計らって5人を「ゲンブゾーン」に引きずり込むと、コピー装置でクロノスーツと武器を写し取って5人の偽者を作り出す。

だが、ボルユニットの射撃による爆発で時空に穴が開いた為、レッドピンクの2人の脱出を許す結果となってしまった。
その後、残ったブルー達3人にコピータイムレンジャーを嗾けるが、そんな中でタックが割り出した地点をレッドとピンクがそれぞれ外側と内側からアサルトベクターのエネルギー消散機能で同時に攻撃。これによってゲンブゾーンを消滅させられ、同時にコピータイムレンジャーも消え去る。

直後に上記の台詞と共に巨大化抑制シールを剥がして巨大化すると、巨大戦では懲りもせずにタイムロボαの偽者を生み出して本物を攻撃させる。だが、タイムシャドウの参戦によって形勢が逆転。タイムロボβにコピーαを倒された挙句、シャドウベータのプレッシャーカノンを喰らい圧縮冷凍された。

余談

モチーフは科学者。名前の由来は四神の1体である玄武と、中国の通貨である「元」から。因みに玄武は蛇が纏わり付いた亀の姿を持ち、北を守護する神獣である。

声を演じた園部氏は今作がスーパー戦隊シリーズ、延いては特撮初出演となった。翌年の『百獣戦隊ガオレンジャー』では墓石オルグの声を当てている。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人
玄武 

コピー女帝ゴビース:似た者同士の先輩。
コピーオルグコピー忍者クリソッツ坊ラッコピーマン幻獣ミノタウロス拳シユウカガミバンキコピーロイド(メタロイド):似た者同士の後輩達。

関連記事

親記事

ロンダー囚人 ろんだーしゅうじん

兄弟記事

コメント