ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「何ということだ…映画が、滅茶苦茶だぁ!」

「クライマックスはこれからだ!」巨大化抑制シールを剥がす前の台詞)

演/CV:不破万作


概要

Case File 38「ぐっどないと」に登場するロンダー囚人で、最初からタイムレンジャー抹殺のために行動を起こしていた。

黒いキャップを被り、サングラスを掛けたテンプレな映画監督の姿をしている。


戦闘能力はチート気味に高く、特に「映画の台本に書き込んだ内容が全て現実になる」途方も無い能力を持っている(※ただし、台本に書くのは本人でなくても可)。

また、戦闘ではメガホンから特殊な演出の光線の発射もできる。


劇中では映画監督の『黒金明男』を名乗り、『タイムレンジャーの最期』の題名で、実際に5人が死ぬ映画を撮影しようと目論んだ。



……が、実はそんな囚人は存在せず、同エピソード自体、シオンが見た壮大な夢に過ぎなかった


活躍

時代劇の映画の監督・黒金明男に変装し、トゥモローリサーチに部下を送り込むと、「自身の映画監督が制作費を横領している可能性があるから調査して欲しい」の口実で5人を誘き寄せる。


やがて正体を現すと、戦闘では映画の台本に書き込んだ、あらゆる事を実現する能力(※自分では書かず、ゼニットに書かせていた)や、メガホンから放つ光線を発射でタイムレンジャーを圧倒。おまけにシオンにはハバード星人特有の、1年に1度来る猛烈な睡魔に襲われてしまい絶体絶命のピンチに陥ってしまう。


「そんな中、タイムレンジャーに襲い掛かる敵!」との宣言によって、かつて逮捕した凶悪犯ジャグル用心棒ハイドリッド恐喝番長フランテロリスト・サンドーラハッカー・ユーゲントエステティシャン・ドミーロ結婚詐欺師バーベラ密猟者マスターハンターの8体を召喚し戦闘に始めている。

そうして5人を追い詰めると、駄目押しとばかりに左太ももの巨大化抑制シールを剥がして巨大化

「演出を盛り上げる」理由で自らシャドウベータブイレックスプロバイダスを召喚し、まとめて止めを刺そうとするも、寝ぼけたシオンが台本の最後のページをサイン用紙として破っており、ページがなくなったためにゼニットが台本への加筆を中断したため台本も無力化される。かくして、皮肉にも演出で召喚した巨大ロボの連携攻撃に圧倒された末、プレッシャーカノンを喰らって圧縮冷凍された。


……が、全ては寝る前に見た時代劇に感化されたシオンが見た夢の話だったため、グロカンなる囚人は最初から存在しなかった。

寝言を漏らすシオンの様子を、竜也達は微笑みながら眺めるのであった。


余談

モチーフは映画監督。「活動屋」の言葉も「映画制作に携わる人」の意味で、かつて映画を「活動写真」と呼んでいた時分の名残である。

名前も映画界の巨匠である黒澤明のもじり。



関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人

夢オチ

BBドドンパ:『激走戦隊カーレンジャー』に登場した、実在しない夢オチ繋がりの怪人。

ヤツデンワニ:『爆竜戦隊アバレンジャー』の怪人で、ある一話は丸々彼の夢オチに過ぎなかった。

レギュラン星人ヅウォーカァ将軍/マウンテンガリバー5号別のヒーロー作品における同類。

映画監督

デーボ・カントック:『獣電戦隊キョウリュウジャー』に登場する映画監督繋がりの戦隊怪人の後輩。

ピッチ・コック:『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』に登場する映画監督繋がりの戦隊怪人の後輩。こちらはヒッチコックのもじり。

能力

ムジナ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』の怪人。自分の描いたシナリオ(こちらはマンガの世界に相手を閉じ込める)通りに物事を進める事が出来る能力を持っている。

タイプシャドー:『烈車戦隊トッキュウジャー』の怪人で、こちらも自らのキーボードで打った事象を具現化する能力を持つ。

ファントムマイナソー:『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場する怪人で、こちらもグロカンと同様に、台本に書いた事象を具現化させる能力を持つが、こちらは能力行使には他者に依存する。

関連記事

親記事

ぐっどないと ぐっどないと

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 535

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました