ピクシブ百科事典

魂の活動屋グロカン

たましいのかつどうやぐろかん

魂の活動屋グロカンとは、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場するロンダー囚人の1体である。
目次[非表示]

「何と言う事だ…映画が、滅茶苦茶だぁ!」
演/CV:不破万作

概要

Case File 38「ぐっどないと」に登場したロンダー囚人で、最初からタイムレンジャー抹殺の為に行動を起こしていた。
黒いキャップを被り、サングラスを掛けたテンプレな映画監督の姿をしている。

劇中では映画監督の黒金明男を名乗り、タイムレンジャーの最期」と言う実際に5人が死ぬ映画を撮影しようと目論んだ………が、本当はそんな囚人は存在せず、正体はシオン夢の中の存在に過ぎなかった。

それでも戦闘能力はチート地味て高く、映画の台本に書き込んだ内容が全て現実になると言う途方も無い能力を持っている(※但し、台本に書くのは本人で無くても可)。
また、戦闘ではメガホンから特殊な演出の光線を発射する事も出来る。

活躍

時代劇の映画の監督・黒金明男に変装し、トゥモローリサーチに部下を送り込むと、「自身の映画監督が制作費を横領している可能性があるから調査して欲しい」と言う口実で5人を誘き寄せる。

やがて正体を現すと、戦闘では映画の台本に書き込んだ、あらゆる事を実現する能力(※自分では書かず、ゼニットに書かせていた)や、メガホンから放つ光線を発射でタイムレンジャーを圧倒。おまけにシオンにはハバード星人特有の、1年に1度来る猛烈な睡魔に襲われてしまい絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

そうして5人を追い詰めると、駄目押しとばかりに巨大化抑制シールを剥がして巨大化
演出を盛り上げるという理由で自らシャドウベータブイレックスプロバイタスを召喚し、まとめて止めを刺そうとするも、寝ぼけたシオンが台本の最後のページをサイン用紙として破っており、ページがなくなった為にゼニットが台本への加筆を中断した事で台本も無力化される。斯くして、皮肉にも演出で召喚した巨大ロボの連携攻撃に圧倒された末、プレッシャーカノンを喰らって圧縮冷凍された。

……が、全ては寝る前に見た時代劇に感化されたシオンが見た夢の話だった為、グロカンという囚人は最初から存在しなかった。寝言を言うシオンの様子を、竜也達は微笑みながら眺めるのであった。

余談

モチーフは映画監督であり、名前の由来も映画の巨匠である黒澤明のもじり。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー ロンダー囚人

BBドドンパ:『激走戦隊カーレンジャー』に登場した、実在しない夢オチ繋がりの怪人。

デーボ・カントック:『獣電戦隊キョウリュウジャー』に登場する映画監督繋がりの戦隊怪人の後輩。
ピッチ・コック:『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』に登場する映画監督繋がりの戦隊怪人の後輩。

関連記事

親記事

ロンダー囚人 ろんだーしゅうじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魂の活動屋グロカン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223

コメント