ピクシブ百科事典

ロシェ・フレイン・ユグドミレニア

ろしぇふれいんゆぐどみれにあ

Fate/Apocryphaの黒陣営のマスターの一人
目次[非表示]

「あの、戻ってきたら……僕のゴーレムを見て貰えませんか!?
今度は、上手く出来たと思うんです!」

プロフィール

スペルRoche Frain Yggdmillennia
身長152cm
体重45kg
誕生日9月15日
年齢13歳
血液型0型
イメージカラー薄い灰色
特技ゴーレム作り
好きなものゴーレム
苦手なもの小賢しい人間
天敵アヴィケブロン
CV加藤英美里


概要

黒のキャスターのマスター。
若干13才ながらゴーレムの作成に長けた天才児。

彼の生家であるフレイン家は人形工学において名の知れた一族で、生まれた子供の養育をゴーレムに任せ、刻印の移植が可能になるまで工房からほとんど出る事もなく、一度も顔を合わせることさえしないという魔術師の中でも特に異色な教育方法をとっていた。

そんな奇矯な教育を受けた彼は父母の顔は覚えていないのに、自分を世話したゴーレムは形状の一つも残さず記憶しており、人間に対して興味を持てない少年として成長した。例えそれが如何なる魔術師であろうと例外ではなく、彼にとっては一般人と大差は無い。言葉を交わすのに不自由は無いし、他の魔術師と取引や貴重な材料を巡って殺し合いをすることもあったが、そこに人間同士の心の交歓は一切なく、犬猫が喋っているのと変わりはなかった。

だが自分を遥かに上回るゴーレムの作り手であるキャスターは別で、その技術に感服し、常自身を上回るゴーレムの大家であるキャスターを『先生』と呼び慕っており、絶対的な信頼と崇拝をするようになる。
既に彼にとって聖杯大戦もキャスターの教えを授かるのに邪魔なイベントでしかなく、仕方なくダーニックの命令で参加し、『先生』により自分を指導してもらうべく聖杯大戦に挑む。

聖杯にかける願いは『キャスターの受肉』。
そしてキャスターの目指す存在の大きさに触れ、ただ性能の優れたゴーレムを造ればいいと考えていた彼は大きな衝撃を受け、師のためならどのような所業でも実行する決意を固めていた。だが…

能力

ゴーレムの製造と使役。彼の才と努力はすべてこれに注ぎ込まれており、外見やデザインに関してはともかく、「機能」という一点を突き詰めた作風は獅子劫も知るほど有名な物となっている。更にキャスターの指導によって、彼の作品は改良され続けている。

関連タグ

Fate/Apocrypha バイオベース

pixivに投稿された作品 pixivで「ロシェ・フレイン・ユグドミレニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16603

コメント