ピクシブ百科事典

インロウマル

いんろうまる

インロウマルとは『侍戦隊シンケンジャー』のパワーアップアイテムである(画像は実際のものとは異なります)。
目次[非表示]

概要

印籠型の強化アイテムで、シンケンジャースーパーシンケンジャーへとパワーアップさせる(固有名は「スーパーシンケン○○(※各自の色が入る)」となる)。

元々は古代のシンケンジャーが全ての折神の力を1つに集約しようと製作していた志葉家の家紋が付いた普通の印籠。しかし当時は技術力不足の問題から計画は頓挫。お蔵入りと言う形で長らく天幻寺に保管されていた。

そして現代、本編の第二十四幕にて独学で電子モヂカラを開発する程モヂカラの扱いに長けた源太によって電子モヂカラを注ぎ込まれる事でメカニカルな現在の形へと構築され、新たに生まれた海老折神を含めた10体の折神の力が合わさりし、「真」モヂカラ(※真の上に志葉家の家紋が載っている)を込められたスーパーディスクが誕生したことにより、数百年の時を超えて遂に完成した。

カバーを展開して内部にスーパーディスクを装填し、上部のボタンを押す事で真のモヂカラが発動。背に真のモヂカラが付いた白い陣羽織が出現するや、粒子化を経て使用者に装着される。

元の印籠が1つしかないため複数作る事は出来ず、インロウマルを使用出来るのは1度に1人だけ。

スーパーシンケンマル

変身後、インロウマルはシンケンマルにセットされ「スーパーシンケンマル」となる(※この時スーパーディスクはインロウマルからシンケンマルの鍔へ移される)。その為、インロウマルを使用するのはゴールド以外の5人(※変身自体にシンケンマルは不要なのでゴールドも使用できない訳ではないと思われる)。
インロウマルに秘伝ディスクをセットすることで効果を発動でき、技ディスクでは「真・○○の舞(※各モヂカラに応じた言葉が入る)」や「真・猿回し」の様に各自の技の頭に「真」が付いた強化技を使用出来る(※その際には障子の戸が開き、専用の空間で各メンバーが技を繰り出す演出がなされる)。

余談

企画段階ではノートパソコン型の秘伝ディスク認識装置となる予定だったが、和風要素が無い為に却下されて印籠の形になった。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 秘伝ディスク

ドロンチェンジャー:『忍者戦隊カクレンジャー』に登場する印籠型変身アイテム
ゲネシスコア:『仮面ライダー鎧武』において、仮面ライダー陣羽織を纏った強化形態に変える要。

関連記事

親記事

シンケンジャー しんけんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「インロウマル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59

コメント