ピクシブ百科事典

獏のエルムガイ夢

ばくのえるむがいむ

『天装戦隊ゴセイジャー』に登場する敵。本編に登場した中では最後の幽魔獣である。
目次[非表示]

「美味しゅうございました。メルシー・バク~♪」
CV:伊丸岡篤、スーツアクター:佐藤太輔

データ

生息地:藪の中
特技:人の夢(眠り)を食べる→ヒトの夢(希望)を食べる
作戦:人の夢を食べ、「絶望の根」で地球を腐らせる
趣味:惰眠を貪る事

概要

夢を食べる伝承上の動物で有名な「」の正体とされる幽魔獣
獏らしく伸びた鼻をしており、紫色の身体に金色のジャケットを羽織った様な姿をしている。
ヨーロッパ訛りのキザな口調も特徴の1つである。

その能力も獏らしく眠った人間の夢を食べるだけで特に地球を汚染するでも人間に危害を加える訳でも無い人畜無害な物であったが、膜イン達によってエルレイの匣のエネルギーを受ける事でパワーアップすると、人間が希望を持って願う夢(将来の夢、願望の夢)までも食べられるようになった。
パワーアップした時にこれで役に立てると喜んでいた事から、コンプレックスとまでは行かなくても幽魔獣として自身の能力の無害さを気にしていたのだろう。
ちなみにパワーアップ後はベルトの周囲に煙を象ったような装飾が増えている。

パワーアップした能力により、彼に夢を食べられた者は抜け殻の様になってしまい、その身体から「絶望の根」と言う絶望のエネルギーを養分とした強力な毒素を生み出す根っこが生え出す様になる。
この根には過去の幽魔獣の能力にも見られた地球を腐らせる働きがある為、如何にも幽魔獣らしい凶悪な能力に進化したと言える。

劇中ではその力で人々から夢と希望を奪い、それによって生える絶望の根で地球を腐敗させるべく行動を開始したが、同時に膜イン達がエルレイの匣の力を引き出す役目も担った。

劇中での活躍

「う~ん…今の夢、あまり美味しくなかったですねェ~……」

登場と共に食べた人間の夢の味に対してそう否定的な感想を述べていると、膜インが「やぁ、捜していたよ」と話し掛けてくる。
卑屈になって「寝ているヒト共の夢を喰らうしか能の無いワタクシ~にど~んな御用でございましょう?」と尋ねると、膜インと筋グゴンのツートップはエルレイの匣に秘められた力の使い道を研究中であり、エルムガイ夢にはその実験台になって貰おうと答えるのであった。

斯くしてエルレイの匣の力でパワーアップしたエルムガイ夢は、「これで仲間の役に立てマ~ス!」と、起きている人間からもフォークで夢見る魂を次々に奪っては食べまくる。
更に夢を食べられた犠牲者達の身体からは絶望の根が伸び始めた為、異変を察知したゴセイジャーが駆け付けて何を企んでいると詰られると、エルムガイ夢は不意に自己紹介をし始めた。

「ワタク~シ獏のエルムガイ夢と申します~が、獏といったら普通、寝ている時~に見る夢を食べる物でしょう?それが、ワタク~シ夢は夢で~もいわゆるヒト共の希望を夢見る魂を食べられる位に進化したのデ~ス!エルレイの匣の力で!」

エルレイの匣に幽魔獣を進化させる力がある事に驚きを隠せないゴセイジャー達だが、エルムガイ夢は気にする事無くマイペースに説明を続けた。

「しか~も!魂を食べられた人共の体は絶望の根を生や~しな、な、何と地球を腐らせるので~す!これからは存分に同胞の幽魔獣の為に働けるので~す!」

最後に「ですから邪魔しないで頂けませんでしょうか~!?」と言って締めるエルムガイ夢だが交戦となる。
然し、エルレイの匣の力によってエルムガイ夢は特殊能力どころか身体能力まで強化されており、それに裏打ちされた高い戦闘力を発揮、ナイフを武器にゴセイジャーを押して見せる。そこへゴセイナイトが駆け付け、5人から幽魔獣ではなく夢を奪われた人間達が地球を腐らせている状況の説明を受けて「夢とは何だ?」真顔で質問。これに対してピンク「例えば私だったらケーキをお腹いーっぱい食べたいとか!」などと答えるその隙を突き、エルムガイ夢はピンクの魂を捕食。再び上記の台詞を発して撤退した。

次々と人間達から夢を奪い、絶望の根を生やす事で地球を徐々に腐敗させて行くエルムガイ夢。不意に鼻に飛び込んで来る甘い夢の香りに誘われて公園に着くと、そこにあるのは白い羽根。どうやらこれが匂いの元らしいのだが、手に取ろうとすると弾けて消えてしまう。
羽根に宿った夢を食べようと必死で追い掛けるが、一向に手に入らず「キーッ!何時になった~ら食べられるのです~!?」と叫ぶと其処に響く「お前に食べさせる夢なんか無い!」と言う声。そう、この羽根はエルムガイ夢を誘き寄せる為に残りのゴセイジャー4人が張った罠だったのだ。
天装チェンジで変身して再戦に臨むゴセイジャー達に「今更あがいても遅いのです~よ。人共の絶望の根によって地球は腐り果てるのですか~ら!」と言い放つエルムガイ夢だったが、取り込んだピンクの魂が体内で他の人間達の魂に語り掛け、その夢を思い出させた為にエルムガイ夢の体内の夢は急速に膨張。信じられない事態に「ノ~ン!そんなハズ~はありませ~ん!彼らの夢~はワタクシ~が美味しく頂いたハズ~!」と戸惑うエルムガイ夢だったが、レッド「いや、夢は自分で諦めない限り、何度だって蘇る!!」と強く言い放つ。

その言葉に呼応するかの様に人々の夢は膨張を続け、遂にエルムガイ夢の支配から解き放たれた。
混乱するエルムガイ夢目掛けて4人が襲い掛かり、更にそこへグランディオンヘッダーに乗ってゴセイピンクが颯爽と登場。スーパーピンクトリックに怯んだ所へスーパースカイダイナミックとナイトダイナミックを同時に叩き込まれて敗北する。

だが、直後に筋グゴンが手に持った巣から放たれたビービ虫に噛み付かれ、「ボンジュ~ル!またお会いしました~ね~」と言って巨大化。
「ホホホ… あなた方の夢、纏めて頂きま~す!」と叫び、ゴセイジャーとゴセイナイトの夢を食べようとフォークで立ち向かうが、彼らから夢を奪うことができない。
それは、夢とは人が今を生きる為の力であり、それを奪う事は誰にもできないこと、そして夢を守る為に自分達がいるという使命を知っていたからであった。
 
そしてスカイックゴセイグレートからのキックの2連撃から続くスカイックソニックブーム、そしてゴセイグランドのミサイル攻撃の連撃を受け、止めのグランドゴセイグレートのグランドグレートストライクを叩き込まれたエルムガイ夢は、「ぐっ!あぁっ、ぐわあぁぁッ!アデュゥゥーーーーッ !!」と言う断末魔と共に爆散した。

一方、筋グゴンがエルムガイ夢の敗北に対して「フン!所詮奴は捨て石だったって事だな」と冷たく言い捨てると、次いで膜インも「でも、エルレイの匣の力はやっぱり計り知れないねぇ~」と返す。匣のポテンシャルを知った両者はゴセイジャーの打倒及び地球の腐敗の為の最終作戦へ向け、本格的に動き出そうとしていた―――――。

余談

モチーフはカギムシ。名前の由来は映画『エルム街の悪夢』から。
幽魔獣はホラー映画由来なので、ロボットアニメの重戦機エルガイムとは無関係と思われる。

特に後者の映画には夢の中で人々を襲う殺人鬼のフレディ・クルーガーが登場する点を踏まえると、夢に関する能力の怪人の名前には打って付けと言える。

声を演じた伊岡丸氏は放送時期の近かった仮面ライダーOOOでもウニアルマジロヤミーというこれまた眠りに関係する怪人の声を当てている。

関連タグ

天装戦隊ゴセイジャー 悪しき魂 幽魔獣
 カギムシ エルム街の悪夢 夢属性

バクキ夢幻サイマ獣バハムー悪夢忍者ユメバクー師:過去作品の先輩達。
ユメバクラ:前年に登場した夢に関する戦隊怪人中の人は幽魔獣の次の組織ボスと同じである。
妖怪バクユメパックン(キュウレンジャー)ネロー・キルナー:後のシリーズの後輩。

関連記事

親記事

幽魔獣 ゆうまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「獏のエルムガイ夢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 383

コメント