ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「地球に一番優しくない存在は、実はヒトなんじゃないのかい?」 
「知らないのかい?世界には地球を100回滅ぼせる量の爆弾があるんだよ? それはヒト共が作ったものだろう?」
「大気汚染、水質汚染、地球温暖化…みーんなヒトがしでかした事だろう」
  
「そんな事をしているヒト共の地球を護りたいだなんて、笑い話にもならないよ」

CV:茶風林、スーツアクター:大林勝

データ

生息地:浜辺
特技:ゲルダッシュ、ゲル分裂、幽魔ダイナミック
作戦:地球を毒で腐らせて、汚れた星にする
趣味:(乾かない程度の)浜辺での日光浴

概要

幽魔獣ボスであり、スライムのようにぶよぶよしたビジュアルで有名な未確認生物「ブロブ」の正体。液体と固体の中間のようなグニャグニャしたゲル状の肉体を持つ。
攻撃を受けてもゼリーのようにダメージを吸収して無効化(時にはダメージをそのまま撃ち返す)したり、あるいは無数のミニ膜インに分裂してはまた集合して事無きを得たりと、正につかみ所のない強敵でもあり、不思議な杖「泥ドロッド」を振り回し、幽魔獣の魔力を安定させている。

最終的にはゴセイジャーのゴセイパワーを利用して地球と一体化しようとした。

劇中での活躍

Epic28で遮光器土偶のピカリ眼と共にゴセイジャーと戦い圧倒するがスーパーゴセイジャーの反撃でピカリ眼もろともミラクルゴセイダイナミックを受け倒されかける。
だが、間一髪の所でチュパカブラの武レドランに救われたことで彼に深い信頼を寄せるようになり、Epic29の武レドランの作戦に協力し、ゴセイジャーをエルレイの箱に封印しようとする。

Epic29で遂に武レドランが動き出し、彼はゴセイジャーもろとも膜インらをエルレイの匣に封印し地球を支配しようと企んでいたことを暴露。しかし武レドランは裏切るだろうと筋グゴンと共に見抜いており、彼に渡したのはニセモノ。そして武レドランはグランドゴセイグレートとの対決に敗北してしまう。

Epic31では本格的に地球を腐らせるべく、エルレイの匣を使って最終作戦を開始。自身の中にいる粘菌をエルレイの匣の力で増幅して町中にばら撒き、地球を腐らせてドロドロの世界にしようとする。
それを阻止しようとするゴセイジャーと戦うも苦戦を強いられ、隠し球として筋グゴンとの合体技・幽魔バスターを発動。一度は彼らを追い込むも弱点を見抜かれて形成が逆転。
だがミラクルゴセイダイナミックさえたいしたダメージにはならず、自身はビービ虫によって巨大化。 ゴセイグレートを圧倒し、上記の台詞を述べて自分達が大幅にパワーアップしたほど地球を汚している人間の愚かさを指摘してゴセイジャーを揺さぶる(下記の真の作戦を考えると挑発の可能性がある)が、それでも人間を信じるゴセイジャーの奮起で
乾燥が弱点ということに気付かれ、ミスティックゴセイグレートの起こした強風で乾燥させられてしまい、直後合体したグランドゴセイグレートに圧倒され、グランドグレートストライクを受け敗れ去る。
敗北したかに見えたが実は生き延びており、Epic32で真の最終作戦を始める。

それはゴセイパワーを吸収しパワーアップを遂げたことによる地球そのものとの一体化で、それに気づいたゴセイジャーを異空間「幽魔ホール」に取り込んで交戦。
幽魔ホール自体彼の体内と同意義であるため空間を様々に変質させゴセイジャーを翻弄し、心臓部に辿り着かれるも触手を使って圧倒。
しかし、スーパーゴセイジャーのミラクルゴセイダイナミックを心臓部に受け、今度こそ完全に滅んだ。

余談

UMAモチーフは海岸に漂着する謎の肉片「グロブスター』と『マックィーンの絶対の危機』に登場する怪物「ブロッブ(ブロブ)」。虫モチーフはミミズで、指や目の上下・頭頂部にその意匠を確認出来る。
名前の由来も「マックィーンの絶対の危機』から。

声を演じた茶風林氏は『星獣戦隊ギンガマン』の樽学者ブクラテス以来、今作にて実に12年振りにスーパー戦隊シリーズの怪人の声を演じる事となった。

関連タグ

天装戦隊ゴセイジャー 悪しき魂 幽魔獣
ミミズ ブロブ

冥獣ブロブ:『魔法戦隊マジレンジャー』に登場したブロブ繋がりの戦隊怪人

関連記事

親記事

幽魔獣 ゆうまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブロブの膜イン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブロブの膜イン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4974

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました