ピクシブ百科事典

ミイラのゼイ腐

みいらのぜいぶ

ミイラのゼイ腐とは『天装戦隊ゴセイジャー』の悪しき魂であり、ミイラ男の正体とされる幽魔獣である。
目次[非表示]

「ヒト共!ゼイ腐の部屋へよ~うこそ!」
CV:若本規夫、スーツアクター:中川素州

データ

生息地:墓場
特技:ヒトを包帯に変えてしまう、ヒトをミイラ化して操る
作戦:包帯を電波に乗せてばら撒いて、ヒト包帯で地球を汚染する
趣味:TVのザッピング

概要

「ミイラとして埋葬した死者が突然動き出す」という伝説の怪物で有名な未確認生物「ミイラ男」の正体とされる幽魔獣。大小様々な白いムカデを包帯の様に巻いた姿をしている。

能力はこの包帯の様なムカデを身体から伸ばして相手を攻撃する他、人間を毒素の強い包帯に変えてしまうと言う物。
このヒト包帯を使って大地を汚染する事で地球をミイラの様に変え、更に包帯を巻いた人間をミイラ化する事で、自身の意のままに操る人形に変えてしまう。

武器は柄部分に髑髏の付いた杖で、技としては片腕の包帯を伸ばして攻撃する「呪いの鞭」や、大量の土砂を放って攻撃する「呪いの砂」を使用する。
長い間墓場に封印されていたがブロブの膜インによって復活すると、自らの能力によって地球のミイラ化を目論みTV局を乗っ取った。

劇中での活躍

とある墓場にて、膜インと筋グゴンが不敵な笑みを浮かべながら自分達の新たな同胞を蘇らせようとしていた。

「古より 魂を分け合いし我が同胞よ、今再び地上に出給え!」

膜インの言葉によって解放された匣の中から「グオオォォッ……!ゼイ、ゼイゼイゼイ、ゼイゼイゼイブ~!」と言う叫び声と共にゼイ腐が復活。「よう、筋グゴンに膜イン。また会えるとはハッピ~ハッピ~!」とふざけた態度で再会の挨拶をしたが、筋グゴンにとっては不快だったのか「その態度、気に食わん!気に食わん 気に食わん!」と当人を怒らせてしまう。だが、そんな相方を置いて膜インはゼイ腐に「早速だけどさぁ、素敵な仕事用意してあるんだよね~。」と何時ものマイペースな口調で地球を汚染する作戦を持ち出すのだった。

ゴセイジャー達が人間による地球の汚染を許すまいとするゴセイナイトと戦っている間、行動を開始したゼイ腐は早速とあるTV局を乗っ取ると、局員や人気キャスターの戸板イオを洗脳。
そして「UMAテレビショッピング」を通して電波に乗せた包帯で天知博士も含むTVの前の大勢の人々を次々と包帯に変化させて行く。
作戦の成功にゼイ腐は「オッケ~!この調子で どんどんやろうぜ!」と士気を上げ、膜インと筋グゴンもそれぞれ「ブフフフフ…進化したヒトの発明は面白いねぇ~♪君の包帯をたった一本の電波に乗せるだけで一気に何千万本にも増やせる。」「フン! そして一包帯で地球をグルグル巻きのミイラにすれば腐った、住みやすい星に生まれ変わる!」とご満悦。更なる視聴率アップの為に次なる作戦に打って出ようとしていた。

一方、データスによる電波の逆探知でゴセイジャー達はゼイ腐に占領されたTV局に侵入しようとするゴセイジャーがテレビ局に駆け付けると、ビービの群れを従えるチュパカブラの武レドランが立ち塞がる。「ウォースターなど、利用し尽くして捨ててやった!」と吐き捨ててビービを嗾ける武レドラン。ビービを蹴散らし、ゴセイブラスターでゼイ腐の結界を破ろうとするが、そこへ駆け付けたゴセイナイトがグランディオンヘッダーとなり、地球を汚染する放送を続けるテレビ局もろとも幽魔獣達を始末しようと言う強硬手段に出ようとする。

「待ってくれ!俺達が何とか結界を突破して、中にいる幽魔獣を倒してみんなを助けるから!」と懇願するレッドの言葉に対し、ゴセイナイトは「5分待つ。その間に奴を倒して見ろ」と答える。礼を言うと共にゴセイジャーはランディックブラザーを召喚したブラックイエローの手で結界を突破、地下から侵入に成功した。

襲い来るビービやミイラとなって操られる人間を掻い潜って進んで行くと、その先で徹子の部屋ならぬ「ゼイ腐の部屋」待ち受けるゼイ腐と対峙。ゼイ腐はゴセイジャーの最期を放送する事によって視聴率の爆上げを目論み、「ハッ お前らの最期、バッチリ放送してやるぜ!」と臨戦態勢に入る。

だが既に猶予である5分が過ぎた為にゴセイナイトがTV局を破壊しようと武力行使に出る。そこへミイラ人間に表に出されたブラックとイエローが現れると、彼が建物を攻撃するのを防ごうとするのだが、ブラックの天装術をゴセイナイトは同じ術で跳ね返す等、まるで歯が立たない。

一方、レッドとピンクブルーはテレビ局で戦いながらゼイ腐をゴセイナイトの元に誘き出し、彼が地球汚染の犯人であると認めさせる事に成功。
ゴセイナイトはプレッシャワーやコンプレッサンダーといったシーイックとスカイックの天装術をゼイ腐目掛けて叩き込む。ゼイ腐も負けじと呪いの鞭で応戦するも、高速で移動するゴセイナイトの接近を許してしまい、成す術も無くレオンレイザーソード、ナイトメタリックの連撃を受けて圧倒され、そのままバルカンヘッダーカードの天装による断罪のナイティックパワー“ナイトダイナミック”によって止めを刺されてしまう。

直後に武レドランが放ったビービ虫に噛まれて「お前らへの恨みだけは晴らしてやるぜ!」と叫んで巨大化。だが巨大化の影響からかもう地球をミイラ化する能力は失われたとして我関せずのゴセイナイト。だがゴセイジャー達は何の為に戦うのか分かって欲しいとして、自分達の戦いを見届ける様懇願すると、ゴセイグレートで巨大化したゼイ腐に応戦。そのままシーイックブラザーと合体したアナザーシーイックゴセイグレートで圧倒する。
ゼイ腐も負けじと呪いの砂でゴセイグレートを攻撃するが、今度はアナザーランディックゴセイグレートのサイヘッダーとクワガヘッダーによる攻撃に怯み、最期はハイパーゴセイグレートのハイパーヘッダーストライクを受け爆散した。


その後、epic24にてブロッケン妖怪のセマッタ霊が創り出した幻影として再登場。
更にアバレヘッダーを入手したチュパカブラの武レドランの力を受けたセマッタ霊がパワーアップし、実体を持った幻影として現れ襲い掛かって来るが、スーパーゴセイピンクの前になす術も無く、スーパースカイランドシーダイナミックを他の幻影幽魔獣共々受けて消滅した。

余談

モチーフはミイラ男ムカデで名前の由来は映画『ゼイリブ』から。

特に後者は人間のミイラ化した死体みたいな顔をしたエイリアン達がTV放送で人々を洗脳するシーンがあり、「TVで人々をミイラ化」する作戦はここから来ていると思われる。

また、趣味にTVのザッピングとあるが、封印される1万年もの大昔にTVなどある訳が無い為、現代に蘇ってからTVを気に入った所から趣味に繋がったと推察される。

今エピソードを境にハイパーゴセイグレートは登場しなくなる為、事実上ハイパーゴセイグレートで倒された最後の怪人と言う事になる。

声を演じた若本氏は12年前に『星獣戦隊ギンガマン』でナレーションを担当していた事で有名だが、怪人の声優としての出演は今作が初となった。
ちなみに、『星獣戦隊ギンガマン』でブクラテス役で若本氏と共演し、本作で膜インを演じた茶風林は、若本氏がアナゴさんを演じた事で有名な『サザエさん』で永井一郎死去後に永井氏が演じた事で有名な磯野家の大黒柱とその双子の兄海平と遠い先祖に当たる磯野藻屑源素太皆を担当する事となった。

関連タグ

天装戦隊ゴセイジャー 悪しき魂 幽魔獣 地属性 毒属性
ミイラ男 ゼイリブ

モルグモルグ:『星獣戦隊ギンガマン』におけるミイラ繋がりの怪人。若本氏も当作品にナレーションとして参加している。
墓荒らしサイマ獣ゾンビースト:『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場したミイラ&墓繋がりの怪人。
ムカデンパンジー:7年前に登場するムカデモチーフの怪人で、同じくこちらもTV局を乗っ取って悪事に利用した。

魔導神官メーミィマミーレジェンドルガ:ミイラ繋がりの戦隊&ライダー怪人。特に前者はムカデを使役する点も共通している。
ムカデ人間:若本氏が日本版予告編のナレーションを担当し、1作目と完結編の吹替版でディーター・ラーザー演ずる主人公を演じているホラー映画。
ミイラマイナソー9年後に登場した後輩。

関連記事

親記事

幽魔獣 ゆうまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミイラのゼイ腐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129

コメント