ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

「苦しめ、幽霊達よ…人間共を恐怖に陥れろ!」
CV:清川元夢

概要

第23話「幽霊救出作戦」に登場。

獣男爵コボルダの所有するカードから召喚された地のサイマ獣
漆黒のローブをまとったミイラの姿を持つ。

死者の遺骨と灰から取り出したDNA情報を泥人形に組み込んで幽霊として甦らせる能力を有しており、劇中ではこの能力で甦らせた死者を操り、人々を恐怖に陥れようと目論む。
他にもポルターガイストや、人間離れした怪力を持つ泥人形を操ると言ったホラーじみた技を持つ。更に巨大戦では口から青白い破壊光線を発射する。

活躍

ある時ナガレは、「1ヶ月前に亡くなった絵本作家の祖父・竜之助の幽霊を助けてほしい」と、孫の佐伯実加雄から依頼される。幽霊を信じないナガレが実加雄に連れられた屋敷に赴くと、ゾンビーストが幽霊を操り襲いかかって来たため、ナガレはゴーブルーへと着装して応戦。その最中、操られた竜之助をかばう実加雄を一蹴してその場は撤退する。

その後、幽霊と共にゴーゴーファイブに善戦するも、実加雄の呼び掛けで竜之助は自我を取り戻す。
それと同時に他の幽霊も自我を取り戻したことに怒り、竜之助以外の幽霊を用済みとばかりに土に還すが、レッドVランサーの攻撃を受け、怯んだところにビックブイバスターを撃ち込まれて倒される。ゾンビーストが倒されるとともに、竜之助もその呪縛から解かれて土に還った。

直後にピエールの放った再生カードによって巨大な死霊として復活。
巨大戦ではマックスビクトリーロボに大したダメージを与えられぬまま圧倒され、悪あがきとばかりに口から発射する青白い破壊光線で応戦するも、結局は止めのマックスノバを喰らって爆散した。

戦いの後、何と実加雄はゴーゴーファイブの目の前で昇天する。実は「彼も祖父より半年前に亡くなっていた」事実を、マトイ達5人は知るのだった。

余談

モチーフはゾンビミイラ等のアンデッド。名前の由来もゾンビと幽霊の英訳である「ゴースト(ghost)」から。

声を演じた清川氏は『電磁戦隊メガレンジャー』のガマネジレ以来、2年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。翌年の『未来戦隊タイムレンジャー』でも愉快犯ゴウガンの声を当てている。

ゲストキャラの佐伯実加雄を演じた子役の荒井賢太氏は、昨年の『星獣戦隊ギンガマン第二十四章にて、少年時代のハヤテを演じていた。
また、佐伯竜之介を演じた鈴木泰明氏は、2年後の『百獣戦隊ガオレンジャーQuest4にて、ヒーロー達が訪れた和尚の役で出演している。

劇中のラストで実加雄が昇天する展開を踏まえると、彼の名前の由来は恐らく旧約聖書における四大天使の一人“ミカエル”と思われる。

関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ 災魔一族 サイマ獣
アンデッド ミイラ ゾンビ ネクロマンサー

幽界衛兵災魔カオス:こちらはサイマ獣専門のネクロマンサー。

ミイラカンス:『超電子バイオマン』に登場したミイラモチーフの大先輩。

ユーレイボーマ:『高速戦隊ターボレンジャー』に登場した、同じく幽霊を操る先輩。登場話が第23話である点も共通。

チョウチンコゾウ:『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した、同じく幽霊を蘇生させる能力を持つ戦隊怪人。祖父と孫(こちらは生者)のドラマが展開された点も共通。

モルグモルグ:昨年登場したミイラ繋がりの先輩。

ネクロマンサーマイナソー20年後に登場する、同じく死者の蘇生繋がりの戦隊怪人。こちらの登場話は第22話とニアピン。

魔導神官メーミィミイラのゼイ腐:21世紀のシリーズに登場するミイラ繋がりの後輩達。

炎神鬼:こちらも幽霊に関連する戦隊怪人

関連記事

親記事

サイマ獣 さいまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 489

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました