ピクシブ百科事典

渥美格之進

あつみかくのしん

渥美格之進とは、時代劇『水戸黄門』の登場人物。

概要

時代劇水戸黄門』の登場人物で、水戸光圀こと徳川光圀の側近。
光圀からは「格さんかくさん)」と呼ばれている。

剣術も心得ているが、腕っ節がめっぽう強く殺陣のシーンでは基本的に素手空手柔術を駆使して闘う。
悪党を充分に懲らしめた後、おなじみの印籠を出す役。
軟派な性格の助さん佐々木助三郎)とは対照的に、堅物な性格。

モデルは実際に光圀に仕えていた水戸藩士・安積澹泊(覚兵衛)。

関連タグ

水戸黄門 格さん 佐々木助三郎(助さん)
武士/ 空手 柔術 印籠 この紋所が目に入らぬか!

pixivに投稿された作品 pixivで「渥美格之進」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5171

コメント