ピクシブ百科事典

演:野村将希

人物

水戸黄門第17部から登場した忍者。鳥羽領に伊賀から飛猿一門が入った際に城代家老から領民と同じ扱いを受けた事による鳥羽藩に恩義があり、17部で光圀一行を付け狙う刺客に潜りこみ刺客には真意を隠して動きを監視しそして光圀一行を密かに助ける任務を担っており、その後一行に加わった。

第17部でかげろうお銀の配下の忍者である「煙の又平」が刺客によって壮絶な死を迎えた際に、お銀は飛猿を又平の仇と思っていた。その為、お銀からは真相が判明するまで何度も仇討ちされかける事となる。

飛猿が事件を嗅ぎつけた時に流れる不穏な効果音は初登場の頃から使われており、当初は得体の知れなさを演出していたが一行入りした後は遭遇した悪党へ鋭い目で見張っている事への演出となっている。

当初は柿色の忍び装束に猿面の忍者刀を使うスタイルだったが、道着のようなスタイルになってからは忍者でありながら鍛え抜かれたその身体からかなりの剛力を発揮する戦闘力を持つ。岩や灯篭を持ち上げては投げつけたり、壁を拳一つでブチ抜く程である。
ちなみに演ずる野村氏は実際に鍛え抜かれた体を持つ肉体派俳優としても有名。

薬の知識に長けており、悪人達が用意した毒薬を先回りしてすり替える・毒の正体を簡単に見抜く能力を持つ。眠り薬もよく使う他に仮死薬と思われる薬を使った事もある。普段の表の顔は富山の薬売り行商人の姿で街道を行動している。実は薬売りとして薬箱で運んでいる「富山の萬金丹」は効能は本物だが、実は本場富山のものでは無い事が明かされたエピソードもある。実際、本物の富山の薬売り達は富山入りした飛猿を見知った行商人ではない事から怪しんでいた事もある。
お銀と異なり一行と常に行動する事は少ないが、お銀と共に一行より先に国の情勢を偵察している事も多い。

第28部をもって登場しなくなる。
その後は、スペシャル回でまれに登場するようになった。

風車の弥七とは顔見知りで行動を共にした事があるが、弥七演じる中谷氏の健康上の理由で出演が少なくなった事で弥七に代わる隠密として新たに追加されたらしい。また、飛猿の特定のモデルは無いとのこと。

光圀一行への伝令手段は猿面に手紙を差し込んで投げ込むスタイル。

関連項目

水戸黄門 忍者
怪力

風の鬼若:飛猿の後継キャラクターの位置づけにある怪力忍者。

関連記事

親記事

水戸黄門 みとこうもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柘植の飛猿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114

コメント