ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

侍鬼

さむらいき

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に登場する怪人・ヒトツ鬼の一体。
目次 [非表示]

萓肴姶髫


「教エテクレ答エヲ……答エヲ!!」


CV:山崎裕太

スーツアクター:井口尚哉


データ

身長/190cm

体重/239kg

スキン/文字武者

むかしむかし/白井は「極ラーメン道 松井組」で真剣に働いていたそうな…。


概要

先代のサルブラザー白井真一が戦う答を知りたい」という欲望を叶えるために誕生した、モデルのヒトツ鬼


侍鬼

ベニツ鬼が、不吉・否定的な意味合いの漢字が彫られた兜と胴鎧で構成される日本甲冑のスキン・文字武者を身に纏った姿。具体的な文字の配置は兜の額部分に『惡』が刻まれ、鍬形部と面頬の上半分に『死』が飾立風に配置される。また喉輪には『罪』、胴鎧の前中央には『邪』が刻印されている。

全体的に赤茶けた色合いは正に落ち武者やその亡霊といった風情で、吹返と肩鎧、背面全体には風に舞う落葉の意匠も施されており、遠目から見ると鎧武者の様にも朽ちた樹海のようにも見える

描写はなかったが、変貌時には「萓肴姶髫」(侍戦隊)の文字化け侍戦隊シンケンジャークレストが浮かび上がったと思われる。


ラーメンうまうま


刀身に鋸刃のような模様が刻まれ鍔の部分が二頭の龍の頭になった大太刀を手に斬り掛かり、大太刀から燃え残る紫の烈火を放って相手を大斬する秘伝チャンバラ技で勝負を仕掛けて来る。それ以外の攻撃手段こそないが宿主の関連上か地力は高く、力を惜し気もなくどんどん使ってサルブラザーロボタロウドンオニタイジンに刀一本で立ち向かい、食い下がらぬ奮戦ぶりを見せた。


このヒトツ鬼を生んだ宿主の欲望の原点は、かつてサルブラザーであった時に重ねた私利私欲により腐った白井の性根であることが示唆されていて、ある意味彼が過去に積み上げた愚行の象徴にして今現在の白井を咎めているかのようでもある存在。身体中の悪い意味合いの漢字も、宿主の自罰感情を表している様に取れる。


活躍

当代のサルブラザーたる真一が、自分と間違えられて松井組に拉致されたのを白井が助けたのが縁となり、真一がラーメン屋で空想のラーメンを食べていたのを白井が気にしたことを始めとして、交流を重ねていく。


その後、白井は確執のある松井組店長の松井と取引に見せかけた騙し合いがバレて取っ組み合いの喧嘩になりかけるも、真一の空想によりその場を助けてもらう。

そしてそれが切っ掛けに、白井はかつてヒーローの力に溺れていたことを後悔しているのを吐露。その上で「なぜ彼がサルブラザーとして他人のために戦えるのかを知りたい」と真一に問い掛ける。


「俺はね…、実は後悔してんですよ。モンスターと戦ってれば、違う人生を送ってたんじゃないかってね……教えてくれ。なぜ戦えるんだ!? 怖くないのか?」

真一「“なぜ答えを求める?なぜ答えは必要なのか?その答えは何か?”」

「訳がわからねえ……そうか。答えは……俺ガ、兄サント戦エバ…、オノズト、分カルハズ…!」

真一「そう来たか……受けて立とう!」


そこで真一の短い返答を返されたことで、「答えは自分で悟る物」と直感した白井はそれを成す方法を強く願った結果、彼に取り憑いていた侍鬼が顕現の兆候を見せる。

これを見た真一もアバターチェンジ、直後に実体化した侍鬼との戦闘へ突入する。


サル「白井よ! その欲望、私に当ててみろ!」


寺の境内にて、人を超えた私利私欲の鬼となってサルに猛然と斬りかかり、程無く駆けつけた他のドンブラザーズ「オ前ラニ用ハナイ!」と一蹴し、大太刀からの烈火を浴びせて圧倒。だが負けじとサルもサルブラザーロボタロウにチェンジし、地面を叩いての衝撃波で怯ませた隙にドンオニタイジン(等身大サイズ)へ合体。

「答えを求めるために自らヒトツ鬼になる…、その根性やよし!」とサル/真一が称賛した直後、ドンばいを煽って発生させた旋風で空中に巻き上げられた所に天空サル連撃を浴びて受け身も取れずに落下。

そこからの追撃を間一髪でかわして刀の打ち合いになるも、膂力の差で有効打は与えられず、最後は迂闊に踏み込んだところへカウンターで放たれたロボタロ斬が直撃、敗北・爆散。ドンオニタイジンが巨大化せず、等身大のまま撃破した初のヒトツ鬼となった。



これにより、過去に積み上げた欲望を解消して性根を正し、自分なりの答えにたどり着いた白井は小さなラーメン屋台を経営して再出発する道を歩み出した。そしてその店のメニューには、“教授”である真一より教えてもらった『空想ラーメン』が並び、それを楽しむために真一も常連客として足を運ぶのであった。


また描写はなかったが、撃破の際にシンケンジャーギアがドロップされたと思われる。


余談


  • 本物のヒーローの力を剥奪されてしまい、ヒトツ鬼というヒーローを歪めた存在になってしまった白井に対して、原典におけるシンケンレッドの主な変身者は当初は自分の立場を偽っていたものの、仲間たちとの絆によって本物にできたという対比表現がなされてある。

さらに言えば、敵側の怪人にはこの伏線を明かす存在がおりある意味侍鬼は間違えればヒーローの紛い物になっていた可能性を実際に具現化させたという考え方もある。



  • ドン15話以降、ヒトツ鬼がヒトツ鬼ングとなり巨大戦にもつれ込む展開が多かったが、久々にヒトツ鬼ングにならずに撃破されたヒトツ鬼である。
    • また、等身大サイズでロボ戦を行い、敵怪人の撃破に至ったのは今回が歴代で初となる(戦闘だけなら初合体回でアノーニを倒しているのでそちらが初)。

  • シンケンジャーには折神という巨大戦力が登場するが、ドンブラザーズで折り紙といえば……。


  • 「完全読本」によると、シンケンジャー担当当時に考えていたもの実現できなかった「裏シンケンジャー」の構想が再利用されていると言う。

  • pixivでは登場以前にオリジナル怪人として侍鬼が投稿されていた。

落書き


  • また、侍鬼ングも投稿されている。

侍鬼ング


関連タグ

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ヒトツ鬼

侍戦隊シンケンジャー

ヤクザ ラーメン屋 炎属性

激走鬼天装鬼太陽鬼現ドンブラザーズメンバーひょんなことからイヌブラザーになった人が変貌してしまったヒトツ鬼である意味今回のケースの発端と思われる(特に激走鬼と太陽鬼はこれで2回目)。また、素体がベニツ鬼オリジナルに似た技を使うヒトツ鬼ングにならず倒されたケースも同じ。

烈車鬼特命鬼星獣鬼未来鬼:原典のメインライター繋がりのヒトツ鬼。

超力鬼海賊鬼ツーカイな世界海賊繋がり。

秘密鬼恐竜鬼百獣鬼魔法鬼轟轟鬼機界鬼:こちらはゼンカイジャーメインメンバーモチーフの戦隊のヒトツ鬼繋がり。

世界鬼ステイシーザーモチーフの戦隊のヒトツ鬼。

忍者鬼忍風鬼手裏剣鬼:歴代忍者モチーフ和風戦隊モデルのヒトツ鬼。


武者仮面怒涛武者武者人形オルグゾイナー星人ベートニン冥獣人サムライのシチジューロー将(エリート)カゲカムロウシロブシオボロジメケンタテロイド牙鬼幻月ヤバソードセンゴクバスラジシャクワルド兜武神デーボス:歴代武者モチーフの戦隊怪人。この内カゲカムロ、ウシロブシ、オボロジメはシンケンジャーと戦った相手である。

デラツエイガー11年前のシンケンジャーのレジェンド回で登場する剣の達人である青いカラーリング戦隊怪人

シンケンゴーカイオーシンケンフォーム:歴代のシンケンジャーモチーフ。但し、いずれも味方サイド。

カッタナー・ゴールドツイカー:前作に登場したシンケンジャーモチーフのキャラ。

ヌードルジゲンシェフードンメンワルド:麺をモチーフにした戦隊怪人たち。ちなみにヌードルジゲンはラーメンモチーフである。

ヒドケイワルドオリヒメワルド前作における、巨大化せずに完全撃破された戦隊怪人。ただし、オリヒメワルドは仮面ライダーセイバーとのコラボ回での登場という特殊な事情がある。


仮面ライダー邪武:顔に漢字を書いている武者モチーフのライダー。

仮面ライダーゲイツ:顔に黄色の文字を付いている赤いライダー。

アナザー鎧武アナザーシノビアナザー響鬼:3人共和風モデルのヒーロー達が歪められて怪人化した姿

アナザーディケイド&アナザーW:モチーフ元となった同時期作品ヒーローを歪めたデザインとしたライダー怪人。

チノマナコディエンド変身態アナザーディエンド:上記の作品のサブヒーローのカを歪めた存在。前者に至ったて原典に登場した怪人か変貌した個体。

仮面ライダーアークワン:マイナスイメージの漢字を出現させる仮面ライダー。こちらのライダーが登場する作品にもドンモモタロウのスーツアクター役の浅井宏輔氏が2号ライダーとして出演している。

仮面ライダーソロモンシンケンジャーの追加戦士中の人が演じる悪役ライダー

キュアヤムヤムメンメン1時間前の世界におけるラーメンのキャラクター。


ダーエン:先代のヒーローが闇堕ちした姿。


シャドウ(ペルソナ2罰):ネガティブマインドの化身が呼び出した、前日談の主人公達の罪を冷笑する当人らの自罰感情の化身。

関連記事

親記事

ベニツ鬼 べにつき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7263

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました