ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「母ちゃん、俺、夢を叶えるヨ...」

俺コソ、オンリーワァァン!


CV:榊原卓士

スーツアクター:草野伸介


データ

身長/203cm

体重/244kg

スキン/ギアガトリンガー

むかしむかし/稔は世界初、手裏剣鬼と魔法鬼と轟轟鬼と王様鬼になったことがある男だったそうな…。


概要

これまで4邪道を究めてきた男・大野稔「宿敵の桃井タロウを倒したい」という、もはや使い回しのレベルすら超えた欲望を叶えるために誕生した、機界モデルのヒトツ鬼


ベニツ鬼が、の複数の構成されたロボットの様なスキン・ギアガトリンガーを身に纏った姿。顔のカラーリングはよく見るとゼンカイザーと同じになっている。

ボリュームのある両肩から伸びる両腕は、関節が一つ増えたマジックハンド型のガントレットブッコワスハンドとなっており、更に左手は秘密の銃という名の5つの銃口を持つロングバレルガトリング砲となっている。

鳥型ロボの様な意匠のある胸当ても合わせて全体を見ると、羽を逆立てて威嚇する猛禽類も思わせる。


変貌時には「讖溽阜謌ヲ髫」(機界戦隊)の文字化けと、機界戦隊ゼンカイジャークレストが浮かび上がる。


宿主が何度もヒトツ鬼化した影響や執念の強さもあってか、リベンジをあきらめない歯車で心動かし、右手で砲身を支えて全力全開で放つガトリング掃射を始めとしたその強さは凄まじく、ドンブラザーズを圧倒しドンモモタロウを一度は殺害に追い込む程の戦闘力を見せる。

まさしく大野の欲望を叶えられる力を持った強力なヒトツ鬼だが、かといってタロウに勝っても欲望が沈静化する筈も無く、そこから最強になった自分を人々に誇示する為暴れる目的にシフト。

結局は、大野の拗れに拗れた執着心と行き場を無くした情念が当人を呑み込みつつ具現化した、誰とも交われず世界に被害をもたらす怪物以上の何者へも成れない存在に過ぎない。



活躍

大野の母は危篤状態になっており、息子に見守られつつも病院で気を失ってしまった様子を見た稔は桃井タロウを倒すという欲望が強くなり、機界鬼を引き寄せてしまう。


後日機界鬼は、自分達の道に進むべくドンブラザーズを脱退したのち近くの公園で今後をどうするか相談していた面々の前に現れた。ドンブラザーズをやめてしまったはるか達を一方的に追い込み、そこに現れたドンモモタロウに対しても攻撃をまともに命中させて死に至らしめるほど。


邪魔する者がいなくなったことで機界鬼は無軌道に人々を襲っていたが、タロウの葬儀にて介人の意見を元にしたはるか達が、ジロウ率いる新生ドンブラザーズとして立ち向かってきた。しかし、リーダーがリーダーということもあって、あっさり追い詰める。


と、その時、ソノイのタロウ汁を使って復活したドンモモタロウが(棺桶に入ったまま)天女と神輿と共に登場

本来のリーダーであるタロウが戻った事で本調子を取り戻したドンブラザーズに追い詰められ脳人レイヤーを使って逃亡。


そんな時、逃走先の岩山に柏餅王となったゴールドツイカー一家と激突するゼンカイジャー一行と戦場となったクロコダイオーがやってくる。脳人レイヤー経由で乗り込んできたドンモモタロウによって艦内に隠れていたカシワモチワルドは地上に叩き落とされ、機界鬼ともども追い詰められてしまう。


そう、追い詰められたのだが…


余談


  • 劇中でモチーフ元となった戦隊と対峙した最初のヒトツ鬼である。
    • これにより、戦隊モデルのヒトツ鬼はオリジナルの戦隊から力を奪ったわけではないという説が決定的となった。

  • ゼンカイジャーを象徴する歯車(ギア)だらけの見た目になっている一方、顔の下半分はトジテンドの首領であるボッコワウス大王を彷彿とさせる。ただし顔下半分はキカイノイドではなく歯を食いしばった人間風で、自分の発明品をトジテンドに盗用・改悪され、挙句自分も先兵として侵略に駆り出されたハカイザー/五色田功の境遇も象徴している様子。
    • そもそもゼンカイジャーの主な対立軸として、五色田夫妻の発明した技術を元にした装備品や兵器等を保有した勢力同士が激突した事実があり、ハカイザーと功博士の存在はその極致に相当するとも言えよう。
    • またこの事実は、あからさまにゼンカイジャー達の装備=ギアの要素を組み込んだドンブラザーズの装備の出自元、ドン王家にも大きく関わってくる事になる。
    • 「親の残したアイテムをきっかけにヒーローとなり、世界初になるという夢を勝ち取った五色田介人」に対して、「親が危篤状態になったことで怪人となり、間違った形で夢を叶えた」のが機界鬼であろう。悲しみがきっかけとなる今回のケースばかりはモチーフの対比のシチュエーションがえげつない。


  • スキンは左腕のガトリング砲からギアトリンガー、鳥のシルエットからゼンリョクイーグルへの変形機能を持つゼンリョクゼンカイキャノン(よく見たら機界鬼の胴体はゼンリョクゼンカイオーの背面も連想させる)をモチーフとして複合したと考えられる。
    • またゼンリョクゼンカイキャノンは、当初ハカイザーの専用武装として功博士の頭脳から再現された経緯も有している。
    • 更に、スキン全体が威嚇する鳥型ロボに見える事から、ゼンカイジャー第48カイ!でボッコワウスを守ろうとしてゼンカイジャーの前に立ち塞がったゲゲのイメージも含まれていると考えられる。加えて彼は作中の黒幕に憑依されてしばしば意識をジャックされており、ヒトツ鬼とその宿主の関係に類似する。


  • 2023年4月発売の「宇宙船」Vol.180で情報が公開されるまでは大野の他にもマスターの介人が機界鬼になるのではないかと一部では推測されていた。結局は推測止まりであり、TV本編での因縁深い大野であった。

  • 公式の「ドンブラVSゼンカイ」のあらすじでは「再び現れた」と書かれている。

  • 機界鬼の登場で全センパイジャーの、そして全ドンブラザーズ以前の戦隊のヒトツ鬼が揃った。

  • 奇しくもドンブラザーズの前作と次作のスーパー戦隊モチーフのヒトツ鬼に同一人物が変貌する事となった。

  • 「完全読本」によると、VSシリーズに登場するヒトツ鬼と言うことでゼンカイジャーの要素を交えつつフル装備にした派手派手な姿になった。また、未来鬼でうっかり歯車を使ってしまったので、歯車を縦にして差別化を図っている。


  • pixivでは登場以前にオリジナル怪人として機界鬼が投稿されていた。

機界鬼 (予想)

  • また、機界鬼ングも投稿されている。

機界鬼ング



関連タグ

暴太郎戦隊ドンブラザーズ 暴太郎戦隊ドンブラザーズVSゼンカイジャー ヒトツ鬼

機界戦隊ゼンカイジャー


手裏剣鬼魔法鬼轟轟鬼王様鬼:本編で大野が変貌したヒトツ鬼。魔法鬼と轟轟鬼は後述のゼンカイジャーモチーフの戦隊のヒトツ鬼である。


またお前か まるで成長していない


戦隊VSシリーズ敵キャラリンク

ポットデウス/Dr.イオカル/カルビワルド機界鬼/カシワモチワルド

関連記事

親記事

暴太郎戦隊ドンブラザーズVSゼンカイジャー どらごんふぁいやーずとぎゃくしゅうのかしわもち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6520

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました