ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

前後のストーリー

概要

スーパー戦隊第46作目「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ドン1話。2022年3月6日放送。


内容

21年前、桃井陣型のカプセルが飛来するのを目の当たりにする。そのカプセルに入っていたのは一人の赤ん坊だった。


時は流れ現在。女子高生にして漫画家志望の鬼頭はるかはデビュー作で漫画賞を受賞する快挙を遂げていた。授賞式の帰り道にタクシー運転手が変身したベニツ鬼に襲われるも、戦士のような姿に変身した謎の男・ソノイに助けられる。その後、ひょんなことから謎のサングラスを入手し、人間になりすましていたアノーニを見破ってしまったためにアノーニに追われるも、アバタロウギアドンブラスターが現れてオニシスターに変身し、なんとか窮地を脱する。


その翌日に漫画に盗作疑惑をかけられ、漫画家の栄光も友人も彼氏も失う羽目になったはるかは、不思議な空間で陣と出会い、「『桃井タロウ』を探し忠誠を誓え。そうすれば失ったものを取り戻せる」という彼の言葉を元に「桃井タロウ」なる人物を捜し始める。


その頃、以前から様子がおかしかったはるかの同級生・吉岡が欲望に支配され、ヒトツ鬼になってしまう。その場に現れたソノイを「桃井タロウ」だと考え忠誠を誓うが、ソノイは吉岡ごとヒトツ鬼を消し去ってしまう。そこに雉野つよしが現れてキジブラザーに変身。更に天女を引き連れ神輿に乗りながらドンモモタロウが派手に登場する。ソノイは吉岡から宣戦布告されていた卓球の元メダリスト・春日を騎士竜鬼に変身されるが、ドンモモタロウにより撃破。すぐさま騎士竜鬼は騎士竜鬼ングと化して暴れ出すが、何者かが召喚したジュランティラノエンヤライドンとドン全開合体させてドンゼンカイオーで応戦、見事に撃破し春日を元に戻すことができた。ドンモモタロウとキジブラザーは詳しい素性を明かさぬままその場を去る。


はるかは気づいていない。本物の「桃井タロウ」に既に出会い、縁ができていることを……



主なドンブラ中毒

  • 殆ど説明も無く敵も味方も癖の強いキャラ全開の展開、主人公ではなくヒロインが主人公かのような目線でスタート全力で視聴者を置いてけぼりにするドンブラザーズのスタイルはこの時点で始まっていた。
    災難過ぎる女子高生
  • 上記イラストの通り、 「もう訳わかんねえ……」 と図らずしも視聴者の意見を代弁してくれるヒロイン鬼頭はるか


  • 釘ラケット片手に吉岡が繰り広げたテーブルテニヌ並みにテニヌな卓球の試合とそれに瞬時に順応していた高校チャンピオンの高木。……これに学んだのか、元金メダリストとの試合では即席の巨大ラケットと釘ピンポンのような鉄球を使用していた。

シソツ鬼


  • 謎の人物に桃井タロウを探せと言われた矢先に桃井タロウに出会い、つけていたネームプレートにデカデカと桃井タロウと書かれていたにもかかわらず、タロウが妖怪縁結びすぎて気づけなかった鬼頭はるか。


  • 鬼頭はるかが何の根拠も無いのに現れたソノイを『桃井タロウ』だと確信。しかもいきなりスライディングしながら忠誠を誓うが全く相手にされず蹴られる

  • ヒトツ鬼を消去するために現れておきながら、ドンモモタロウへの足止めでヒトツ鬼を実体化させていたダブルスタンダードなソノイ。……しかも「これ以上は我が剣が汚れる」と言って撤退。

  • はるかの前にようやく現れたドンモモタロウが桃井タロウなのに、自分の感性に合わなかった為即座に候補から外す


余談

あばたろうとおにときじとゼンカイときしりゅう

  • この話ではドンブラザーズのメンバーは全員揃わず、登場したのはタロウ、はるか、つよしの3名だった。そのため、今回のオープニングのみ、残るメンバーの猿原真一サルブラザー)と犬塚翼イヌブラザー)は、役名・演者のクレジット表記が伏せられている。
  • 記念すべき1話でありながら主役たるドンモモタロウの変身バンクは披露されず、それどころか変身バンクが描かれたのがキジブラザーのみという異例の初回となった。変身バンクの代わりに出たのは神輿に乗ったバイクに乗って天女を踊らせながら登場するドンモモタロウ恒例の登場である。

関連タグ

スーパー戦隊 暴太郎戦隊ドンブラザーズ 第1話

ベニツ鬼シソツ鬼騎士竜鬼騎士竜鬼ング:同話に登場する達。


キカイ世界はキキカイカイ!あばたろう我は王なり

関連記事

親記事

ドンブラ中毒 つっこみすらないどんぶらちゅうどく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123526

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました