ピクシブ百科事典

オカクラゲ

おかくらげ

オカクラゲとは『侍戦隊シンケンジャー』に登場するアヤカシの1体である。
目次[非表示]

「私の雨に当たった人間は幸せです。極上の嘆きを味わえるのですからねぇ。自分に絶望し、希望を失う。何て素晴らしい……」
CV:宇垣秀成

データ

【身長】一の目・200㎝→二の目・61.9m
【体重】一の目・90㎏→二の目・22.8t

概要

古いの様な、クラゲの様な姿を持つアヤカシ。『傘化け』伝承のルーツとされている。
上記の姿をより詳細に説明すると、先ず頭部はそのまま古びた茶色い和傘を被っており、首から下の青い胴体には胸部、両腕、下半身の全てにクラゲの笠の意匠が見受けられる。更に腰と両手首にはクラゲの触手が垂れているのが分かる。そして口元から腹部に掛けて、身体の中心に傘の足の装飾が有り、特に口の辺りはマスクの様に覆われている。更に額に縦に付いた大きな目も、傘化けらしい特徴と言える。
「逆六骨短槍(さかさろっこつたんそう)」と言う槍で武装しており、一人称は「私」。また、テンションが低く、慇懃無礼な敬語口調も特徴の1つである。

その能力は妖しい雲を生み出し、雨を降らせると言う一見単純な物だが其処は外道衆。この雨を浴びた者は何故か悲しい気持ちにさせたり、自分に嫌気が差したり、生きる希望を失ったりと、兎に角全てに悲観して嘆く事しか出来ない人間にされてしまうと言う絶望の雨である。更に頭部の傘を開く事で自在に空を舞う飛行能力を有しており、自身の降らせた雨を浴びて絶望に打ちひしがれる人間達を空から見下し、嘲笑うと言う陰険な性格をしている。

劇中ではこうした絶望の雨によって多くの人々を悲嘆と絶望に暮れさせる事で、三途の川の増水を図った。

劇中での活躍

三途の川を増水させるべく現世に侵攻すると、自身の能力の雨で多くに人々を絶望させ、悲嘆の底に叩き落としていると、シンケンジャーが現れたために交戦。兜ディスクで戦おうとするピンクからディスクを弾き飛ばすと、それをキャッチしたグリーンが自分のウッドスピアにセットして使おうとするも何も起こらない事を受け、その場は撤退。

その後、再び現世に現れると共にシンケンジャー達と再度相見えるや、今度は光弾を発射する槍「逆六骨短槍」と自慢の飛行能力を駆使し、上空からの一方的な攻撃でシンケンジャーを苦戦させる。だが、駆け付けたウッドスピアを棒替わりにして跳躍したグリーンのシンケンマル木の字斬りを受け敗北。

直後に二の目となって巨大化すると、相変わらずの飛行能力でシンケンオーを苦戦させるが、兜折神舵木折神虎折神がの3つの折神が侍合体したダイテンクウと激しい空中戦を繰り広げた末、前方不注意でビルに激突してしまう。其処へ追い打ちで放たれたダイテンクウからの光線で頭部の傘を破壊されたために自身が絶望を味わう事になってしまい、そのまま止めのダイテンクウ大激突を喰らい爆散した。

余談

モチーフはクラゲで、名前の由来は陸(おか)+クラゲ

現代の伝承に伝えられる『傘化け』と言う妖怪は言葉を発して人々を驚かす古い傘の化け物らしく、オカクラゲの頭部の傘がそのルーツになったと思われる。

声を演じた宇垣氏は2003年の『爆竜戦隊アバレンジャー』でヴォッファを演じて以来、スーパー戦隊シリーズへの出演が途絶えていたが今回で6年ぶりに復帰する形となった。
続く翌年の『天装戦隊ゴセイジャー』でも塊のミゾーグ役で出演する事となる。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ 唐傘お化け

カサバケ(カクレンジャー)カラカサ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した先輩。
妖怪カサバケ:『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場した後輩。

雨法師:『星獣戦隊ギンガマン』に登場する怪人で、こちらも危険な雨を降らせる能力を持つ。

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

コメント