ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

牛折神

うしおりがみ

牛折神とは、『侍戦隊シンケンジャー』に登場する最古にして最強の折神である。また本編第三十二幕のサブタイトルでもある。
目次 [非表示]

スペック編集

全高:45.9m

全幅:42.6m

全長:87.9m

重量:10000t

スピード:630km/h

出力:6000万馬力


概要編集

その名の通りをモチーフとした折神シンケンジャー発足より古代、モヂカラの発見とその研究の過程で偶発的に生まれた「最初の折神」であり、まさしく元祖と呼ぶに相応しい存在である。


外見としては牛車を引いた巨大な牛の姿をしており、全幅とスピードでは海老折神の43.4mと650km/h(※虎折神も同じスピード)、全長では恐竜折神の88.5mには及ばないものの、それ以外のスペックは他のどの折神をも上回っており、取り分け重量と出力はトップクラスである。

少なくとも5人が初期に持っていた折神とは比較にならない程の圧倒的なパワーを有しており、元祖折神の名は伊達ではない。

普段は等身大で、モヂカラによって巨大化させる他の折神とは違い、最初から巨大な姿をしており、牛車に付いた秘伝ディスクの車輪を回転させればさせる程パワーが増大し、その勢いであらゆる物を粉砕して突き進む。武器も牛らしく突進に使われる頭部の角だが、他にも背中に背負った猛牛砲があり、突進しながら砲撃を繰り出す。更にはシンケンオーを牛車上に乗せて走行可能で、極め付けとしてモウギュウダイオーへ侍変形も出来る。


作られた当初は上述の通り、後方のディスク型の車輪が回転すればする程、パワーを増して暴走してしまうため、その危険性から先人達によってモヂカラ発祥の地である「角笛の山」に長らく封印されていた。


だが、第三十二幕にて榊原家の孫のヒロによってその封印が解かれる形で現代に復活。ヒロのディスクが不完全だったせいか、復活した当初はそのまま暴走して大ナナシ連中シンケンオーダイカイオーを圧倒し、敵味方関係無く蹂躙した。だが、シンケンジャーと牛折神を狙う外道衆のハッポウズ達との争奪戦の末、ヒロの渾身のモヂカラを込めたディスクによって制御に成功。シンケンジャーの新たな仲間となった。

主にシンケンレッドが操縦しており第四十幕では、丈瑠が意識不明の重体に陥ったため、シンケンゴールドが操縦している。


余談編集

企画段階では生物モチーフではなく、トラック宝船と言った乗り物が検討され、ダイカイシンケンオーとイカテンクウバスターとダイゴヨウを上に乗せる構想が存在していた。背中の牛車はその名残である。


数百年もの昔に作られながら、技術力の問題から満足に運用出来ずに封印された点はインロウマルと一緒だが、激化する外道衆との戦いの中、現代の若者達の手によって牛折神は先のインロウマル共々実用化され、終盤の戦力としてその力を存分に発揮した。


偶然にも、初登場した2009年丑年である。

関連項目編集

侍戦隊シンケンジャー 折神

牛車 モーモー


海老折神:牛折神とは逆に歴史の1番浅い最新の折神。

インロウマル:こちらも生み出された当初は実用化の目途が立っていなかった。


爆竜スティラコサウルス6年前に登場した最強の巨大戦力繋がり。色が赤い点や車を牽引している点が似ている。


前後のストーリー


予告編集


放送日編集

2009年10月4日


あらすじ編集

志葉の殿様に会いに来たという一人の少年。その少年に何故か折神達がなついてしまう。不審に思った丈瑠達だが、少年の名前を聞いた彦馬はちょっと納得した様子。果たして彼の正体は? 一方、角笛の山を望む場所に立つアクマロ。配下のハッポウズに封印された禁断の力を探すように命じるのだが…。


関連タグ編集

ハッポウズ:この話に登場するアヤカシ。

関連記事

親記事

折神 おりがみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4105

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました