ピクシブ百科事典

座敷童子(鬼灯の冷徹)

ざしきわらし

『鬼灯の冷徹』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:佐藤聡美(一子)・小倉唯(二子)

漫画『鬼灯の冷徹』に登場する妖怪座敷童子の少女。
第66話(単行本九巻)より登場。

椿のような赤い花の髪飾りを付けて振り袖を纏った、おかっぱ頭の双子の女の童(めのわらわ)の妖怪。
鬼灯が現世視察で岩手県へ赴いた際に廃墟で出会い、住める場所が無くなったと言うため、そのまま鬼灯に連れられあの世へとやって来た。その後、色々あって閻魔御殿に住まうことになる。

円らな黒にびっしり揃った睫毛、おちょぼ口、と美少女要素を備えているが、如何せん雰囲気がまんま市松人形なため、焦点の合わない目と平坦な笑い声を桃太郎には恐れられている。
福を招く妖怪であるものの、その実シビアな考え方も持っているため、鬼灯からは気に入られている。お小遣いを貰ったりイベントに連れて行って貰ったり、その様子はさながら親戚のおじさんと姪っ子。座敷童子らも、鬼灯にかなり懐いている模様。
長く生きてはいるが、子供の妖怪なので、非常に悪戯好き。様々なものをいじったり、生き物を愛でたり、金魚草と語らったり、トトロと戯れたり、勝手に遊んだりしている。なお、遊び道具の中に時折拷問器具らしき物が含まれているのは、大体鬼灯の仕業だろう。
家屋に住まうことを旨とする妖怪だからなのか、ビルだろうが閻魔御殿だろうが、屋内を自在に駆け回る。柱に垂直に立つことも可能。
あははははははははははは

装飾が色々対になっているが、帯はお揃いと思われる。
後に鬼灯から、黒髪黒服の方を「一子(いちこ)」、白髪白服の方を「二子(にこ)」と名付けられる。
一子の方が先に発言する事が多く、喋る頻度も二子より高い。

ファンからは「(疑似)親子」と呼ばれることもあるが、実際、桃太郎は初対面時にそう捉えた。

関連イラスト

壱と弐
鬼灯様と仲良し可愛い



関連項目

鬼灯の冷徹
鬼灯(鬼灯の冷徹)

妖怪 座敷童子

ロリババア

pixivに投稿された作品 pixivで「座敷童子(鬼灯の冷徹)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77737

コメント