ピクシブ百科事典

夜雀(ぬら孫)

よすずめ

夜雀とは、『ぬらりひょんの孫』の登場人物。複数の組織に関与するキャラクターであるが、親記事は便宜上「四国八十八鬼夜行」とする。
目次[非表示]

プロフィール

性別
年齢不明
声優不明


概要

四国八十八鬼夜行の幹部として登場した妖怪。特徴的な瞳を持つ、ポニーテール黒髪少女。狐文字が書き綴られた布で顔を覆い隠しているが、公式データブックのおまけ漫画によると素顔は可愛いらしい。
非常に寡黙であり、感情を表に出さず、言葉もほとんど発しない。玉章の側近として彼の命令に忠実に従う。玉章や犬神と同じ高校に通っていた時期もある。その際はちゃんと女子用の制服を着用していた。
実は百物語組組長・山ン本五郎左衛門が送り込んだ工作員で、玉章の敗北を確認後、妖刀「魔王の小槌」を回収して戦場から離脱した。その後も、鏖地蔵を通じて京妖怪に関与したり、百物語組を裏切った圓潮と共に御門院家の陰陽師と手を組む等、様々な暗躍を続けている。本質的な正体や目的は今のところ不明。

アニメ版における夜雀

アニメ第1期では、ストーリー改変に伴い、夜雀の扱いが非常に悪くなっている。

  • 玉章の側近として傍らに付き従うシーンが全面的にカットされている。
  • 玉章や犬神と同じ高校に通っていた設定がなくなっている。
  • 女性として認識されていない。同僚の鉤針女が自らを「四国幹部の紅一点」と称した。
  • 雪女の反撃を受けて戦闘不能に陥った後の描写が一切なく、生死不明。
  • ↑により、「魔王の小槌」の回収 及び 戦場からの離脱が行われていない。
  • その他、夜雀が山ン本のスパイだったことを示す会話シーンが全てカットされている。
などが挙げられる。なお、アニメ第2期「千年魔京」は原作準拠に構成されているため、夜雀も原作通りに生存している。

武器・能力

神出鬼没な奇襲戦法を好む。の妖怪なのでもちろん飛行も可能で、機動力が高い。武器は薙刀

「 幻夜行 」
夜雀の"畏"。視覚を奪う毒性を持った羽根を撒き散らし、ターゲットを強制的に闇に陥れる。

関連イラスト

夜雀



関連タグ

ぬらりひょんの孫 四国八十八鬼夜行 百物語組 夜雀

キャラクター
玉章 犬神(ぬら孫) 圓潮 鏖地蔵

コメント