ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「今日は楽しい宴会だ。我等妖怪封印の扉が開き、力を取り戻したショキ!そして、憎きカクレンジャーも捕まえた!今日は骨の髄まで奴等をしゃぶってやろうじゃないか!」

CV/俳優粟津號


概要

忍者戦隊カクレンジャーに登場する現代の小豆洗い

講釈師曰く「アズキアライとは、夜中に川でショキショキ、小豆を洗う。その音を人が聞いて近づくと、川に落ちて死んでしまうんであります」との事だが、原典と違ってこちらのアズキアライは何故かゴミバケツに潜んでおり(ゴミバケツを井戸に見立てた物と思われる)、顔には「WELCOME TO JLHOUSE」と刻まれ、頭もその蓋の形状をしている。申し訳程度にそれらしさを強調してか、語尾に「ショキ!」を付けて喋るのも特徴。


人間態ほくろだらけの顔(ほくろを小豆に見立てた物だろうか)をした警察官の男性で、普段は飛鳥警察署を掌握してそこの警察署長に成り代わっている。因みに400年前に隠流の巻物四巻を盗んだ張本人


オボログルマの生息地周辺に住んでいる妖怪のボスであり、それ以外にも拠点としている妖怪酒場にはドロタボウシロウネリケウケゲンアミキリが来客する等、結構顔が広い。また、第34話では何と過去にスナカケババアと結婚していたという事実が判明した(ただし、スナカケババアがそう言っていただけなので事実かは不明)。


独自の妖怪ネットワークによる情報網や変化能力を持っている他、戦闘では「忍法幻ゴミ缶」「忍法・ゴミ缶バキューム」で相手をゴミバケツに吸い込む他、「忍法・ボイラーボイラー」で出現させた焚火でゴミバケツに閉じ込めた相手を丸焼きにする事も出来る。


活躍

前回の戦いで巨大獣将の巻物を奪われ、カクレンジャーに恨みを抱いたアズキアライは復讐の為に警察官に化け、その社会的地位を悪用して信号無視をしたセイカイを逮捕してしまう。


「信号を青で渡るのは青虫、信号を黄色で渡るのは黄金虫、じゃあ信号を赤で渡るのは?」


警察署内でセイカイを処刑しようとした際、サスケの制止を振り切って救出に現れた残りの3人も「忍法幻ゴミ缶」で捕まえると、4人をアジトへと連行。上記の台詞と共に宴会に興じる。


だが、そこへ化け身之術でに化けたサスケが潜入。オカマ風の妖怪に変装し、4人の元へ行って縄を解こうとするも、アズキアライに正体がバレてしまった為、サスケは変装を解いて啖呵を切る。

これに対してアズキアライは本物の警察署長(演:小竹林早雲)を人質として盾に取り、カクレンジャーの抵抗を封じようとするが、直後に署長の息子・茂が乱入して来たことでドロドロごと薙ぎ倒され、あっという間に形勢が逆転してしまう。


結局カクレンジャーとの正面対決となるも、ドロドロ達や他の妖怪はあっという間に撃退され、自身もレッドに対して刀で応戦するが、分け身之術で翻弄されてしまう。

止むを得ず外へ逃げたアズキアライだが、先回りしていたホワイトに行く手をふさがれ挟み撃ちに。

ならばと小鳥に変化して空から逃げようとするが、化け身之術で小型戦闘機に変化したレッドに追撃され撃ち落とされてしまい失敗。


「オーマイガーッ!?」


今度はどこからか呼び出した自転車に乗って逃げようとするが、ブルーが化け身之術で化けた大型トラックに激突されこれまた失敗。

進退窮まってアズキボールに化けるも、今度はブラックの隠流シュートとイエローの隠流ホームランの連携技を喰らって壁に叩きつけられ、ついに逃げ場を失ってしまった。


黒雲から妖怪エネルギーの落雷を浴びて巨大化すると、忍法ゴミ缶バキュームで5体の獣将を閉じ込め、止めの忍法ボイラーボイラーで焼き殺そうとするが5体は隠流奥義ビッグバンで脱出し、無敵将軍へと忍者合体。刀で斬り掛かるアズキアライだったが、殴り飛ばされた挙げ句、止めの火炎将軍剣を受けて爆散。


「こんなのに化けるなんて知らなかったもん…ショキ…」


と言い残しながら梵字の形になったまま昇天・消滅した。


第12話で妖怪レプリカの1体としてカッパやオボログルマ共々再登場(CVは全員新井一典に変わっている)。オリジナルの個体と異なり、右腕が機械化しており、バルカン銃になっている。

さらに頭のゴミ箱の蓋でカクレイザーを跳ね返すようになった。

巨大化戦ではバトルカークと戦闘し、カークチョップを喰らって倒された。


余談

妖怪モチーフは言わずもがな小豆洗い篠原氏によると、当初はゲストではなく常に道端のゴミ箱にいて、ちょっとしたことで顔を出して「ケケッ」と笑って逃げていく妖怪として描いていたとのこと。


ちなみに劇中で講釈師が説明していた内容の元ネタは大分県の伝承である。


演じた粟津氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となったが2000年3月に亡くなった為、今作が最初で最後の出演作品となった。他の東映特撮では特警ウインスペクター第2話の犯人や超光戦士シャンゼリオン第5話の怪人を演じたことがある。


関連タグ

忍者戦隊カクレンジャー 妖怪(カクレンジャー) 小豆洗い ゴミ箱


オスカー:恐らくデザイン上の元ネタ。


バラクラッシャー翌年怪人で、同じく第4話に登場&警察官の親子のエピソード繋がり。


ガーベモン:同じくゴミ箱がモチーフのデジモン

関連記事

親記事

妖怪(カクレンジャー) かくれんじゃーのようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 628

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました