ピクシブ百科事典

アズキアライ(カクレンジャー)

げんだいのあずきあらい

ここでは『忍者戦隊カクレンジャー』に登場する現代の小豆洗いについて説明する。
目次[非表示]

「今日は楽しい宴会だ。我ら妖怪は封印の扉が開き、力を取り戻したショキ!そして、憎きカクレンジャーも捕まえた!今日は骨の髄まで奴らをしゃぶってやろうじゃないか!」
CV/俳優:粟津號

概要

忍者戦隊カクレンジャーに登場する現代の小豆洗い
講釈師曰く「アズキアライとは、夜中に川でショキショキ、小豆を洗う。その音を人が聞いて近づくと、川に落ちて死んでしまうんであります」との事だが、原典と違ってこちらのアズキアライは何故かゴミバケツに潜んでおり、頭もその蓋の形状をしている。申し訳程度にそれらしさを強調してか、語尾に「ショキ!」を付けて喋るのも特徴。

人間態はほくろだらけの顔をした男性で、普段は飛鳥警察署を掌握してそこの警察署長に成り代わっている。因みに400年前に隠流の巻物四巻を盗んだ張本人。

オボログルマの生息地周辺に住んでいる妖怪達のボスであり、
それ以外にも拠点としている妖怪酒場にはドロタボウシロウネリケウケゲンアミキリが来客する等、結構顔が広い。また、第34話では何と過去にスナカケババアと結婚していたと言う事実が判明した。

変化能力を持っている他、戦闘では「忍法幻ゴミ缶」「忍法・ゴミ缶バキューム」で相手をゴミバケツに吸い込む他、「忍法・ボイラーボイラー」で出現させた焚火でゴミバケツに閉じ込めた相手を丸焼きにする事も出来る。

活躍

前回の戦いで巻物を奪われ、カクレンジャーに恨みを抱いたアズキアライは復讐の為に警察官に化け、その社会的地位を悪用してセイカイを逮捕してしまう。

警察署内でセイカイを処刑しようとした際、サスケの制止を振り切って救出に現れた残りの3人も「忍法幻ゴミ缶」で捕まえると、4人をアジトへと連行。上記の台詞と共に宴会に興じる。

だが、そこへ化け身之術で虫に化けたサスケが潜入。オカマ風の妖怪に変装し、4人の元へ行って縄を解こうとするも、アズキアライに正体がバレてしまった為、サスケは変装を解いて啖呵を切る。

これに対してアズキアライは本物の警察署長を人質として盾に取った為、カクレンジャーは手出し出来なくなってしまうが、そこへ所長の息子の茂が駆け付け、アズキアライ達を押し倒して父親を解放する。

人質が解放された所で5人はスーパー変化し、襲い来る妖怪達と交戦。レッドに対して刀で立ち向かうアズキアライだったが、分け身之術で翻弄されてしまう。

止むを得ず外へ逃げたアズキアライは鳥に化けて飛んで逃げようとするも、レッドが化け身之術で小型戦闘機となって追撃され、今度は自転車に乗って逃げようとするが、ブルーが化け身之術で化けた大型トラックに轢き倒されてしまう。
続いてアズキボールに化けるも、今度はブラックの隠流シュートとイエローの隠流ホームランの連携技を喰らって敗北。

直後、黒雲から妖怪エネルギーを浴びて巨大化すると、忍法ゴミ缶バキュームで5体の獣将を閉じ込め、止めの忍法ボイラーボイラーで焼き殺そうとするが5体は隠流奥義ビッグバンで脱出し、無敵将軍へと忍者合体。刀で斬り掛かるアズキアライだったが、止めの火炎将軍剣を受けて爆散。「こんなのに負けるなんて知らなかったもん…ショキ…」と言い残しながら梵字の形になったまま昇天・消滅した。

余談

演じた粟津氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となったが2000年3月に亡くなった為、今作が最初で最後の出演作品となった。

関連タグ

忍者戦隊カクレンジャー 妖怪(カクレンジャー) 小豆洗い ゴミ箱

ガーベモン:同じくゴミ箱がモチーフのデジモン

pixivに投稿された作品 pixivで「アズキアライ(カクレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント