ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ぶっ放せ。

作品解説

2009年12月19日に公開された日本のSF映画。主にアニメーション作品を制作してきた押井守監督にとって8年ぶりの実写長編作品である。

本作は『アヴァロン』と同一世界という設定ではあるが、OPの説明シーン以外はVRMMORPGである世界のみが描写され、登場人物は日本の役者が英語で演じている。

バトルスーツに身を包んだ黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子の3人の女優がメインビジュアルとして宣伝され、特に今まで押井と縁が無かった黒木が出演したことが話題となった。

今作では開発者たちが新たに生み出した「アヴァロン(f)」というフィールドを舞台にしており、装備等にミリタリー的な要素は残るが、SFファンタジー的な設定が加えられ、荒廃した大地でスナクジラなどのモンスターを狩るという某ゲームを思わせる世界となっている。

この作品以前に公開された短編である『真・女立喰師列伝』の1篇「ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子」と、『斬~KILL~』(少年やお姉さんが刀で戦う話が数話入ったオムニバス作品。本作の他、活動弁士山崎バニラの名調子で展開する痛快時代劇みたいなものや、若干ダークなものが数話が入っている)の第4話「ASSAULT GIRL2」は同一世界であるという設定であり、Blu-rayの特典としてDVDが同梱された。

押井は伊豆大島の三原山にある「裏砂漠」で撮りためられた素材を元にVFXやCG加工を加え、編集によって即興的に映画を作りだすという訓練もかねて制作したと語っている。

なお、以前は役者は素材の一つとして撮影していた押井だったが、役者と積極的にコミュニケーションを取るなど演出面に変化が見られてきた作品であるといわれている。

小説作品として『ASSAULT GIRLS AVALON(f)』(押井さん作。「あんた、背中が煤けてるぜ」がでるが女性の一人語り文体)が刊行されており、本編だけでは不明瞭だった登場人物のバックグラウンドや心情についてが語られた。

また同フィールドを舞台とした外伝漫画がCOMICリュウに掲載されたが、諸事情により未完となっている。

公開時、無料オンラインゲーム『クロスファイア』とタイアップも行われている。

2017年には北米でToonami20周年記念として、登場人物であるカーネルとイェーガーが出演する『Sand Whale and Me(スナクジラと私)』という短編が放映された。

本作に登場するカタツムリは、監督によれば漢字のメタファーとして(のグルグル)構造が似るために出したそうである。また、白川静(漢字の先生。甲骨文字の使われてた頃は聖獣としてのわんこが儀礼で使われていた説を展開している)の文章を引用している。なお諸作品においてリチャード・ブローティガン『バビロンを夢見て』や長谷川伸諸作品が若干のアレンジだけで引用されるのと違い、本作での白川『遊字論』は、文語体で登場する(白川先生に許可は得ているそうである)。

物語

オンラインゲーム「アヴァロン(f)」の舞台である熱核戦争後という設定の荒野”デザート22”では、特徴的なプレイスタイルの4人のソロプレイヤー達が、それぞれのスキルや装備による限界から、クラスAの最終目標である巨大モンスター”スナクジラ”のボス”マダラ”を倒せずにいた。

4人のソロプレイヤー達はゲームマスターからパーティーを組むことを勧められるのだが…

登場人物

  • グレイ

演:黒木メイサ
高価な光学迷彩戦闘機を所有する女「狙撃手」。戦闘機は出撃時間に比例してコストがかかりすぎるため神出鬼没のマダラに手を出せずにいた。
灰色という意味の名前の由来は、伝説のプレイヤーアッシュ(灰)にあやかったものである。
見た目は細めの女性だが、実は格闘スキルが非常に高い。

  • ルシファ
演:菊地凛子

ルシファ


攻撃魔法を操りカラスに変身することができる、「アヴァロン(f)」で新設されたクラスである黒衣の女「魔導師」。
普段はゲームマスターのアバターである球体を持って踊っており、基本的にカラスの鳴き声しか発さないために意思の疎通がうまく取れない。
必殺の爆炎魔法は詠唱に時間がかかるため、他のプレイヤーのサポートが必須であるのだが…

初出は「ASSAULT GIRL2」で、突如現れた菱形戦車の中に拘束衣姿で封印されており、戦車が破壊された後、白衣の剣士ミカエル(演:藤田陽子)と足技で戦った。

  • カーネル
演:佐伯日菜子
紅いバトルスーツに身を包み、アサルトライフルを持つ女「戦士」で、移動コストがかからないを駆る「竜騎兵」でもある。
名前の由来は大佐と、ケンタッキーフライドチキンの創始者カーネル・サンダースのダブルミーニング。

初出は「ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子」(『真・女立喰師~』の一遍)で、宇宙空母「龍驤Ⅱ」から巨大降下猟兵「天人(テムジン)」で降下しスナクジラと戦っていた。なお天人は『真・女立喰師~』では着陸するだけであるが、本作では中の人が外からぴっちりスーツのアーム部分で遠隔操作をしている。
なお小説版での天人は竜騎兵が馬共々クラスチェンジしたワイバーンとして描写される。

  • イェーガー
演:藤木義勝
この世界では場違いの野球帽をかぶりゲテモノ対戦車ライフルを持ってさすらう大男。
その自身の経験点を全振りした装備は”マダラ”を倒すだけのポテンシャルを持つが、移動と索敵に難があり手詰まりになっていた。

  • ゲームマスター
声:イアン・ムーア
「アヴァロン(f)」のプレイヤーに助言を与えるゲームマスター。
4人のソロプレイヤー達にパーティーを組むことの利点を語り、組むことを勧めてくるが…

  • スナクジラ
プレイヤー達が狩る半機械化された巨大モンスター。
砂漠を海のように泳ぐサンドワームのような存在で、頭部は蛇のようで複数の目をもつ。
その中でも特に"マダラ"と呼ばれる個体は強力で、ソロプレイでは歯が立たない。

初出は「ケンタッキーの日菜子」。元々は若手CGスタッフが個人で作っていた作品で、それを見た押井が採用したものである。

名前はかつて押井が制作したSFCRPGサンサーラ・ナーガ2』に登場した、鯨のモンスターからとられている。

関連タグ

映画 
押井守 アヴァロン(映画) 女立喰師列伝
VRMMORPG Wizardry モンスターハンター 
二宮金次郎

異世界転移ものであるミリタリー漫画はこちら →放課後アサルト×ガールズ

関連記事

親記事

アヴァロン(映画) あゔぁろん

pixivに投稿された作品 pixivで「アサルトガールズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2162

コメント