ピクシブ百科事典

赤松広隆

あかまつひろたか

赤松広隆とは、日本の政治家。民主党所属。

1948年生。名古屋市出身で、社会党の議員だった赤松勇の息子で、自身も18歳で社会党員となる。
早稲田大学卒業後、日本通運に勤務し1979年から愛知県議。1990年に県議を辞職して社会党から出馬し国政転身、1993年にはわずか1期めで書記長に就任した。
1996年に社民党を離党し民主党入り。民主党政権下では鳩山由紀夫内閣で農林水産大臣として初入閣した。

しかし2010年春の口蹄疫発生において、彼は騒動の渦中に被害地よりもキューバ訪問を優先。これはかねてから彼が支持していたキューバ革命の指導者フィデル・カストロ(カストロ議長)の弟、ラウル・カストロとの対談予定があったためと言われている。

帰国後やっと宮崎県を訪問したものの「何しにきた」と地元県議に怒られ、地元選出の自民党議員に「選挙目当てだろう」などと暴言を吐く、エース級種牛の処分に関して「だから早く殺せって言ってるのに」と笑いながら発言するなどの放言を繰り返すなどして強く反発を買った。
同年6月の鳩山由紀夫首相辞任にともない大臣をおろされた。


関連タグ

赤松口蹄疫
詳細

pixivに投稿された作品 pixivで「赤松広隆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1787

コメント