ピクシブ百科事典

小西ひろゆき

こにしひろゆき

小西ひろゆきは日本の国会議員で、民進党所属の参議院議員。数々の異名を持つお騒がせ議員。
目次[非表示]

概要

民進党(旧民主党)所属の参議院議員。
「小西ひろゆき」という名はポスターツイッターでの名義で、本名は「小西洋之」。
1972年1月、徳島県に生まれるが、生まれて間も無く千葉県に移住。姉と二人の妹がいる。
10歳の頃から病気で倒れた父の介護を家族で行い、それが縁で徳島大医学部に入学も「一番好きな文学の世界を目指す」とし、東京大学教育学部教養学科に再入学後、郵政省→コロンビア大学派遣→総務省経済産業省→総務省と渡り歩いた経歴を持つ。
2010年の第22回参議院選挙で千葉選挙区から出馬し当選。参議院は6年任期のため、2013年夏の選挙では非改選組。2016年の参議院選挙でも当選し続投。

これだけ見ると、若いときから苦労をし、総務省などで官僚としてキャリアを重ね、さらに国会議員に当選するという華々しい経歴を持つ優秀な人物のように思われるが、あるときを境に彼はネット界の有名人となる。

小西伝説

国会のクイズ王

2013年3月29日の参議院の予算委員会。委員会では日本国憲法の改正について議論がなされていた。
その場で小西は安倍晋三内閣総理大臣に対して「包括的な人権規定といわれる憲法の条文は何条ですか?」などどうでもいいような質問をドヤ顔で繰り返し、安倍総理から「クイズのような質問は生産的ではありません。聞かなくても調べればいいじゃないですか。」と一蹴される。しかし本人は全く聞く耳を持っていないのか、「知らないとは内閣失格だ」などと挑発し、総理を完全に呆れさせるという一幕があった。
総理を論破したと思い込み、気を良くした彼はその日のブログで堂々と自分の成果を主張。だが、ブログには「真面目にやれ」「小学生みたいなことするな」「国民を馬鹿にするな」など批判コメントが殺到、瞬く間に炎上した。炎上騒動はツイッターにも拡大し、一躍小西は「国会で『憲法クイズ』をやる議員」として名が広まり、いつしか『国会のクイズ王』と称されるようになった。
なお、この騒動以降「クイズ小西」という渾名も生まれた。

小西の質問がここまで炎上したのは、質問そのもののレベルの低さに加え、質問の事前通告を怠ったこと、さらに質問で3人の憲法学者の名前を挙げた際、そのうちの1人の名前を間違えていたことも原因と思われる。

だが、これは彼の伝説の始まりに過ぎなかった…。

ダイブ小西

それは2015年9月17日の安全保障関連法案に関する参議院特別委員会でのこと。他の野党議員とともに、委員長席のマイクと議事次第を奪うという実力行使による法案の採決の阻止を試みる。この際に窓枠に足をかけ、74歳の鴻池祥肇委員長の後ろから全体重をかけて飛び掛かるというあまりに危険な手段を取った。
事前に野党議員のこうした行為を予期していた自民党議員がスクラムを組んで委員長をガードしていたこともあっての行動ではあろうが、同日昼に「皆ギリギリ言論の府を守っている」とツイート。舌の根も乾かぬうちの行動に、批判的あるいは嘲笑的な反応が集まった。
この危険な技「小西ダイブ」は、鴻池委員長をガードしていた「ヒゲの隊長」こと佐藤正久議員の「集団的自衛権ガード」によってなんとか阻止された。
一歩間違えれば、死人が出る可能性のあった危険行為を平気でやった小西には当然批判が集まるとともに、隊長に撃沈された様は「あの小西がまたやらかした」としてすぐにネット上でネタ扱いされ、新たに「ダイブ小西」という渾名が与えられた。

隊長にガードされたことについて後に「故意による技巧的殴打」であると一方的に主張したが、全く相手にされていない。

ツイッター芸人

国会議員の多くは公式のツイッターアカウントを所持し、自身の活動内容などを報告している。
多分に漏れず、小西も自身の公式アカウントを所持しているが、湧いて出てくる問題発言やその内容のネタっぷりから「ツイッター芸人」と呼ばれるほか、自ら炎上騒動を繰り返してばかりいるので「自民党の影の工作員」とも揶揄される。
彼のツイッターでの迷言は数多く存在するが、この記事では代表的なものを記述する。

  • 「会食の後、終電で戻りました。日本酒を飲み倒せる身体に生んでくれた両親に感謝しつつ(^^;自転車漕いで帰ります♪」
元ツイートが長かったので要約。
一般認識は薄いが、飲酒をした状態で自転車に乗ることは飲酒運転に当たり、刑事罰の対象となる。このことを指摘された際、自転車を「漕いで」帰ったのではなく「押して」帰ったとツイートしたと釈明したが、魚拓が残っており、嘘をついていたことがあっさりバレる。

  • 「自衛隊は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になる。」
明らかに自衛隊を中傷した問題発言。妙にカルトチックな内容も特徴。
当然ツイートは炎上し、産経新聞で報じられる事態となった。さすがにまずいと思ったのか当該ツイートは削除されたが、明確な謝罪は一切ない。
元自衛官であった先述の佐藤議員は、「いくら法案反対でも非常識すぎる」と怒りを露わにした。

  • 「安倍総理は終始きょろきょろと視線が泳ぎ、私と視線が合うと目をそらす。小さい人間と改めて実感した。」
どう考えてもあんたの方が小さい人間だろ。
相手にされていないだけということが分かっていないようである。内容もやけにストーカーじみている。
この発言以外にも小西はやたらと安倍総理に突っかかるような発言をしている。もしかしたら強い対抗意識があるのかもしれないが、正直総理の足元にも及んでいない。

憲法クイズでのドヤ顔に加え、このような田舎のヤンキーを彷彿とさせる言動から「小物界の大物」という不名誉な称号が与えられている。

  • 「品格のない顔。よく似た二人。」
ツーショット写真で笑顔を見せる安倍総理と米国ドナルド・トランプ大統領に対しての発言。
現職の国会議員である小西が、2カ国の首脳を貶める発言をしたことが問題視され、あっと言う間に炎上。議員としての自覚が問われたほか、「お前に品格がないなんて言われたくない」と総ツッコミを喰らった。

その上、小西がトランプ大統領のツイートを引用ツイートした上で上述の発言をしたことも、批判される一因となった。

  • 「うどん屋で天ぷらを床に落とす。レジの定員に当然のようにこちらの負担にされ脱力。」
実際のツイートはもう少し長め。
うどん屋でかぼちゃ天ぷらを床に落っことしてしまい、トレイの隅に置いて落としたアピールをしたものの、台無しになった天ぷらの料金を弁償してもらえず、結局自己負担になったことを愚痴った内容。
自分に落ち度があるのに、公式アカウントでいちいち愚痴をいう器の小ささが批判及び嘲笑の的になった。しかもこのツイートをしたのが、先述の「品格がない」発言のすぐ後だったこともあり、天ぷら騒動はさらに拡大。政治にあまり関心のないユーザーからもからかわれ、「天ぷら小西」なる新たな渾名がつけられた。また、「天ぷらが可哀想」など、小西に無駄にされた天ぷらに同情する意見もあった。

ちなみに、ツイート文の「定員」はそのまま書かれている。おそらく「店員」と打ちたかったのかもしれないが、せめて誤字脱字くらいは確認するべきである。

ブロック王小西

様々な問題発言を連発し、完全にツイッターユーザーから白い目で見られている小西だが、極め付きは自分の気に入らないユーザーを片っ端からブロックしまくっていることである。
自分への中傷はともかく、正当な批判をしてきたユーザーも速攻でブロックしてしまうのである。無論、国会議員が日本国民の声を無視するのは言語道断であり、ツイッターのブロック行為も同じことであるのだが、彼はそれを地で行っているのだから情けないものだ。

とにかく自分に都合の悪いことを言われるとすぐにブロックするため、例の天ぷら騒動以降、面白がって彼のアカウントにクソリプを送るユーザーが急増。さらに悪ふざけでクソリプ合戦は拡大し、やがてどれだけ早く小西にブロックされるかを競う「小西ひろゆきチャレンジ」なるものが誕生。完全にネットのオモチャ扱いされることとなった。

この「小西ひろゆきチャレンジ」に対し、「いくら何でも悪ふざけが過ぎる」という意見もあるが、元はと言えば、小西自身のあまりにも国会議員としての自覚が足りないツイートの数々が原因。彼が議員として品格のある行動を取っていれば、ここまでからかわれることもなかったはずであり、ぶっちゃけ完全に自業自得としか言えない。
だが、相変わらず問題発言を繰り返し、ユーザーの意見を無視し続けているのを見る限り、本人に反省の意思は一切ないようだ。

関連タグ

政治家 民進党 民主党(日本) バカッター

菅直人:同じく民進党所属の議員、元首相。自民党の森雅子議員に『国会の居眠り王』と渾名された。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「小西ひろゆき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107

コメント