ピクシブ百科事典

枝野幸男

えだのゆきお

日本の政治家。民進党所属。栃木県宇都宮市出身。
目次[非表示]

概要

民主党時代の鳩山内閣・内閣で行政刷新担当大臣(在任平成22年2月~同年6月)、民主党幹事長、民進党幹事長を歴任。現在は民進党所属。

2011年1月、民主党時代に菅再改造内閣で内閣官房長官(沖縄・北方対策担当相兼任)に就任。同年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)とそれに端を発した福島第一原子力発電所事故が発生すると記者会見等に対応した。
この事故にともなう放射能漏れの恐れについては、「ただちに影響は無い」と答弁。一種の流行語となり、現在も彼の話題になると「ただちに~無い」と改変されて使われるほど、枝野を象徴する台詞となっている。
しかしながら、現地に赴く際は防護服、防護マスクで完全装備していた。
現地で対応に当たっていた作業員、自衛官消防員たちはごく軽装であったため、枝野の重装甲っぷりと対照となって笑いを誘い、「フルアーマー枝野」と揶揄された。

民進党内では左派ではなく保守の系統に属する議員であるが、党内の「共産党アレルギー」には批判的で、当時の岡田克也代表とともに、第24回参議院議員通常選挙での日本共産党を含めた選挙協力「野党共闘」の立役者の一人となった。

表現規制問題への関わり

意外と知られていないようだが、表現規制問題について最も初期(1990年代)から取り組んできた議員の一人。オタク文化・表現規制問題についての理解の乏しい議員がほとんどである民主党の中で長年孤軍奮闘しており、規制の流れを押しとどめるのに大きな役割を果たしている。

例えば、2009年6月26日の衆議院法務委員会において「宮沢りえのベストセラーヌード写真集「サンタフェ」も児童ポルノにあたるのか」といった質問を行い、自民党の葉梨康弘議員(当時)から「18歳未満の児童ポルノについては1年間の猶予期間内で廃棄するのは当然。大手の出版社であろうが有名な女優であろうが関係ない話であると思います」との答弁を引き出した。結果的に社民党の保坂展人議員(当時)らとともに『児童ポルノ法』を阻止した、ということを忘れてはいけないだろう。

当該の質問の動画はこちら(外部)

なお、枝野自身はオタクではなく、表現規制反対活動家の活動に触れてから、この問題を重視するようになったという。

関連タグ

事業仕分け/仕分け 枝野寝ろ
表現の自由 非実在青少年規制 青少年健全育成条令改悪反対 架空創作表現規制反対 【規制反対】
民主党民主党(日本) 民進党民進党(日本)

pixivに投稿された作品 pixivで「枝野幸男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48922

コメント