ピクシブ百科事典

小沢総理

おざわそうり

日本政治の空想過程の一つ

日本政治の空想過程の一つで、日本のXデーの一つ

小沢は自民党時代では田中角栄の後継者とされ、地上最年少で与党の幹事長となったことから当時は
一番総理に近い男と呼ばれていた。

しかし小沢は自民政治を妥当すべく、細川護熙ら共産党を除く野党を締め上げ統合し日本新党の幹事長となる。

しかし細川政権は短命に終わり再び自民政治となってしまった。小沢は野党として新進党新生党自由党などをたてるも次々と党を破壊した・・。

現在は自由党として民主党(日本)と合流したものが『小沢軍団系議員』の主力である。

小沢一郎議員自身は『総理大臣』の職は嫌ではないらしいのだが、結局、なっていたらどうなったとか。なるべきじゃないとか。いろいろ噂話が飛び交うことが多い。

関連

Xデー

コメント