ピクシブ百科事典

軍国主義

ぐんこくしゅぎ

軍国主義は軍事力を中心とした国造りを目指す思想。
目次[非表示]

概要

軍事力を中心にした国づくりを目指す思想。
英語ではmilitarism、ドイツ語ではMilitarismusと呼ばれる。
ちなみに軍およびその代表が国の統治を行う「軍事政権」とは別の概念である。
軍事政権が率いていて事実上重なる場合もあるが、共和制国家でも君主制国家でも社会主義政権でも存在する。


通論

この言葉は19世紀にナポレオン3世フランス統治に対し、社会主義者や共和主義者が批判する際に「戦争を外交の主たる手段と考え、軍事力を最優先する考え方ないしイデオロギー」( ブリタニカ国際大百科事典 )として用いたといわれ、それ以降、平和を脅かした国家という、ファシズム等と同じようなレッテル貼りとして用いられた経緯がある。
また、軍事費や軍事費の割合等の「目に見える数値」では見えにくい、割と漠然とした体制かもしれない。

歴史上の国家

この種の「軍事力を国家戦略上優先し、その増強のため政治体制財政経済体制・社会構造などを集中的に投入」しひどい場合には国家全体がまるで兵営のようになったような国家体制および思想は、古代より見られ、古代ギリシャスパルタやフランス中世カロリング朝などがその実例ではないかいわれる。
戦争が発生する状況においては多かれ少なかれソースが目の前の戦いに優先されるため、たいていの国家においてこの傾向が強まるとされる。

現代においてはすべてにおいて軍事を優先し、朝鮮人民軍社会主義建設の主力とみなす政治思想である朝鮮民主主義人民共和国の先軍政治などがこの思想に類似するものではないかと思われる。

大日本帝国の場合

大日本帝国においては明治時代以降富国強兵が唱えられ、の不安定により軍事力を行使することになり、単年度国家予算を遥かに超える戦費の大戦争を経て対外侵略に出るしかなくなった。

そして昭和12年以降は国家予算の大半を軍事費に費やすようになり、国外からの圧力もありアジアの征服を標榜しアジア・太平洋戦争を起こす羽目に陥ったのである。
なお第二次世界大戦昭和19年の軍事費の国家予算に占める比率は脅威の85.3%である。これだけの支出に圧迫されての国民生活の耐乏は想像に難くない。戦前の日本は、実に軍閥に滅ぼされたのであった。

関連項目

思想 政治 軍事

外部リンク

wikipedia:同項目

関連記事

親記事

思想 しそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「軍国主義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10280

コメント