ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

中川一郎(なかがわいちろう)は、日本政治家。衆議院議員だった故中川昭一氏の父親

概要

1925年3月9日北海道農家に生まれる。
九州帝国大学(現在の九州大学)農学部卒業後、北海道庁に就職。一郎は本当は実家の農家を継ぎたかったらしいが、父親の命令政治家を目指したという。
1963年衆議院議員となる。農林大臣・農林水産大臣(福田赳夫内閣)、科学技術庁長官(鈴木善幸内閣)を歴任。「北海のヒグマ」と呼ばれ、タカ派保守派議員として知られていた。
1983年1月9日死去。享年57歳。一郎の死後は息子の昭一が地盤を継いだ。

関連タグ

中川昭一

関連記事

親記事

中川昭一 なかがわしょういち

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました