ピクシブ百科事典

河野洋平

こうのようへい

日本の政治家。親中派であり韓国の話を鵜呑みにして、従軍慰安婦は日本軍が強制連行したと公式に発表した戦後最悪の売国奴にして、自民党を腐らせた元凶。
目次[非表示]

概要

1937年〈昭和12年〉1月15日、神奈川県平塚市に生まれる。父は副総理格国務大臣、農林水産大臣等を務めた党人派の実力者だった元衆議院議員の河野一郎。出身大学は早稲田大学政治経済学部経済学科(同級生に福田康夫)。
衆議院議員(14期)、衆議院議長(第71・72代)、副総理(村山内閣・村山改造内閣)、外務大臣(第122・127・128・129・130代)、内閣官房長官(第55代)、科学技術庁長官(第39代)、自由民主党総裁(第16代)、新自由クラブ代表(第1・3代)を歴任。

宮澤喜一政権の官房長官時代に、河野談話を発表。
これは河野の個人的見解ではなく、政権内の合意を取り付けて発表された宮沢政権の公式見解であり、第二次安倍政権でも有効性が再確認されている。

ちなみに、自民党総裁でありながら総理大臣になることができなかったという残念な経歴を持つ最初の人物でもある(2人目は民主党が与党だったときの谷垣禎一総裁)。河野が総裁に就任した際、非自民連立政権の細川護熙が首相だった。翌年、政権は奪還したが日本社会党村山富市が首相に就任した。

河野洋平が反日たる理由

媚中派。自虐史観の持ち主。
外務大臣時代に行った、独裁国家・北朝鮮に対する米50万トンの支援や、存在が不確かな支那における旧日本軍の遺棄化学兵器の処理に関する取り決めを支那政府と交わす等、日本の国益を害する言動を数多く行う。
自民党総裁在任中、社会党と連立を組み、歴史的な反日内閣と言われる村山内閣を発足させる
★歴史的な反日談話・河野談話を発表
★支那政府の要請を受けて、李登輝の訪日を止めさせる
★日本国際貿易促進協会会長
日中友好議員連盟所属
★北京オリンピックを支援する議員の会会長
日韓議員連盟顧問
国会議員でもっとも支那と太いパイプを持つ史上最悪の売国奴
政界引退後もTBS「サンデーモーニング」に常連で出演しており、十分な監視が必要。

関連タグ

田中角栄 田中真紀子 河野太郎 自民党

pixivに投稿された作品 pixivで「河野洋平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64

コメント